mooの雑記 FC2ブログ
バイクとか車とか アニメとかコミックとか 日記とか 妄想記とか コンピュータ関係とか 等について。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SLKとキャンプ
SLKでキャンプに行くなんて言うと、
いや、待て。もっとキャンプにふさわしい車が
あるだろう?と言われるかもしれません。
それはある意味ごもっとも。
それでも、SLKでキャンプに行くのには、
わけがあるのです。

それは、キャンプが目的ではないから。
SLKは運転していて実に楽しい車です。
その上、屋根を開けて風を感じ、
周囲の視線を浴びながら走る楽しさは、
なかなか他の車では味わえません。
ちなみに、屋根を開けていて快適なのは、
80km/hまでだと思っています。
それ以上のスピードとなると、屋根を閉めて
走りたくなります。
つまり、楽しいのは一般道。

さて、そんな車でドライブを楽しみたいとなると、
なかなか遠出は厳しいです。
一日で移動できる距離が限られてしまいます。
お金が有れば、泊まりがけで、
ホテルに何泊もすればいいでしょう。
でも、そうじゃない。
ホテルにつぎ込むお金が有るのなら、
ガソリン代に回したい。
何とか宿泊費用を抑えられないだろうか?

これが十分な広さの有る車なら、
車中泊という手が有るでしょう。
でも、ほとんどリクライニングしないSLKでは
それも厳しいです。
できなくは有りませんが、熟睡できません。
翌日寝不足になってしまうので、安全上の観点からは
避けたい所です。

それならば。
と考えてたどり着いたのがキャンプです。
でも、キャンプって、1BOXとか、SUVみたいな
車で行くところでしょ?と私は思っていたんです。
しかも、家族連れで。
SLKは一応二人乗りですから、
助手席に誰かを載せることも可能ですが、
しかしそんなドライブの旅に
お供してくれる人がいるかどうか……。

ところが、ネットで探してみると、
広い世の中、オープンカーで、一人でキャンプを
楽しむ人もいるんですね。
それならば私も、と思った次第です。

これで。これで、SLKでオープンを楽しみながら、
ドライブできる範囲が広がるわけです。
とは言っても、キャンプ初心者の私。
いきなりで、何かあっては困るので、
とりあえず練習にとキャンプしてみました。

場所は、岐阜県の粕川オートキャンプ場です。
無料で利用できる上に、車の乗り入れができる所です。
家からも日帰りできる距離なので、
いざとなれば家に帰ることもできます。



時期は5月の中頃。
まだキャンプのシーズンには早いかな?と
思ったものの、結構な人がいました。
あまり場所があいておらず、一番奥まで。
トイレまでの距離が結構あることと、
川の水の音がうるさいところが難点でしょうか。

しかし、SLKのトランクにキャンプ道具を積み込んでみると、
改めてSLKの荷物の乗らなさ加減に驚きました。
って、まぁ、自転車やバイクで
キャンプする人がいるくらいですから、
私の荷物が多すぎるだけでしょうね。
もっと厳選して減らせればいいのですが……。



結構な人がいたとは言え、
さすがにオープンカーできているのは私くらいでした。
SUVや1BOXが多かったです。
他にはキャンピングカーやコンパクトカーなど。
ライダーさんの他、原付って人もいました。



このキャンプ場の良い所はチェックインが不要な事。
だから、遅い時間に到着しても、
場所さえあいていればキャンプできる。
むしろ、日没後の方が良い場合もあるかもしれません。
うまくすれば、デイキャンプを楽しんだ人が
引き上げた後の場所に収まることができるかもしれません。



キャンプといえば焚き火なのか?ってくらい、
あちこちで火が炊かれていました。
川沿いに下流まで続く光はみんなキャンプしている人たち。
家族連れなどのグループが多かったものの、
私の様に一人でキャンプしている人も三人ほど見かけました。
ソロキャンプとか、ボッチキャンプとか、
最近流行ってるんですかね。



朝。日の出とともに。
朝の空気はまだ冷たいとは言え、
日が登ると太陽の熱でテントが熱せられて、
暑くて目が覚めてしまいます。
その時間、5時過ぎ。
こんな早朝にもかかわらず、太陽の光を浴びて
驚くほどにすっきりと目覚めて……。
こんな経験は三十年生きてきて初めてです。
キャンプっていうのは、夕方くらい、
暗くなる前にテントを設営して、
日が沈んだら寝る。そして日の出と共に活動する。
そう言う原始的な生活が楽しめそうです。

夜、空いている道を、屋根を開けて
星空を楽しみながら走るのも良いのですが。
まだ誰も起きていないような時間に、
空いている時間を走るのも格別の楽しさがありました。

さて、これでSLKでどこにでも走っていけそうです。
さて、当面の目標は、近畿地方の全ての道の駅の制覇です。
もちろん、屋根を開けて、一般道で。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。