mooの雑記 FC2ブログ
バイクとか車とか アニメとかコミックとか 日記とか 妄想記とか コンピュータ関係とか 等について。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
車のバッテリー充電
私は、基本的には休日しか車に乗らないので、
どうしてもバッテリーが弱りやすい傾向にあると思うのです。
休日とは言っても、乗らない日もありますし、
車が2台あれば、さらに乗らない期間が長くなりがちです。

私の場合、SLKは日帰りできる程度の距離で乗ることが多く、
距離は伸びにくいけれど乗る頻度は比較的多い傾向です。
V60の方は荷物や人を載せる必要のあるときや、
車中泊をするときに引っ張り出す程度なので、
乗る頻度は少ないものの、走行距離は比較的伸びます。
ただ、最近SLKでも車中泊をするようになってきているので、
V60を乗る頻度がますます下がっているのですが……。

さて、そうなるといよいよバッテリーのへたりが
心配になるわけです。
何せ、先日1ヶ月ぶりくらいにV60のエンジンをかけて
4時間ほど街中を走ったにも関わらず、
バッテリーの電圧低下の警告メッセージが
表示されてしまったくらいですから。

バッテリーの劣化についての個人的な見解ですが、
(正しいかどうかはわかりませんが)
バッテリーの劣化の大きな要因として、
電極のサルフェーションと脱落があるようです。
バッテリーは放電すると電極に硫酸鉛の決勝の析出が起こるようです。
ただ、析出した直後はやわらかいため、すぐに充電が行われれば、
硫酸鉛ははがれるようです。
しかし、析出したまま放置されると徐々に硬くなり、
電極に固着し、電極の有効面積が減ってしまい、
バッテリーの劣化につながると考えられているようです。
これがいわゆるサルフューションといわれる現象です。
だから、毎日車に乗っていれば、析出されたものが固着する前に
剥がれるのではないかと考えています。
バッテリーの交換時期が2,3年毎と言われているにも関わらず、
毎日乗っている車のバッテリーがかなり長い期間使えるのは、
こういった理由からではないかと考えています。
逆に、車は乗らなくても少しずつ放電していくので、
あまり乗らない車は充電されずに徐々にサルフェーションが進行し、
だいたい、2,3年くらいで交換する破目になると考えています。

ちなみに、私のV60は現在4年目です。
買ったころは頻繁に乗り回していましたが、
SLKを買ってから乗る頻度が減って、
バッテリーの劣化スピードが早まったのかな?と
思っています。

さて、本題はここからです。
世の中にはバッテリーのサルフェーションを解消してくれる
バッテリー充電器というものが出回っています。
その充電器を使って本当にサルフェーションが
解消されたのかどうか、私には確認する術がありません。
しかし、本当に解消してくれるのなら、
私のようなたまにしか乗らない車のバッテリーの
延命には有効かもしれません。
毎日乗っている車のバッテリーがだめになった場合、
本当に寿命だから交換しか手立てがないかもしれません。
しかし、サルフェーションが進んで使えなくなったバッテリーなら、
まだこの充電器で回復の余地があるのではと思うのです。

そこで、試しに充電器を買ってみました。
1万円を超える代物です。
ちなみに、V60のバッテリーをディーラーで購入すれば、
確か2万円以上。
きっと、SLKも同じくらいでしょう。
そこに工賃が上乗せされます。
この充電器が本当にサルフェーションを解消してくれて、
2,3年で交換するはずのバッテリーがもっと長く使えるのなら、
決して高くはないと思います。



早速、V60を充電してみましたが、特段変化は見られませんでした。
まぁ、もともと問題があったわけではないので。
とりあえず、電圧低下のエラーは出なくなりました。
充電されたのだから当然ですね。
肝心のサルフェーション解消についてはわかりません。

SLKも充電してみました。
こちらは、最近アイドリングストップの頻度が
下がってきていたのですが、
充電をしたらかつてのようにアイドリングストップを
するようになりました。
やっぱりバッテリーの電圧が下がると
アイドリングストップは控えるんですね。

あとは、私のようなたまにしか乗らない乗り方で、
バッテリーがどれだけ持つかですね。

ちなみに、もうひとつのバッテリーの劣化要因の
電極の脱落ですが、
これは使用しているうちに電極が少しずつ
剥がれ落ちていくような現象のようです。
こちらは、どうしたって元には戻らないので、
脱落が限界まで進んだバッテリーは寿命ですね。

結論。
たまにしか車に乗らない人には、
サルフェーションを解消してくれる充電器は
試してみる価値があるかも。
毎日乗る人は、メリットがあまりないかも。
スポンサーサイト
SLKで車中泊
SLKで2度目の車中泊をしてきました。
やっぱりこの車は車中泊には適さないですね。
そんなのは前回試したときに十分に
分かっていたのですが、
それでも車中泊は止められないのです。

単純に宿泊費用を浮かしたいなんていうのも
あるんですけどね。
それ以上に大きいのは、やっぱり時間に縛られない自由です。
宿を予約してしまったら何としてもそこまでは
たどり着かなくてはならなくなってしまうし、
チェックイン時間に遅れそうになったら連絡も必要になる。
そういうのは、自己中な私には耐えられません。
何時に到着するかなんて成り行き次第。
他に面白そうな事があれば、そっちにフラフラ、
こっちにふらふら。
予定は変わるもの。気分も変わるもの。
計画は、行動の目安。
大事なのはその時の気分と楽しいこと。
眠くなったら寝たいし、疲れているのを無理して走っても
面白くないし、そもそも危ない。
車中泊の醍醐味は、そんなフリーダムな旅ができることだと
思っています。

SLKで車中泊をして改めてV60の快適さを実感したわけです。
まぁ、やる前から分かっていたことですけどね。
やっぱり横になって、足を伸ばして眠れるのは良いですね。

寝ようと思うと本当にSLKの車内の狭さを痛感します。
ものを置く場所がないし、身動きをとるのも窮屈だしで……。
暑い夏場なら問題はないのですが、冬場は当然寒いので、
寝袋などを使いたいところなのですが、
それに包まるのも非常に難儀するほどの狭さ。

シートはほぼリクライニングせず、
シートを倒そうとすれば足を伸ばすスペースが減ってしまい、
足を伸ばそうと思うとシートはほぼ直立状態……
2座の車なので仕方がないですね。
なので、トラベルピローは必須です。
私にはこの枕が合わないのか、決して快適とは言えないものの、
しかし、この枕がないと寝れないのも事実。
ほぼ直立状態では、首を支えることができないから、
とても眠っていられないですが、
この枕は首を支えてくれるので、とりあえず眠れます。



それでも足が自由に動かせなかったり、
寝返りが打てなかったり、お尻が痛くなったりで、
何度か目が覚めて、良く眠れたとは言い難い状態でした。
ただ、日頃の寝不足が溜まっているにも関わらず、
それでも日中はさほど眠くなることもなく、
8時間以上ドライブができたのですから、
まぁそれなりには眠れたのでしょう。
決して快適ではありませんが。
そうと分かっていても、SLKで車中泊をしようと思うのは、
やっぱりV60では味わえない楽しさがあるからですね。

しかし、いつも思うことですが、どうしてだか、
私は旅の荷物が増えてしまうんです。
たった一泊の車中泊だというのに……
家でお風呂に入ってからの車中泊だから、
特に着替えをする必要もないというのに……
なぜかトランクがいっぱいになってしまいました……。
まぁ、ひょっとしたらこれも必要になるかもしれない、
あれも必要になるかもしれないと、
何でも荷物を積み込んでしまう性格のせいでも
あるんでしょう。
だって、使いたくなったときになかったら
悔しいじゃないですか。
持っていないならともかく、
家にはあるのに持って来ていないって。
公共交通機関の旅なら、何でもかんでも
持っていくことはできませんが、
自家用車の旅はそれが出きるのが醍醐味の一つですから。

V60で行くときは、いつも玄関が埋め尽くされる程に
荷物が出来てしまいます。
なんでこんなに必要なんだろう?と思いながらも、
まぁ、狭い狭いといいながらも、V60は軽々と
飲み込んでくれるから積載性は割と良いのかもしれません。
それだけ荷物を積み込んでいれば、
旅先で不自由を感じることもなく、
とても快適な車中泊の旅が出きるのですが。

SLKではそうはいかないので荷物を減らした
つもりなんですけどねぇ……。
こんなことでは……夏の有明遠征が心配になります。
一般道を走って東京まで。
行きに1泊車中泊をしようかな?と
思っているところです。
その後ホテルで3泊なので、やっぱりそれなりに荷物が
増えてしまいます。たった一泊の車中泊で
トランクがいっぱいになっているのに……
どうすればいいのか……。
まぁ、そんなこともあろうかと、
先日グローブトロッターの鞄を買ったわけですよ。




これなら助手席に載せて屋根を開けて走っていても、
変じゃないかな?って思って。
荷物が一杯になろうとも、
屋根を開けるのは譲れませんからね。
そのための車ですからね。
そうでなければ、わざわざ苦労してSLKに乗る理由が、
なくなってしまいますからね。

Eクラスのカブリオレなら、もう少し居住性が
改善されるかな?なんて思いつつも、
やっぱりMTで乗りたいなとか、
明らかに運動性能が落ちるだろうなとか、
目立ち度はやっぱりSLKの方が上だろうなとか、
エンジンを回したときのワクワク感とか、
そんなのを考えると、
まぁ少々苦労をするのはいたしかたなしかと思うわけです。
低い着座位置、後輪の上に座っているかのようなポジション。
もうそれだけで幸せな高揚感に包まれるんですよ。
屋根を開けるには過酷な時期になりましたね
オープンカーにとって、夏が一番きついと思います。
冬の寒さなんて、何とでもなると思うんです。
実際、大して風が入り込んでくるわけではないので、
外を出歩く程度の防寒対策をしておけば充分ですから。
残念ながら、SLKにはステアリングヒーターがないので、
手が冷たくならないようにグローブは必要ですが。
暖房つけて、シートヒーターをつければ、
氷点下にならない限りは大丈夫ですね。

しかし、今日は暑かったです。
車の外気温計が最高で39度を示すほどの
暑さでしたから。
直射日光でじりじりと肌が痛むほどの暑さでしたから。
暑さは何とか耐えられますが、
痛いほどの日差しには我慢できず、
ついに屋根を閉めてしまいました。

しかし、閉めてエアコンをかけてもすぐには冷えず……
アイドリングストップしたら
コンプレッサーまで止まるし……
日本車の良いところはエアコンが良く効くところだと、
前にとある雑誌で読んだのですが、
やっぱり輸入車は効きが悪いのでしょうか?
何せ、私がエアコンが効く車に乗ったのは
V60が初めてで、エアコンの効く国産車には
あまり乗ったことがないので良くわかりません。

まぁ、しかし、この暑さの中でも日焼け止めを塗って、
汗にまみれながら、信号で止まってはセンスで扇ぎ、
こまめに水分補給をしながらも、
これってひょっとして服に直接吸わせた方が
早いんじゃないだろうかと思うほどに汗をかき、
それでも屋根を開けるという馬鹿は、
昔から直っていないみたいですね。

思えば、エアコンのないインプレッサよりかは
まだマシかもしれません。
だって屋根が空けばその方が風通しもいいし。
インプレッサに乗っていたときは、
それこそ滝の様に汗をかき、
流れ落ちた汗が目にしみる程に汗を
かいていたことを思えば、
まぁずいぶんとマシになったものです。
屋根を開けて窓を開ければ、
渋滞にはまっても、あの時ほどは暑くないので。

朝とか夕方はまだマシなんですけどね。
この時期は夜に屋根を開けて走れば、
虫の音が楽しめてなかなか良いものです。
夜風も、心地いいですからね。

しかし、それでも昼間屋根を開けたくなるのは、
きっと目立ちたいんでしょうね。
人目を浴びるというのは、悪くないものですね。
人に見られると変わる、なんて言うけれど、
確かにそうかもしれないなぁと最近実感します。
変わらなきゃ!なんて思ってしまいます。
車に釣り合わなければ、と思うと、
変な格好はしていられませんからね。
屋根を開けていてもいなくても、
止まっていても走っていても、
赤という色も相まって、
まぁとにかく目立ちますからね。

そんなわけで、今日は眼鏡を買ってきました。
SLKに乗るための眼鏡です。
今までは基本的にコンタクトレンズ + サングラスで
乗っていたのですけどね。
夜にちょっと走りたいな、
なんて時にはまぁ眼鏡でいいかなと思うのですが、
考えてみれば地味な眼鏡しか持っていない……。
眼鏡なんて、見えることと、かけ心地と、
主張しすぎないことでしょ?
なんて地味な眼鏡を今まで使っていたわけですが。
真面目といえば聞こえは良いものの、
これはつまらないなぁと。
真面目な格好してオープンカーなんて
乗ったってしょうがないじゃないですか?
もっと浮ついた格好してた方が、
相応しいじゃないですか。
一夏の経験を経て夏休み明けにガラリと
垢抜けた少女もかくやという具合に、
変わらなきゃと思っているところです。

そんなわけで近所のアウトレットの
某市場へ買いに行ったのですが……。
眼鏡は気に入ったのがあったから買ったのですが。
今までの私だったら間違ってもこんなの
買わないわなぁ……なんて思いながら買ったわけですが。
私の持っていたチタンフレームの眼鏡よりも、
最近のチタンフレームの眼鏡はさらに軽いようで、
それでいながら前に買ったものよりも安い。
ただ……セットでついてくる眼鏡ケースが……
しょぼいですね……。
デザインがいまいちだし、作りも見た目も安っぽいし、
誰に見られるわけでもないのに、
こんなケース使ってるなんて恥ずかしいなぁ……
なんて思ってしまうほどにしょぼかったです。
前に買った眼鏡のケースは、
価格相応にしっかりしていて不満はなかったのですが、
こういうところでコストダウンしているんですかねぇ?

安くて良いもの、よりも、
しっかり手間と暇とお金をかけた良いものの方が、
少々高くても、満足感は
大きいんじゃないかと思うんですけどね。
使い捨てするみたいに安くてつまらないものよりも、
高くても長く使いたくなるものの方が良いのになぁと
思うわけです。

まぁそうは言っても、
デザインが気に入ってしまったのですから
仕方がありません。

一応近所の某ミキにも見に行ったのですが、
こちらはどうにも地味なものというか、
年配向けのものが多いようで、
そう言う意味では私の気に入りそうなものが、
アウトレットにいけばたくさんあるのだから
まぁ仕方がないですね。

眼鏡は夏の有明遠征の前には届きそうなので、
楽しみです。
有明遠征はSLKで一般道を走っていく予定です。
多分車中泊をして。
もちろん、屋根は全開で。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。