mooの雑記 FC2ブログ
バイクとか車とか アニメとかコミックとか 日記とか 妄想記とか コンピュータ関係とか 等について。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マツダのロードスターに試乗した
マツダのロードスターに試乗させてもらいました。
ハードトップ仕様の6MTモデルです。
乗ってみて、認識が変わりました。
正直、侮っていました。
スカイアクティブやらなんやら言っても、
そんな理屈はどうでも良くて、
乗って楽しいかどうか、やっぱりそれが大事だと思うわけです。
先週試乗させてもらったアテンザは、
とても期待はずれだったのですが……。
悪い車ではないのですが、
しかしそんなのは趣味の車選びという基準の前では、
ただの退屈な車でしか無いわけです。

ロードスターも、
午前中に見たBMWのZ4と同じくらい、
低いドライビングポジション、
低い天井、平たいドアでした。
電動ハードトップである所も同じ。
ただし、こちらは6MT。
インプレッサと比べれば軽めのクラッチを踏み込んで、
カチリと1速にギアを入れる。
道路に合流して、少しアクセルを踏み込んで
感激しました。
たかが2L NAエンジンとは思えないほど、
するすると加速するんです。
おぉ!と驚きながら、ギアを2速に入れる。
またもカチリとスムーズに入るんです。
やはり、MT車はこのシフトフォールはとても大事ですよね。
少し低いギアで引っ張れば、
心地良いエンジン音が車内に響いてきます。
ついつい、アクセルを踏む足に力がこもってしまいそうな、
心地良い音です。
いやいや、これは試乗車だと言い聞かせて、
スピードメーターを見ながら大人しく走る。
デミオと変わらない車重のボディに2L NAエンジンを入れれば、
こんなに面白いのかと気づかされました。

ハンドリング性能云々は正直よくわかりませんでした。
わからないということは、ひょっとしたら退屈なのかも……。
そりゃ、攻めたら楽しいのかもしれませんが、
今回私が求めているのは、
頑張らなくても街中でも十分に楽しい車ですから。
そういう意味では、特別何も感じなかったということは、
きっと買ってからも大きな感動を味わうことはないのでしょう。

屋根を開けて走らせてもらったのですが、
60km/hを超えた辺りから、
風が穏やかではなくなってきますね。
なので、快適にオープンを楽しむのは、
やはり一般道まででしょうか。
それを思うと、動いているときに屋根の開閉が出来ないのは
不便ですね。

ただ、個人的にはデザインがいまいち。
私の趣味ではないというのが正直な所。
どこからどう見ても不細工な面が見当たらなかったZ4に比べると、
ロードスターは頑張って格好良く見る角度を
探さないといけない感じ。
はっきり行って不細工です。

あと、内装の質感の低さは、
アテンザやアクセラ以下。
ドアを閉めたときの音も酷い。
せめて、アテンザやアクセラと同じレベルを望みたいのですが……
明らかに悪いです。
それに閉めたショックでボディが揺れ、
ドアが振るえているのが見てわかります。
100万円程度の車なら、こんな感じなのかもしれませんが……
300万円の車ですからねぇ……。
人馬一体を楽しむ車ですから、とは言うものの、
結局はコストをかけられない安い車としか言いようがないのかと。
走り最優先の車なら、別に内装なんて気にしないのですが、
しかし、走りを最優先に考えるなら、
私はケーターハムのスーパーセブンを選ぶでしょう。
それを考えると、やはりロードスターは安い車なのか……。

とりあえず見積もってもらいました。
ハードトップの6MTモデル。
BOSEのスピーカーに、三菱のダイヤトーンのナビやらなんやら、
とりあえず手当たり次第に装備を付けて貰って、
値引きなしでも価格は400万円ほど。
高いかどうかというよりも、
欲しいかどうかで悩んでしまう車でした。
大幅に予算を余らしているのに、
今なら30万円引きという条件を提示していただいても、
ちっとも購買意欲が湧かなかったと言うのが正直な所。

値下げは要らないから……
あと100万円くらい高くても構わないから、
いろいろ変わってほしい所がある、そんな車でした。
10年前なら買っていたかもしれないけれど、
今はちょっと……。
予算を余らせて妥協すると後で後悔しそうなので、
もう少しよく考えてみようと思います。

次は、メルセデスベンツのSLK 6MTモデルを
見てみようと思います。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:車・バイク

BMWのディーラーへ
BMWのディーラーへ行ってきました。
2シリーズとZ4を見てみたくて。
事前に調べていた通り、
どちらも試乗車はなく、
2シリーズは展示車さえありませんでした。
それだけ売れすぎているんだそうです。

しかし、BMWのディーラーのお出迎えは、
なかなかに仰々しいものがありますね。
敷地の入り口にスーツを着た男性が二人立っていて、
何だろう?と思っていたら、
入ってくる車のお出迎えだったんですね。
二人揃って深々とお辞儀して、
走って駐車スペースまで案内してくれました。
中から営業さんがお出迎え。
店舗に入ろうとしたら、また別の女性がお出迎え。
さすがだなぁと思いながら中へ。
店舗は広いし、スタッフも多いですね。

それはそうと、Z4ですよ。
展示車ですが、座らせてもらいました。
着座位置の低さはさすがですね。
この手の車は年取ってからでも乗れるでしょ?
なんて言う人がいるようですが、
この低さは足腰が元気なうちの方が良いのではと
思うほど。
レカロのフルバケ入れてシートレールを一番下まで下げた
私のインプレッサよりもさらにちょっと低い感じ。
普通の乗用車が椅子に座る感じなら、
Z4の低さは座椅子に座る感じでしょうか。

長いボンネットに後ろ寄りに感じるドライビングポジション。
低い天井に、平べったいドア。
どこからどう見ても綺麗なスポーツカーですね。
どこからどう見ても、なかなかデザインに不細工な
所が見つからなくて、
生で間近で見ても、やっぱりカッコいい車でした。

ただ、MTモデルがないのが残念だなぁなんて、
事前に調べて思っていたのですが……
いざハンドルを握って、ステアリングの裏側に覗く
パドルシフトを目にすると、
8ATでも良いかなと思ってしまうくらいには、
良いデザインでした。
200km/hを軽く越える数字が刻まれている
メーターのデザインも華美ではなく、
落ち着いていてとても良いです。

内装の質感は価格相応かと思います。
ドアも静かにしっかりと、バスッと閉まるし。
窓全開の屋根全開でも、静かにバスっと
低い音がして閉まるのは素晴らしいですね。
それでいて、閉めたショックでボディが振るえることもない。
実に良く出来ていますね。
トランクも、そっと静かに下ろせば電動で
巻き込んでくれるので、中の人に不快な思いを
させなくても済むわけですね。

あと、今時の車なら、
ATは全車速追従機能付きのクルーズコントロールくらい
欲しいなぁと思う所。それがないのが残念。

一番安い20iでも500万円オーバー。
ちょっと予算オーバーなんだけれど……
しかし何よりも、乗らないと決断できない。
乗って走って気に入れば多少の
予算オーバーは気にしないけれど、
買ってから気に入らないと言うのは避けたい。
しかし、今のところ試乗車を下ろす予定がないらしく……
どうしようかなぁと思いながらも、今日は見るだけ。

あと、i3見せてもらいました。
セダンやらと比べると、
ずいぶんと背の高い車だなぁと言う印象ですが、
それでもボディにカーボンをふんだんに使っているおかげで、
非常に低重心なんだそうです。
ラゲッジスペースの下に積んだモーターで
後輪を駆動するそうですが、
それなら、FRと言うよりも
RRレイアウトということになるのでしょうか。
試乗してみたかったのですが、事前予約が必要とのことで
やはり見るだけ。
内装の質感は、BMWの他の車とは全然違いますね。
環境負荷の低い素材らしいのですが、
この安っぽい素材でコストを抑えているんじゃないだろうか?
と勘ぐってしまう所。
まぁ、カーボンをふんだんに使ったEVが500万円なのですから、
内装がそれなりなのもしかたがないのかなぁと。
i8の方が売れていますよ、なんて紹介されたものの、
2000万円だとか言う車が、私に手が出るはずがありません。

そういえば、i3のタイヤは驚くほどに細かったです。
燃費向上のため、幅で接地面積を稼ぐのではなくて、
縦方向に接地面積を稼ぐ設計なのだそうです。
19インチという大きなホイールだと思って見てみると、
その薄さが際立ってひょっとしたら軽自動車以下か?
と思ってしまうほど。

まぁ、環境問題はちっとも関心はないのですが、
しかし純粋に電気自動車って面白そうだなぁと。
これで航続距離が長ければ真面目に購入候補の一つとして
検討するのですが、
遠出が多いならヤメた方がいいとはっきり言われてしまいました。
あまり街乗りはしないので、私が買ってもも仕方がなさそうです。

と、言うことで、BMWで購入候補の車は
2シリーズか、Z4のどちらか。
ただ、Z4に乗ったなら、無視できない車があるわけで。
それがメルセデスベンツのSLKです。
辛うじて500万円を切る価格で6MTモデルを
用意してくれているのですから、
こちらも近々見てみようと思います。

テーマ: - ジャンル:車・バイク

ほくたん痛車祭 その10
2012年8月25日に
京都府京丹後市で開催された「ほくたん痛車祭」
で撮影した痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があれば
お手数ですがご連絡をお願いします。
写真をご使用いただける場合は、
このブログのURLとか書いていただけると嬉しいです。
画像に直リンクしていただいても構いません。

過去の写真をflickrでイベント毎にまとめました。





























ほくたん痛車祭の写真は以上で全部です。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

DS3に乗ってみた
シトロエンのDS3です。
前回の、マツダのディーラーに行って
アクセラに試乗させてもらった帰りに
シトロエンのディーラーを梯子しました。

シトロエンのお目当ての車は、
DS3 Cabrio。
DS3のボディに1.6Lターボエンジンで
6MTと言う、楽しそうな仕様。
ただ、屋根の開き具合がいまいちだなぁと
思っています。
本当に頭上しか開きませんからねぇ。
まぁ、それも実車に乗ってみれば分かるかと
思って行ってみたら、
こちらも試乗車も展示車両もなし。
仕方がないので、DS3を見せてもらいました。

展示車はDS3 Sport Chic。
1.6Lターボエンジンに6MT仕様の車です。
やはりV60と比べると内装の質感はやや劣り、
装備の貧弱さは明らかなのですが……
それでも、アクセラよりかは質感は幾分良く、
デザインもこちらの方がおもしろいかなと。

やっぱりフランス車は違うなって思う点がいくつかあります。
パルファムエアフレッシュナーとか言う装備。
ダッシュボードに埋め込まれた穴に、
カートリッジを差し込めば、エアコンから
香りが楽しめるという装備。
シガーソケットに挿して使うような後付けタイプは
あるかも知れませんが、
この車は、初めから埋め込まれています。
オプションなら要らないかなと思うところですが、
付いているなら使ってみたいと思う所。
あと、色の選択肢がちょっと広い。
個人的には次は黄色にしようと思っていたのだけれど、
あってよかった。
シフトノブも交換可能で、カラーバリエーションが豊富で嬉しい。
もちろんシフトノブにも黄色があって嬉しい。買ったら交換する。
ただ、内装色のバリエーションが乏しいのが残念。
黄色のボディには黒い内装しかないようで。
あと、車のデザインからくる存在感は、
やっぱり格別ですね。
DS5とかC5とか、やっぱり生で見ると違いますね。

さて、Cabrioはないものの、
Chicに試乗させてもらいました。
1.2L NAエンジンに5ATの組み合わせ。
3気筒エンジンで82ps, 12.0kgmと言う
驚くべき低スペック。
え?まともに走るの?と言うのが正直な第一印象。
ところが……ところが!乗って驚きました。
え?本当に1.2LのNAエンジン?
と疑うほどに、スムーズに加速しました。
そりゃ、高速の合流とかで、
全力加速すると非力さが目立つかも知れませんが……
街中ではちっとも。これで充分じゃないかと思えるほど。
エンジンの振動や騒音に関しては、
とても3気筒エンジンとは思えないほど。
私のV60に匹敵するくらい静かではないかと思います。
マツダのアクセラに比べると遥に静か。
3気筒エンジンだと言われても信じられないくらいに
振動がありません。
すごいです。
5ATの方は、多分トルコン式ではなく、
MTのクラッチ操作と変速を自動化した感じ。
つまり、変速時にカックンとクラッチを切ったような
はっきりとした間があります。
快適性と言う点ではいまいちかも知れませんが、
ただ、それはそれで面白いです。
パドルを備えていて、シフトダウンすれば、
心地よい音をさせてブリッピングしてくれます。
エンジンが、ちっとも安っぽい音をさせません。
カチカチとシフトダウンするのが楽しくなるくらい。
この車は、マニュアルモードで走った方が、
もっと楽しいかもしれませんね。
この車、楽しいです。
パワーはないでしょう。峠を走っても速くはないでしょう。
でも、楽しいです。
街中を普通に走って楽しいです。

マイナス点は、まるで原付の様にある程度
アクセルをふかさないとクラッチが繋がらない点。
クリープがほとんど効かないから、
微低速で扱いにくく感じた点。

エコカー減税ではありませんが……
この車、ちょっと欲しいと思いました。
きっと、DS3 Cabrioはもっと楽しいはず。
1.6Lターボエンジン+6MTですからね。

アクセラ買うなら、迷わずこちらを選びます。

ただ……でもやっぱり実車を確認してから
決めたいですね。
まぁ、時間はあるので、しばらく待ってみます。

テーマ: - ジャンル:車・バイク

アクセラに乗ってみた
来年当たりにケイターハムの
セブン160を買おうと思っています。
ただ、せっかくなので、
他の車もいろいろ乗り比べてみようかと思います。
ひょっとしたら、もっと良い車に
出会えるかもしれませんからね。
欲しい車の条件は、
オープンカー、出来ればMTで。

まずは、マツダのディーラーへ行ってきました。
目的はロードスターに試乗することだったのですが……
WEBサイトには試乗車があるって書いてあったのに、
残念ながら、試乗車どころか展示車もなく……。
せっかくなので、現在、一押しらしいアクセラに
試乗させてもらいました。
営業さんはロードスターよりも、
アクセラのディーゼル仕様のMTの方がお勧めだとかで。
ディーゼルエンジンは前から気になっていたので、
せっかくだから、と乗せてもらいました。
試乗車はアクセラのAT仕様のディーゼル車でした。

比較基準がどうしても今私の乗っている車に
なってしまうわけで、
スバルのインプレッサSTIかボルボのV60になってしまって、
性格も価格も異なるものではあるのですが……。

内装は、正直値段相応か、安っぽさを感じます。
デザイン、素材の質感やはりどれをとっても、
V60に見劣りすると言うのが正直なところ。
しかも、内装色が黒のみというのも、
個人的にはマイナスポイントで。
カーナビも運転中はあまり操作できないというのも
やっぱりマイナスポイントで。
そりゃ、まぁ、ごにょごにょすればどうにでもなる問題かも
知れませんが、
最近の欧州車はステアリングのスイッチから運転中でも
操作できるのになぁと思うと、やっぱりいまいちな感じがします。
運転席のシートはパワーシートだったものの、
メモリー機能がなく……それなら手動式でも良いのでは?
と思ってしまいます。
ドライビングポジションが僅かでもズレると
違和感を感じる私としては、
メモリー機能はあると非常に嬉しいです。

エンジンをかけてみると、ディーゼルエンジンらしい音が、
バッチリと聞こえます。
あぁ、本当にトラックみたいな音がするなぁと。
うるさくはありませんが、静かとも言えないです。
アイドリングストップ機能は、違和感がなくて良いですね。
再始動時の遅れももたつきもなく、
これなら付いていたら嬉しいかもと。
街中を走る分にはトルク不足を感じることなんて
あるはずもなく。
ATは全くもたつきを感じさせず、
滑らかにストレスなく加速してくれます。
ただ、アクセルを離すとエンジンブレーキが弱いせいか、
するすると滑走するような感じは好きではありません。
まぁ、そこはMTならダイレクトな感触に変わるそうですが。
アクセルペダルがオルガン式で、踏みやすいのだと
アピールされていたのですが、確かに良かったです。
あと、ブレーキのフィーリングが私的にはいまいちで……
パッドを変えれば済む話かも知れませんが、
もっとリニアにかっちりと効くフィーリングが好きです。

ボディはしっかりしているようで、ステアリング操作に
車の挙動が遅れるような感じはしませんでした。
しかし、機敏過ぎるわけでもなく、
操縦性は良いのではないかと思います。

その他、MTでもオートクルーズやら、
自動ブレーキやらがあるのは良いですね。
あと、軽油で走るのも嬉しいですね。
取得税やらが100%免除なのも嬉しいですね。

見積りは、何やかんや付けて、値引きなしで
350万円ほど。
高くもなく、安くもなく、
値段相応の車……じゃないかと思います。
悪くはないけれど、特別良くもなく、
積極的に買おうと思える要素がなかったと言うのが
正直な感想です。
インプレッサと、V60の次の三台目として欲しいかといえば、
買うことはありません。

ちなみに、アテンザやCX-5は車庫に入らないので却下です。

来週、ロードスターの試乗車を手配してくれるらしいので、
載せてもらうおうと思います。

テーマ: - ジャンル:車・バイク

ほくたん痛車祭 その9
2012年8月25日に
京都府京丹後市で開催された「ほくたん痛車祭」
で撮影した痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があれば
お手数ですがご連絡をお願いします。
写真をご使用いただける場合は、
このブログのURLとか書いていただけると嬉しいです。
画像に直リンクしていただいても構いません。

過去の写真をflickrでイベント毎にまとめました。







































続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

ほくたん痛車祭 その8
2012年8月25日に
京都府京丹後市で開催された「ほくたん痛車祭」
で撮影した痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があれば
お手数ですがご連絡をお願いします。
写真をご使用いただける場合は、
このブログのURLとか書いていただけると嬉しいです。
画像に直リンクしていただいても構いません。

過去の写真をflickrでイベント毎にまとめました。





































続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

ほくたん痛車祭 その7
[ほくたん痛車祭 その7]の続きを読む

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

ほくたん痛車祭 その6
2012年8月25日に
京都府京丹後市で開催された「ほくたん痛車祭」
で撮影した痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があれば
お手数ですがご連絡をお願いします。
写真をご使用いただける場合は、
このブログのURLとか書いていただけると嬉しいです。
画像に直リンクしていただいても構いません。

過去の写真をflickrでイベント毎にまとめました。






























続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

ほくたん痛車祭 その5
2012年8月25日に
京都府京丹後市で開催された「ほくたん痛車祭」
で撮影した痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があれば
お手数ですがご連絡をお願いします。
写真をご使用いただける場合は、
このブログのURLとか書いていただけると嬉しいです。
画像に直リンクしていただいても構いません。

過去の写真をflickrでイベント毎にまとめました。



































続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。