mooの雑記 FC2ブログ
バイクとか車とか アニメとかコミックとか 日記とか 妄想記とか コンピュータ関係とか 等について。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インプレッサの車検完了と定員変更
インプレッサの車検が完了しました。
前回の車検から、
たった2000km程しか走っていませんでしたが……。

さて、今回は乗車定員を変更したわけですが。
5人乗りだったのを、後部座席を外して二人乗りへ。
手続きは、車検をお願いした車屋さんに
全部やってもらいました。
通常の車検代金+ちょっとくらい。
合計で9万円もかかりませんでした。

リアスポイラーも外しちゃっていたのですが、
それに付いていたハイマウントストップランプが
なくなっちゃうと、車検が通らないよ、
と言われて慌ててスポイラーを取り付けた程度です。
まぁ、またすぐに外しちゃいますが。
そう思うと、取り付け穴、
テープで塞ぐだけにしておいてよかった。
パテか何かで完全に塞ごうかとも
思っていたのですが……。

ところで、後部座席やら内張りやらを
外しているのにもかかわらず、
車重は1370kgもありました。
確かカタログスペックは1350kgだったと
思うのですが……。

フロントシートも両方ともレカロのRS-Gに
交換しているから、純正よりも軽いはずなのに……。
あと、どういうわけか全長が1cm伸びたそうです……
なぜ?

とりあえず、これで晴れて堂々と後部座席を
取り外して走れるわけです。
まぁ、それよりも、もっと乗らなきゃ……。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:車・バイク

第七回ひめたま痛車祭 その9
2013年10月27日に
栃木県足利市で開催された「第七回ひめたま痛車祭」
で撮影した痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があれば
お手数ですがご連絡をお願いします。
写真をご使用いただける場合は、
このブログのURLとか書いていただけると嬉しいです。
画像に直リンクしていただいても構いません。

































続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

第七回ひめたま痛車祭 その8
2013年10月27日に
栃木県足利市で開催された「第七回ひめたま痛車祭」
で撮影した痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があれば
お手数ですがご連絡をお願いします。
写真をご使用いただける場合は、
このブログのURLとか書いていただけると嬉しいです。
画像に直リンクしていただいても構いません。
































続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

第七回ひめたま痛車祭 その7
2013年10月27日に
栃木県足利市で開催された「第七回ひめたま痛車祭」
で撮影した痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があれば
お手数ですがご連絡をお願いします。
写真をご使用いただける場合は、
このブログのURLとか書いていただけると嬉しいです。
画像に直リンクしていただいても構いません。







































続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

第七回ひめたま痛車祭 その6
2013年10月27日に
栃木県足利市で開催された「第七回ひめたま痛車祭」
で撮影した痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があれば
お手数ですがご連絡をお願いします。
写真をご使用いただける場合は、
このブログのURLとか書いていただけると嬉しいです。
画像に直リンクしていただいても構いません。








































続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

行列の見本市と今年最後の車中泊
今年最後の車中泊を
年末に行おうかと思っています。
12月31日に。
まぁ、例年であれば年越しは家で行うのですが、
家族が妹の居る香港へ旅行に行ってしまうので、
一人で家に居るくらいなら、
慌てて帰ることもないかと車中泊をしようかと
思っています。
前回、結露するという思わぬトラブルに見舞われた
アルミ毛布ですが、
今回は運用方法を工夫してどうなるか試してみます。



さて、私が香港旅行よりも優先したのが、
行列の見本展に参加するためです。
盆と年末に毎年開催されて30年余りになるそれは、
正式にはコミックマーケットと呼ばれるのですが、
私にとってもはや並ばないと年が越せないくらいの、
重要なイベントなわけで。
何はなくてもとりあえず並ぶことが参加の証かなと。
おそらくは世界でも屈指の、日本では最大の列を形成する
イベントなのですが、
整然と列が裁かれる見事な様は他に類を見ないのではないかと
思います。
それが如何に見事なものかは、
有明ワシントンホテルの一室から高みの見物をするよりも、
やはりその列の中に身を置いてこそ、
はっきりと実感できると思います。
行列の過酷さはやはり並ばないと実感できないわけですが、
しかしその異様なまでに整然と並ぶ様も並んでみてこそ
わかるというもので。
なぜ、それほどまでに整然と並べられるのか。
それはスタッフの手腕のみならず、
行列を成す参加者の参加者としての自覚ある行動が
非常に大きいと思うのですが、
やはりそれは外から眺めているだけではわからないのです。
思うに、並ばされていると感じるのではなく、
並んでいるのだと考えているのでしょう。
そんなわけで今回も、
行列の一員となるべくビッグサイトに詣る次第です。

特に冬場の行列は夏場のそれに比べると、
遥に快適なのです。
寒空の下の行列とは言っても、東京の寒さなどタカが知れているし、
炎天下に焼かれ続けることを思えば、
倒れないだけマシといえるでしょう。
特に真夏の直射日光が差し込み続ける、
ビニールハウスの様なサウナ状態の、
西館と東館をつなぐ通路で人の流れが詰まり、
数十分も身動きがとれなくなる灼熱の地獄に比べれば、
快適な方です。
屋内でありながら蒸発した汗が雲を形成するような、
過酷な環境に比べれば、
少し汗ばむ程度の冬場の方が遥に快適です。

初めて参加してみようと思っている諸氏は、
倒れない程度に無理しないで頑張ってください。
ひょっとしたら、カタログという名の分厚い紙の束が、
あなたの戦いのお役にたつかもしれません。
残念ながらアマゾンでは既に取扱いを終了していて、
中古品しか入手できませんが、
7.netでは買えるようです。
いつの間にか買いやすくなったものですねぇ。
ちなみに、冊子版の他にもDVD-ROM版と、
WEB版もあります。

ちなみに、ちなみに、
WEBカタログはWindows Azure上で動作しているので、
当日の過酷な負荷にも耐えられるらしいですが、
お使いの通信キャリアが負荷に耐えられるかどうかは……
キャリア各社は当日のつながり安さを、
自社のサイトでアピールしているようですが……。
NTT docomo
AU
SoftBank
UQ WiMax
などです。
過去には通信状況が著しく悪くなるのが当たり前でしたが、
近年では各社の努力で徐々に改善しているように感じるものの、
今回はどうなんでしょう?

テーマ:日記 - ジャンル:日記

第七回ひめたま痛車祭 その5
2013年10月27日に
栃木県足利市で開催された「第七回ひめたま痛車祭」
で撮影した痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があれば
お手数ですがご連絡をお願いします。
写真をご使用いただける場合は、
このブログのURLとか書いていただけると嬉しいです。
画像に直リンクしていただいても構いません。
































続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

第七回ひめたま痛車祭 その4
2013年10月27日に
栃木県足利市で開催された「第七回ひめたま痛車祭」
で撮影した痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があれば
お手数ですがご連絡をお願いします。
写真をご使用いただける場合は、
このブログのURLとか書いていただけると嬉しいです。
画像に直リンクしていただいても構いません。




























続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

第七回ひめたま痛車祭 その3
2013年10月27日に
栃木県足利市で開催された「第七回ひめたま痛車祭」
で撮影した痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があれば
お手数ですがご連絡をお願いします。
写真をご使用いただける場合は、
このブログのURLとか書いていただけると嬉しいです。
画像に直リンクしていただいても構いません。


































続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

第七回ひめたま痛車祭 その2
2013年10月27日に
栃木県足利市で開催された「第七回ひめたま痛車祭」
で撮影した痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があれば
お手数ですがご連絡をお願いします。
写真をご使用いただける場合は、
このブログのURLとか書いていただけると嬉しいです。
画像に直リンクしていただいても構いません。






























続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

第七回ひめたま痛車祭 その1
2013年10月27日に
栃木県足利市で開催された「第七回ひめたま痛車祭」
で撮影した痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があれば
お手数ですがご連絡をお願いします。
写真をご使用いただける場合は、
このブログのURLとか書いていただけると嬉しいです。
画像に直リンクしていただいても構いません。



































続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

第8回痛Gふぇすた その39
2013年9月22日に
東京都のお台場で開催された「第8回痛Gふぇすた」
で撮影した痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があれば
お手数ですがご連絡をお願いします。
写真をご使用いただける場合は、
このブログのURLとか書いていただけると嬉しいです。
画像に直リンクしていただいても構いません。






























第8回痛Gふぇすたの写真はこれで全部です。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

第8回痛Gふぇすた その38
2013年9月22日に
東京都のお台場で開催された「第8回痛Gふぇすた」
で撮影した痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があれば
お手数ですがご連絡をお願いします。
写真をご使用いただける場合は、
このブログのURLとか書いていただけると嬉しいです。
画像に直リンクしていただいても構いません。





































続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

第8回痛Gふぇすた その37
2013年9月22日に
東京都のお台場で開催された「第8回痛Gふぇすた」
で撮影した痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があれば
お手数ですがご連絡をお願いします。
写真をご使用いただける場合は、
このブログのURLとか書いていただけると嬉しいです。
画像に直リンクしていただいても構いません。


































続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

第8回痛Gふぇすた その36
2013年9月22日に
東京都のお台場で開催された「第8回痛Gふぇすた」
で撮影した痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があれば
お手数ですがご連絡をお願いします。
写真をご使用いただける場合は、
このブログのURLとか書いていただけると嬉しいです。
画像に直リンクしていただいても構いません。






























続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

インプレッサの定員変更途中経過
今日、車屋さんへインプレッサを
持って行ってきました。
車検のついでに乗車定員
変更してほしいのだけれど……と。

ちなみに、既に後部座席は取り外し済みなのですが。
わざわざ車検のために座席を取り付けるのも面倒なので、
この際定員を減らしてしまおう。
ついでに軽量化にもなるし、と言うのが
定員変更の目的です。

車屋さんは、
オデッセイとかの7人乗りを5人乗りに
変更したことはあるけれど、
5人乗りの後部座席を外しての2人乗りに
変更したことはないなぁ。
と言いながらも、
陸運局に問い合わせてみるよ、
と言ってくれました。
座席を外しただけだと、多分ダメな気がするけれど、
とも言われましたが。
外した座席を後でポン付けしたらまた人が乗れちゃうから、
そういうのはダメで、
多分人が乗れないように何らかの細工を
しないといけないんじゃないかなぁ、
との見解でした。
その細工が何であるかは、
陸運局に問い合わせて、向こうが納得する方法を
取るということで。

なので、手数料的な点で言えば、
金額は通常の車検よりもちょっと増える程度。
ただ、細工にどれだけ費用がかかるかは……
座席を取り付けるよりも面倒な細工なら、
もう定員変更しなくてもいいかなぁ、
とも思うわけですが。

とりあえず、保険屋さんに問い合わせてみたところ、
用途が変わらなければ保険には影響がないとの事でした。

それにしても、ディーラーとは違って、
実に融通を聞かせてくれて、嬉しいものです。
ディーラーは最初の車検の時にごちゃごちゃと
面倒くさい事を言ったものだから、
もう二度と頼まないでおこうと思って依頼、
車検は今回の車屋さんに頼んでいる次第です。
ブレーキローターだけを持ち込んでの研磨とか、
純正部品の取り寄せとか、
いろいろやってくれるありがたいところです。
何よりも近いから、歩いてでもいけるし。

とりあえず、今は陸運局へ問い合わせて
もらっている所です。

テーマ: - ジャンル:車・バイク

第8回痛Gふぇすた その35
2013年9月22日に
東京都のお台場で開催された「第8回痛Gふぇすた」
で撮影した痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があれば
お手数ですがご連絡をお願いします。
写真をご使用いただける場合は、
このブログのURLとか書いていただけると嬉しいです。
画像に直リンクしていただいても構いません。






























続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

第8回痛Gふぇすた その34
2013年9月22日に
東京都のお台場で開催された「第8回痛Gふぇすた」
で撮影した痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があれば
お手数ですがご連絡をお願いします。
写真をご使用いただける場合は、
このブログのURLとか書いていただけると嬉しいです。
画像に直リンクしていただいても構いません。






























続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

第8回痛Gふぇすた その33
2013年9月22日に
東京都のお台場で開催された「第8回痛Gふぇすた」
で撮影した痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があれば
お手数ですがご連絡をお願いします。
写真をご使用いただける場合は、
このブログのURLとか書いていただけると嬉しいです。
画像に直リンクしていただいても構いません。




























続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

第8回痛Gふぇすた その32
2013年9月22日に
東京都のお台場で開催された「第8回痛Gふぇすた」
で撮影した痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があれば
お手数ですがご連絡をお願いします。
写真をご使用いただける場合は、
このブログのURLとか書いていただけると嬉しいです。
画像に直リンクしていただいても構いません。






























続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

第8回痛Gふぇすた その31
2013年9月22日に
東京都のお台場で開催された「第8回痛Gふぇすた」
で撮影した痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があれば
お手数ですがご連絡をお願いします。
写真をご使用いただける場合は、
このブログのURLとか書いていただけると嬉しいです。
画像に直リンクしていただいても構いません。






























続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

第8回痛Gふぇすた その30
2013年9月22日に
東京都のお台場で開催された「第8回痛Gふぇすた」
で撮影した痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があれば
お手数ですがご連絡をお願いします。
写真をご使用いただける場合は、
このブログのURLとか書いていただけると嬉しいです。
画像に直リンクしていただいても構いません。





































続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

インプレッサの定員変更したい
1月末でインプレッサの車検が切れるのですが、
また車検を通す予定です。
前回の車検から千km程しか走っていないような
気がするものの、
しかし慌てて手放す理由もないので、
とりあえず車検通しておこうかと。

しかし、外した後部座席を取り付けるのも面倒なので、
乗車定員を変更しようかなぁ?と
思っているのですが、どんなものなんでしょう?
簡単に出きるんでしょうか?
お金かかるんでしょうか?
保険料が高くなったりするんでしょうか?
いつも車検通してもらっている
車屋さんに相談してみます。

別に、今更インプレッサに人を乗せて
走ることもないだろうし、
車検の度に取り付けるのも面倒だし、
お巡りさんにいちゃもんつけられる
口実を与えてもしかたがないし。
軽量化、とは言っても、
インプレッサの後部シートなんて、
ただスポンジが乗ってるだけだし、
大した効果はないのだけれど。

軽くなった分で、ボディの補強をしようかな。

既にリアとセンターは補強してあるし、
あとはフロントだけ。

テーマ: - ジャンル:車・バイク

第8回痛Gふぇすた その29
2013年9月22日に
東京都のお台場で開催された「第8回痛Gふぇすた」
で撮影した痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があれば
お手数ですがご連絡をお願いします。
写真をご使用いただける場合は、
このブログのURLとか書いていただけると嬉しいです。
画像に直リンクしていただいても構いません。
































続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

車中泊にインバーターは必須だと思う
ここで言うインバーターとは、
車内でAC100Vの電源をとることが出来る
装置の事です。
そう、車の中で家電製品が使える優れものです。

頻繁に車中泊をする私にとって、
それはもはや必需品です。
私の場合、車中泊のみで、
数日出かける事もあるため、
どうしても電源が必要になることがあります。

例えば……
ノートパソコンの充電、
カメラバッテリーの充電、
ゲーム機の充電、
携帯電話の充電
などです。

だから、去年買いました。
なくても何とかなるかもしれません。
でも、やっぱりあると便利です。

私のインバーターを選ぶポイントは、
まず、出力電力です。
**W(ワット)出力とかいうやつですね。
これが使用したい電化製品の消費電力よりも
大きくないといけませんね。
私の場合は、使用予定の電化製品の中で
ノートパソコンがもっとも消費電力が大きかったので、
それを基準に選定しました。
ただ、これは余裕をもって大きめの出力をもった
インバーターを選びたいところですね。
ぎりぎりのところで使用すると
インバーターに負担をかけて寿命を縮める懸念が
あるからです。

次に重要な点は、
インバーターの電源をシガーソケットからとるのか、
あるいはバッテリーに直結するのか。
お手軽に車内で使いたいのなら、
シガーソケット接続が楽でしょう。
ただし、シガーソケットからはとれる電力にも
限りがあるため、必然的に出力電力の大きな機種は
選べなくなってしまいます。
無理やりつけちゃうと、車側のヒューズがとびかねません。
車のシガーソケットを分岐させて、
他にもいろいろつないでいると、
やっぱりヒューズが切れかねないので、
シガーソケット側のヒューズ容量と、
インバーターを含めた接続機器の消費電力に注意が必要ですね。
バッテリー直結は、知識のない人はやるべきではないでしょう。
私はシガーソケット派です。

シガーソケットから出力される電圧と、
インバーターに入力する電圧も一致しているか確認が必要ですね。
まぁ、大抵12Vだと思いますが。

インバーターの紹介をみていると、
(純)正弦波とか、擬似正弦波や矩形波やらと
書かれているわけですが、
何が違うかといえば、使用可能な電化製品に
制限が有るか無いかです。
低価格の製品はまず擬似正弦波・矩形波出力の、
使用できる電化製品に制限のあるタイプでしょう。
具体的には、電気毛布類、
扇風機・掃除機・ドライヤーなどの
モーターを使用する電化製品類、電子レンジなど、
その他いろいろです。
(純)正弦波出力タイプのインバーターには
その制限がありません。
ACアダプターを使用するタイプの電化製品なら、
擬似正弦波・矩形波出力でも十分に使えると思います。

あとは、連続使用時間と耐久性ですね。
安物を買ったらすぐに壊れちゃった、は嫌ですからね。
インバーターは使用すれば発熱します。
熱はインバーターの寿命を縮めます。
インバーターの出力電力ぎりぎりのところで
使用しつづければ、放熱がぎりぎりになって、
その分熱くなることが予想されます。
ギリギリの状態で連続で使いつづければ
さらに負担が高くなります。
ちょっとだけだから……という使用なら、
ギリギリでも大したことはないかもしれません。
しかし、酷使するのなら、
使用する電化製品の消費電力よりも、
十分に大きな(2倍程度)出力容量を持った
インバーターを選べば安心だと思います。
もっとも、作りのヘボい商品なら、
余裕が有ろうが無かろうが壊れるときは
壊れちゃいますが……。

最後に、突入電流というものが有りまして、
何かと言うと、電源を入れた瞬間に、
ドバッと大量の電流が流れる現象です。
電化製品でもそれは決して珍しくなくて、
冷藏庫やら洗濯機やらドライヤーやら
扇風機やらの、モーターが動く瞬間。
白熱電球が点灯する瞬間、
その他電化製品が起動する瞬間などです。
通常、家電製品の消費電力には、
この瞬間的に消費する突入電流は含まれていません。
しかし、インバーターにとって、
これは無視できない問題です。
インバーターの出力電力は十分なのに、
動かない……なんて時は、
この突入電流のせいかもしれません。
対策としては、十分に大きな出力電力を持った
インバーターを選ぶことです。

ポイントをまとめると
・出力電力
・シガーソケットに接続できるかどうか
・正弦波か擬似正弦波か
が大きなポイントでしょうか。

この製品であれば
バッテリー接続もシガーソケット接続のどちらも出来て、
400Wの出力電力で、突入電力(機動電力)は800Wもあり、
各種保護回路を7つも備えている割と優れもののような
感じがします。
しかし……実はシガーソケットで接続したら、
400W/800W出力最大まで使えないという落とし穴が有ったり……。
ただまぁ、それはこの製品が悪いと言うわけではなく、
結局シガーソケットからとれる電力には限りが有るので
仕方が無いのです。これはインバーターの問題ではなく、
車側の制限です。


わずかに出力電力の大きなこの製品になると、
もはやシガーソケット接続は出来ず、
バッテリー直結のみになってしまいます。


アマゾンで探している限り、
乗用車の車中泊で、シガーソケット接続で
お気軽に電化製品を使いたい、
となると5千円程度の製品が限界のようですね。

もっと大出力が必要なら、
サブバッテリーの装備の検討が必要かも知れませんね。
そこまですると、キャンピングカーに
一歩近づいてしまいそうですが。

とりあえず、使用する前は取扱説明書を十分に確認しましょう。
インバーターの電源を入れたまま、
車のエンジンをかけると壊れるとか、
重要な注意が書いてあるので、しっかりと確認しましょう。

テーマ: - ジャンル:車・バイク

第8回痛Gふぇすた その28
2013年9月22日に
東京都のお台場で開催された「第8回痛Gふぇすた」
で撮影した痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があれば
お手数ですがご連絡をお願いします。
写真をご使用いただける場合は、
このブログのURLとか書いていただけると嬉しいです。
画像に直リンクしていただいても構いません。

































続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

このロリコン共め……
虎の穴秋葉原店で私のプリヤの
ブルーレイ買いやがった奴誰だよ、
せっかく東京まで買いに行ったのに……
東京モーターショーとか、ついでだよ。
プリヤのブルーレイ買うのが主目的だよ。
それなのに、売り切れってどういうことだよ。
発売日の翌日の夜にもう売り切れって、
飢えた変態のロリコン共め!恥を知れ!
なぜ、私の分まで仕入れておいてくれなかったのか……
プリヤがそんなに売れるとは思わなかったよ。
いや、売れないからあまり仕入れていなかったのか?
とりあえず、冬コミの時に買うしかないかなぁ。

ところで、こんな時期に秋葉原に行くのは
初めてなのだけれど、
綺麗にライトアップされているんだねぇ。
プリヤが買えなかった悲しみを紛らわすために、
写真でも。
案外手持ちでも撮れました。














やっぱり次行ったときは、
もうライトアップも終わっているのかな?
それにしても、プリヤを買い損なうとは情けない。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

冬の車中泊の布団
全く、冬の車中泊とは、寒さとの戦いです。

先日購入したこれですが、
試してみました。


結果は、てきめんに暖かかったのですが、
使用には注意が必要です。
それは、結露です。

12月の頭に3泊程。
泊まったのは、愛知と東京と静岡です。
愛知と東京はさほど寒くもなく、
うっかりとこのアルミ毛布を使用していたら、
汗をかくほどでした。
しかし、明け方の冷え込みに対しては、
十分な効果を発揮してくれました。
おそらく氷点下になるほどには冷えなかったのでしょう。
この時は特に不都合を感じることはありませんでした。

使用したのは氷点下でも使用できると唄っているものの
力不足感の否めない寝袋と、
その上にこのアルミ毛布、そしてその上に薄手の寝袋をもう一枚。
さすがにアルミ毛布一枚ではあまりに薄すぎるかなと。
これは非常に薄くて、軽いです。
まるで紙の様に軽いため、うっかりしていると、
捲れてしまっても気づかないんじゃないかと思うほどです。
なので、捲れないように押さえるという意味で、
上から寝袋を被っていました。

デカくて重くてかさばるコタツ布団を使用していた
昨シーズンに比べると、アルミ毛布のコンパクトさ、
軽さは非常に嬉しいです。
特に、狭い車内に他の荷物も乗せているわけですから、
寝具にスペースを圧迫されては本末転倒です。

アルミ毛布の暖かさというのは、
これ自体が決して熱を発するわけではなく、
その薄さからは信じられない程の断熱性にあると思います。
つまり、体温が奪われない、体温を閉じ込めてその熱で温まる、
そんな感じでしょうか。
なので、暖かさを感じるには、
10分、20分ほどかかると思います。
けれど、これを捲り、冷気に触れた瞬間、
しっかり仕事をしてくれていたことが実感できます。
暖かい空気が漏れないように、
隙間を作らないようにするのがポイントでしょうか。
肩口に隙間ができやすいので、
やっぱり上から重みのある布団を被って
隙間をうめるのが良いでしょう。

さて、しかし、このアルミ毛布には
割と無視できない欠点もあるわけで……
それは、富士山が眺められる道の駅ふじおやまで
車中泊をしたときのこと。
寝る前は車の外気温計が0度を指す程度には
冷えていました。
おそらく明け方には氷点下まで冷えていたことでしょう。
寝袋の上に、アルミ毛布のアルミ面を内側に向けて
使用していたのですが……
気がついたらアルミ面が結露していました。
アルミ面がびっしりと隙間なく結露を……。
幸い寝袋が水分を通さなかったおかげで
それでも冷えることはなかったものの、
この結露は看過できません。

対策として……
アルミ面を外側に向けて使用したら
結露しないのでしょうか?
あるいは吸水性の高いタオルやシーツと
重ねて使用が必要でしょうか?
次回は年末か1月末に車中泊を予定しているので、
試してみます。

ところで、いくら布団をたくさん被っても、
外気に触れる顔だけは寒いんですよね。
特に氷点下にもなると、痛いくらいで。
それが、このアルミ毛布を頭の上まですっぽりと被ると、
冷気から遮断されて、ずいぶんと快適になりました。
ただ、結露を除いては……
きっとアルミ系の断熱材は結露対策が必要なのでしょう。

それを考慮しても、値段、コンパクトさ、
軽さを考慮すれば、何とかして使いこなしたいアイテムです。

テーマ: - ジャンル:車・バイク

第8回痛Gふぇすた その27
2013年9月22日に
東京都のお台場で開催された「第8回痛Gふぇすた」
で撮影した痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があれば
お手数ですがご連絡をお願いします。
写真をご使用いただける場合は、
このブログのURLとか書いていただけると嬉しいです。
画像に直リンクしていただいても構いません。
































続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

東京モーターショーに行ってきました
東京モーターショーの最終日に行ってきました。
聞くところによると、駐車場が満車になるとか、
道路が混雑するとか聞いて、早めに会場入りしました。
大体11時間くらい前に。
そうしたら駅前の1800円/日の
駐車場がガラガラでした。
まぁ、せっかくなので誰もいない会場を。



11時前に会場に向ったのですが、
前売券を買っておいたおかげか、
並ばずにスムーズに入場出来ました。
午前中の人の入りはこんな感じで。



自動車メーカーはどこも人だかりが出来ていて、
特に新車なんかは一目拝むだけでも一苦労なくらいでした。
まぁ、個人的に車には興味なかったというか……
欲しい車ならディーラーでゆっくりみればいいし、
欲しくもない車には興味もないし、
買えない車にも興味はないし、
発売される見込みもないコンセプトカーなんかも
全く興味が無いので。

自動車のメディアを見ていると、
モーターショーと言えば、
コンセプトカーやら、ワールドプレミアやら、
お姉ちゃんやら、そんなところばかり取り上げるものだから、
やっぱりそう言うものを見なきゃいけないのかなぁと
思っていたわけですが……
意外にも、楽しめるポイントはたくさんありました。

自動車産業は裾野が広いと言われていますが、
本当にたくさんのサプライヤーが
あるんだなぁと実感できたイベントでした。
高性能で高品質で安全な車を作る上で、
多くのサプライヤーの存在が欠かせないんだなぁと
よくわかるイベントでした。

エンジン一つにしても、非常に多くのメーカーの
高度な技術が組み合わせられている部品なのだなぁと。
これはNGKのブースにあったカットモデル。
他には、ピストンリングを作っているメーカー、
ガスケットを作っているメーカー、
バルブシートを作っているメーカーなど……
エンジン一つ作るにしても、
一体どれだけのサプライヤーの技術がつまっているのかと、
実感できるイベントでしたよ。



パドルシフトのパドルを作っているメーカーとか。
上が日産GTRのもので、下がLexus LFAのもの。
こうやって見比べることが出きるのも、
モーターショーならではですね。



ヘッドライト。
これはトヨタのクラウン用。
こうやってみていくと、
自動車って本当に組み立て産業だと言われるのが、
よくわかる気がします。
まぁ、これだけの部品点数、まともに動くように
組み上げるのも大変でしょうけれど。



レース用のパワステとか、普通じゃ見られませんよね。



ボンネットのラッチ機構とか。



ターボの可変ノズルのベーンだそうで。



衝突実験後のトヨタのクラウン。
自動車の安全性を支えている大切な存在かと。



車とかお姉さんは人だかりが出来ていましたが、
部品メーカーの方は割と空いていて、
しかも個人的には楽しかったです。

あと、ビッグサイトのあの殺風景なホールを、
見事にショー会場へと変えてしまうのも、
感心せずにはいられません。
車を魅せる、来場者を楽しませる、
という裏方のお仕事をしている人がいるわけですね。
ブースが二階建てになっているのとか、驚きでした。
ビッグサイトの高い天井は、
屋内に雲を発生させるためにあるわけじゃないんですねぇ。

これ、すごいなぁと思ったんですよ。
スバルのレボーグ、
を踊るように動かしていた下のステージ。
実車なのかモックアップなのかはわかりませんが、
こんなでかいものを自在に動かすステージに
目を奪われていました。
決して、レボーグとか、
目の高さほどのステージの上を歩いているお姉さんの、
短いスカートのヒラヒラとか
そんなものには目もくれませんでした。
本当はステージの写真を撮りたかったのですが、
人だかりがすごくて……。



あとは、トラックとかすごかったですよ。
でっかいですよ。でかすぎですよ。



エンジンのデカさとか、乗用車用の比ではありませんね。



なんて言うか、もう、これは壁ですね。



ジャガーは割と空いていたので。
Fタイプは欲しいなぁと思うものの、
やはり高いですねぇ。
ボルボも比較的空いていて、
クーペのコンセプトカーを見ていたのですが、
やっぱりこっちの方がカッコいい。





三菱車には全く興味は無かったのですが、
でも、これだけは見ておかないといけない気がしたので。
私、スマホは持っていないので、
この看板を眺めていただけです。



そう言えば、どこも綺麗なお姉さんを侍らせているなか、
MINIだけは、イケメンでした。





私的には一日あれば十分に見て回れる内容でしたが、
しかしいろいろと勉強になる楽しいイベントでした。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。