mooの雑記 FC2ブログ
バイクとか車とか アニメとかコミックとか 日記とか 妄想記とか コンピュータ関係とか 等について。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痛moto 2012 の痛単車 その3
2012年4月30日に
名古屋のバイクセブンで開催された
痛moto 2012にいた痛単車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があればご連絡を。













































続きはまた今度。
スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

カタログ買わなきゃ!
この時期にカタログといえばあれしかないでしょう?
まだ発売されていませんが、
予約は受け付けているようですね。



カタログの発売が近づくとわくわくしますね。
手元に届いたら、すみずみまでしっかり
予習しなきゃですね。
まぁ、そう言っていて、しっかりと予習ができたのは、
無職だったときくらいですが。

それはそうと、毎度どこで買おうか悩んでしまいます。
とらのあなで買うことが一番多いのですが、
おまけが気に入らない時は他で買います。
ただでもらえるおまけ……とは言っても、
処分に困るものなので、
ただでも欲しくないものは要らないのです。
かと言って、得点目当てに他のショップを
探すわけでもないんですけれどね。
探したり、通販で個人情報を新規に入力したりするのが
面倒なので。

なので、今回は家にいながら届くのを
待っていられるアマゾンか、
近所のアニメイトのどちらかで買います。
どちらにするかはまだ決めていませんが。
幸いにして売り切れる心配がないので
焦ることはないのですが。
まぁ、うめ先生が表紙を書いたときは、
品薄になったという話も聞きますが。

ちなみに私は冊子派です。
DVD-ROM版は買ったことがありません。
冊子は重いけれど、でもいつでもどこでも
見られるのがいいですよね。
手軽に、とはいかないですが。
ひょっとしたら、スマートフォンとかでも
カタログが見れたりするのかなぁ?
持ってないから関係ないけれど。

ところで、企業ブース用のカタログが
無料で手に入るようなのですが、
こちらは配布後1,2日程でなくなるようです。
配布はDVD-ROM版カタログの配布日
前後数日以内。お店によって多少異なるようです。
普通のカタログは高くて買えないよ!
という人は、こちらを狙ってみては?

いずれにしても、イベントにいくのなら、
注意事項くらいには目を通しておきましょうね。
公式サイトにも記載されていますから。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

痛moto 2012 の痛単車 その2
2012年4月30日に
名古屋のバイクセブンで開催された
痛moto 2012にいた痛単車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があればご連絡を。



































続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

V60の不満なところ
洗車をしていて、いつも不満に思うんです。
それがフロントグリル部分。
メッキ加工された樹脂パーツが
埋め込んでありますよね。
私、あれの質感がとても気に入らないのです。
洗おうと少し力を入れると
しなるし、やっぱり質感が安っぽすぎる。
まるでおもちゃの様。

実物は見たことがないので、
噂で聞いただけの話ですが、
V60の何倍もするような高級な車のそれは、
アルミか何かの削りだしパーツを使っていて、
まさに高級な作りになっているそうで。

そんなところに金属部品を使ったら、
重量が増えるんではなかろうか?
明らかに無駄に運動性能を低下させる
要因である、
とは思うものの、しかしケチの付けようのない
質感なのでしょう。
一度は所有してみたいものですね、
その高級車とやらを。

あと、ステアリング部に付いている、
ぴかぴかのアイアンマークも邪魔ですよね。
あれって、太陽を背に走っているとき、
あれに光が反射して眩しくないですか?

テーマ: - ジャンル:車・バイク

痛moto 2012 の痛単車 その1
2012年4月30日に
名古屋のバイクセブンで開催された
痛moto 2012にいた痛単車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があればご連絡を。

痛単車と言っておきながら
いきなり痛車ですが。
この痛車一見普痛に見えますが、
実はとんでもないカスタムが施されているんです。









ただのきゅうべえだと侮ってはなりません。
ちょっと中を覗いてみましょう。








何か出ていますね。
何に使うかはきっと想像がつくでしょう。
でも、まさかそんなことがあるわけがない、
こんな車でそんなことが……
と思っていたら、そのまさかなんです。










入れちゃったのはれっきとした大型バイクです。
それがこれです。














この車、ファンカーゴ。
HONDA x TOYOTA
そんな光景でした。
ただし、ファンカーゴの後継のラクティスは
根性が足りないので無理だという噂です。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

今年も鳥人間コンテストに行こう
今年の鳥人間コンテスト
7/28(土)と29(日)に彦根城近くのいつもの場所で
開催されるようですね。

時間はまだ発表されていないようですが、
どうせまた6時開会式とか、
そんなスケジュールなんでしょう。
私の苦手な早朝イベントです。
毎年、9時か10時くらいにかろうじて到着できて
昼過ぎまで見て帰るのがパターンですが。
いつもその時間だと臨時駐車場がぎりぎりなんです。
あまり広くないからほぼ満車。
今年も駅から臨時バスが出ているのなら、
駅周辺に止めるのも手かもしれないですね。

今年こそは……
開会式からみたいなぁと思っているところです。
もちろん、私そんな早起きは苦手ですから……
車内泊して近くに泊まり込もうかなぁ?と。
でも、真夏だから暑そうかも……
寝れないかも……という不安があるものの、
でもやっぱり開会式から見てみたいです。

寝る所は会場から8km程のところにある
近江母の郷
にしようかと計画中です。

去年のはこんな感じ

カメラは35mm換算の焦点距離で500mm以上あれば、
わりと撮れるんじゃないかと思います。

あとは、日焼け対策が必須ですね。
晴れると強烈に暑いです。
あぁ、琵琶湖に浸かって観戦、と言う手なら
空いていて気持ちいいかもしれませんね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

第8回Team痛車Racing走行会の痛車 その10
2012年4月29日に
岐阜県のYZサーキットで開催された
第8回Team痛車Racing走行会にいた
痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があればご連絡を。





























第8回Team痛車Racing走行会の痛車
の写真はこれで最後です。
次回は、痛moto 2012の写真を載せる予定です。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

500kmを一般道で走ったらどれくらいかかる?
7月に埼玉で行われるオートジャンボリーに
行くために、500km程走るわけですが。
節約のために一般道を走って行こうかな?
と計画しているところです。

でもどれくらいの時間がかかるのか、
検討がつきません。
経験上、100kmを一般道で走るのに
2,3時間かかります。
500kmなら、単純計算で
10時間から15時間かかることになります。
グーグルマップのルート案内で表示される時間も、
大きく外れていないのでそれなりに当てになると
思っています。
それに依ると、12時間程度かかるそうです。
高速道を走っていくと6,7時間程度でしょうか。
だいたい倍くらいの時間がかかる計算ですが、
実際にどれくらいかかるかは
走ってみないとさっぱりですね。

高速料金は深夜割引を利用してざっくり6000円程度。
ただし一般道を走ると高速よりも
燃費が悪化するので
節約できる費用は大雑把に5000円程度。
6時間で5000円の節約……
あまり魅力的な金額じゃないですね。
別に運転が苦痛ではないので
まったく構わないのですが。

でも、さすがに帰りは高速使います。
なぜって。翌日岐阜で「これぱ!」があるので、
それの写真も撮りにいくからです。

でも、500kmの一般道走行が
苦痛にならなければ、
これからどんどん関東のイベントに
遊びに行く頻度が増えるかもです。
収入はそう簡単に増えないけれど、
有給はきっちり消化しないと怒られますからね。
お金はないけれど、休みならあるのです。

こんな事をやろうという気になるのも
アダプティブ・クルーズ・コントロールが
非常に便利だからです。
車を買う際は是非装着をお薦めします。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

第8回Team痛車Racing走行会の痛車 その9
2012年4月29日に
岐阜県のYZサーキットで開催された
第8回Team痛車Racing走行会にいた
痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があればご連絡を。


































続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

プラズマクラスター!
シャープの車載用プラズマクラスター
イオン発生機が気になっています。
って言うか、欲しいです。

色は赤の他に黒とシルバーがあるようですが、
私は赤が良いです。

気になっているのが消臭効果で。
芳香剤は嫌いですが、
消臭剤なら使っても良いのですが……
このデザインがちょっと気に入ってしまって。
まぁ、値段的には、実物を手に取るときっと
がっかりな質感でしょう。
安っぽい樹脂性、撫でまわすと剥げる塗装、
きっとそんな感じがします。
まぁ、そこには目を瞑るとして、
やっぱり消臭機能が欲しいです。

まぁ、匂うのなら匂いの元をたつのが
鉄則であるわけですが。
それに加えてもやっぱり消臭機能があると
うれしいなぁと。

ただ、必需品ではないだけに、
どうしても購入に踏み切れないでいるんです。
実際、今のところ気になる程
匂いがあるわけでもないので。
まぁ、気にならないのはオーナーだけ、
かもしれませんけれどね。
8千円程度は、ちょっと悩んでしまう価格です。

あぁ、そう言えばエアコンフィルターも定期的に
交換しなきゃですね。
エアコン付きの車なんて初めてだから、
そんな習慣はなかったよ。

テーマ: - ジャンル:車・バイク

第8回Team痛車Racing走行会の痛車 その8
2012年4月29日に
岐阜県のYZサーキットで開催された
第8回Team痛車Racing走行会にいた
痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があればご連絡を。
































続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

サークル駐車場の申込完了
夏コミのサークル駐車場の
申込に行ってきました。
受付期間が短いので
早く行かなきゃですからね。
〆切までで今日が最後の日曜日。

でも郵便局に行ったら振込用紙がない……。
普通こういうのって、カウンターのところに
置いてあるものじゃないのかなぁ?
とおもって探してみても置いていない。
しかたなく郵便受けつけの窓口に行って
振込用紙が欲しいんですけど、
って言ったら、無理だって。
そっちのエリアはセキュリティが作動しているから
取りにいくこともできないってさ。
だから平日に出直してくれって、
ふざけたことを言いますよね。
サラリーマンは普通その時間は仕事中ですけど?
まぁ、窓口の人にそんな文句を言っても
しかたない事ですが。
せめて振込用紙を外に出しておいてくれるだけで
いいのにさ。
しかたがないので別の郵便局に行ったら、
ちゃんと置いてありましたよ。
それで無事振込。

駐車料金2500円って、こんなに安かったかな?
前は4000円くらい払ったような気がするのですが……
記憶違いでしょうか?
まぁ、安いのはいいことですが。

ところで、いつも一緒にコミケにいく同士が、
何やら初日は仕事休めないかも、
なんて事を言っていて、さてどうしたものかなぁと。
え?お盆休みの前に二日も有給取るの?
的な事を言われつつも、
お盆休みなんて関係ないんです、
その日は宗教上の都合で休まなければならないんです!
と押し切って私は無事休みが取れました。
冬コミはやっぱり大掃除があるんだけど?
と文句を言われる中、宗教上の理由ですから!
とまた押し切るつもりですが。
いざと言うときはまた一人で下道走って行くかなぁ?
高速代、もったいないし。
しかし、さすがに一人で12時間も走りつづけるのは退屈かも。
高速を走っていれば同士の駆る痛車を
何台も見られるんですけれどね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

第8回Team痛車Racing走行会の痛車 その7
2012年4月29日に
岐阜県のYZサーキットで開催された
第8回Team痛車Racing走行会にいた
痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があればご連絡を。


































続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

新型レガシーはすごいですね
スバルの新型のレガシーはすごいですね。
何がすごいって1.6トンもの車重、
300ps/40.8kgを発揮する
2Lのターボエンジン。
それなのに、13.2km/l(10・15)という低燃費。
すごいです。

燃費だけで見ると、
V60の1.6Lターボと遜色ないですね。
ただ、……CVTってどうなんだろう?
MTが無くなったのはまぁ、車の性格を考えれば
当然かもしれませんが、
でも、ミッションは有段の方が私は好きです。

アイサイトは是非とも付けておきたいところ。
アイドリングストップも羨ましくなる機能ですね。

でも、やっぱりデザインがどうしても好きになれない…。

新型はいろいろ進化しているんだと、
解説してくれているサイトを見る程に思うのだけれど……
確かにメカニズムやその進化は素晴らしいのだろうけれど……
でも車として大事なのは一つ一つの要素技術ではなくて、
それを如何にまとめ上げて一つの車として
完成させるか、って事だと思うんですよね。

さて、それが良い車なのかどうかは
乗ってみないとわからないはずです。
旧型はとろいインプレッサみたいな車だなぁと
試乗したときに感じたのですが、
新型はどうなんでしょう?
同じメーカーの作る車だから乗り味が似てくるのは
当然なのかもしれませんが……
でもやっぱりWRX STIとレガシーはもっと全然
別の車であるべきだと思うんですよね。
だって、インプレッサオーナー的には、
でかくて鈍重なインプレッサみたいなレガシーに
乗るのは嫌じゃないですか?
そんなのに我慢して乗ってもちっとも嬉しくない。
レガシーにはインプレッサとは違う、
レガシーの味わいがないと嫌なんですよね。

まぁ、スバルの乗り味を極端に尖らせた車が
WRX STIなのだから、他のスバル車が
ただのとろくさいだけの車に感じてしまうのは
しかたがないことなのかもしれませんね。

テーマ: - ジャンル:車・バイク

第8回Team痛車Racing走行会の痛車 その6
2012年4月29日に
岐阜県のYZサーキットで開催された
第8回Team痛車Racing走行会にいた
痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があればご連絡を。





































続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

のび太の癖に生意気だぞ!
怒られた。
のび太の癖に生意気だぞ!って怒られた。

のび太たの言うのは
人類の底辺を為すべく作り上げられた
最低スペックの、永遠に小学五年生の
呪われた宿命を背負わされた、人。
哀れのあまり天がドラえもんという
時空を超越した奇跡を与える程の
無能な生命体であることは、
もはや日本人の常識であるといっても
過言ではないでしょう。

あろう事か、私の事を「のびちゃん」
と呼ぶ人がいるのです。
あれ?ひょっとして私は虐められているのだろうか?
と思ったけれど、まぁ気にしない。
だって、のび太はまたとても素晴らしい人だからです。
人の幸せを願い、人の不幸に涙できる、
私にはない温かい心を持った素晴らしい人です。
だから、まぁ、必ずしも悪い意味ではないのだと。

「だって、『のびちゃん』って可愛いじゃない?」
と言うのがその理由らしいのだけれど、
まぁ確かにのび太は可愛い少年だと思うのだけれど……
しかしこの年になって可愛いなどと言われようとは思わなかった。

さて、どんな話からであったか、
「それじゃあのび太くんがジャイ子ちゃんと
つき合ってあげればいいじゃないか」と
冗談を振られたのです。
実写版ジャイ子は大人になると美人になっているようですが、
しかし中学生ですらもはやおばさんと呼ばれる昨今、
ロリコンである私にとって16才がいわゆる賞味期限であって、
バツイチともなれば核廃棄物に匹敵する程の
疎ましい存在であるわけです。
「僕にはしずかちゃんがいるから」
と言ったらジャイ子はたいそう不機嫌な顔をするのです。

そうしたら仕事中もご機嫌が回復せず、
話しかけてもずいぶんと素っ気ない答えしか
返ってこなくなったと思っていたら、
怒られてしまったのです。
「のび太の癖に生意気だぞぉ!」って。
私が、悪いのですか?

しかし、ロリコンであるはずの私でさえ、
リアルな中高生の言動のあまりの幼稚さに
辟易する今日この頃。
私もおじさんになりつつあるのですね。
その若くみずみずしく張りのある肉体という魅力さえも、
完全に色褪せて見える程に青い。
幼いのは肉体だけで十分なのである。
それに比べると二次元の中高生の
肉体と精神のバランスが非常に素晴らしく、
私はそこに萌を感じる。
故に私はまだまだ二次元から抜け出すことはなさそうなのである。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

第8回Team痛車Racing走行会の痛車 その5
2012年4月29日に
岐阜県のYZサーキットで開催された
第8回Team痛車Racing走行会にいた
痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があればご連絡を。






























続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

さらなる快眠仕様へ
先日の車内泊での具合について。

今回は、耳栓、アイマスク、
カーテンを導入しました。

耳栓は、効果抜群でした。
車外の騒音がかなり遮断されます。
締め切った車の中でも、近くの道路を走る車の騒音や、
近くにいる車の音が気になることがあったのですが、
それが気にならなくなりました。
さすがに、マフラーをいじっている煩い車の音は
聞こえてきましたが。
難点をあげるなら、一晩付けていると
ちょっと痛いかも……。
慣れの問題でしょうか?


アイマスクも効果は高かったです。
まぁ、買ったものが少し変わったものなのですが。
アイマスクに開いたピンホールで
目の疲れを癒しましょう、的な謳い文句のものです。
疲れが癒されたのかどうかの効果は
よくわかりませんが……
ただ、ピンホールから覗くと眼鏡で矯正していないのに、
確かに遠くが見えるようになりますね。
まぁ、それだけですが。
特段この商品が素晴らしいと言うわけではないのですが、
むしろピンホールの分値段が高くなっているのでは?
と思ってしまうところではあります。
完全に真っ暗にはなりませんが、
十分に光を遮断してくれるおかげで、
窓から差し込む朝日が眩しくて眠れない、
なんて問題は解決しました。
ただ、着け心地はいまいちですね。
一晩着けていられず途中で外してしまったくらいなので。
朝日が眩しいので、止むなく再装着。

ただ、この金額を払うのなら、
普通のアイマスクでも良かったかもしれませんね。
これとか。
これなら、付け心地は良かったのかも、
と今さら思うのですが……。


カーテン。
これはとても良かったです。
窓から差し込む直射日光が暑くて寝ていられない!
という問題を解決するために、
直射日光を遮る目的で買ったものです。

朝日の差し込む東側の窓だけに装着したのですが、
問題は解決しました。
薄手なので畳んでも嵩張らない点が良いですね。
窓への固定も吸盤が5個着いているので
わりとしっかり固定できます。
上側に3つ、下側に2つ付いています。
大きさ的には、V60の後席の窓からリアハッチまでの
側面の窓を完全に覆うには少し足りませんでしたが。
ただ、アイマスクを買い替えるよりも、
これをあと二つ買って、遮光した方が快適に眠れるかも、
と思っているところです。

あとは……マットの寝心地にまだ不満があるくらいでしょうか。
やっぱりベッドで寝ているのに比べると少し劣ってしまうので…。
それと、これから暑くなるので、
暑さ対策も考えないといけませんね。
次回は7/6, 7に予定しているので。

テーマ: - ジャンル:車・バイク

第8回Team痛車Racing走行会の痛車 その4
2012年4月29日に
岐阜県のYZサーキットで開催された
第8回Team痛車Racing走行会にいた
痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があればご連絡を。
































続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

第3回 コスプレ 痛車フェスティバル in ATC南港に行ってきました
第3回 コスプレ 痛車フェスティバル in ATC南港
に行ってきました。
またいつもの様に写真撮ってきたわけですが。
いずれブログに載せる予定ですが、
載せていない写真が山ほどあるので、
きっと数ヶ月後になることでしょう。
今回は300毎程度。
やっぱり1日で撮影できるのは
100台程度ですかね。
それ以上は時間的、体力的、気力的に
厳しいですね。
なので、今回も全車の撮影はできませんでしたが。

今回はまた気合いの入った痛車をいろいろ見れて、
楽しかったですよ。
まぁ、さすがに中部・関西のイベントばかり行っていると、
半分くらいは見たことのある車だったりするんですけれどね。
それでも新しい表現をする痛車が増えているのだから、
痛車文化はまだまだ安泰ですね。
さて、次回は久しぶりに関東のイベントにいきます。
オートジャンボリーです。

片道500kmくらい。
一般道を走って行ってみようかな?
という私的にも新しい試みです。
ちなみに翌日は岐阜のこれぱ!に行く予定なので、
少しばかりきついスケジュールです。
関東に行ったら、まだ見たことのない
痛車がいっぱい見れるかな?
と楽しみにしているところです。

今日見ていて一番気になったのは、
ブルーローズ仕様の痛車でしょうか。
何が気になったかって、メッキシートですよ。
鏡面の様にぴかぴか反射するシートが
とても気になってしまって。
あれ、私の車にも、赤いメッキシートで
フルラッピングしてみたいなぁ、
なんて思ってしまう程。

あぁ、あとコスプレしたお嬢さんたちが
眺められて目の保養になりました。
こちらは、ちっとも写真撮っていませんが。

次回までにもう少し快適車内泊仕様に
しておかなきゃ。
あと、脚立を載せる方法を考えておかなきゃ。
脚立のせいで寝るスペースが狭くなってしまった。
なんとかしなきゃ、クーラーボックスが積めない。
2泊分の荷物が積めない。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

第8回Team痛車Racing走行会の痛車 その3
2012年4月29日に
岐阜県のYZサーキットで開催された
第8回Team痛車Racing走行会にいた
痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があればご連絡を。



































続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

敬語のすすめ
隣の席に研修中の新入社員の子が
座っているのですが、
その子がまた敬語が使えない子なのです。
高卒なのかな?と思ったら、
4大卒だった。一体どこの学校?
と気になってしまう程……。
しかし、思えば私もその頃は満足に敬語が
使えなかったような気もします。
そう言えば勉強したのは
社会人になってからだったかな?
敬語は良いものだと思います。
敬語なんて使えなくても、
なんとかなるのかもしれませんが、
敬語はとても良いものなので是非
学んでほしいと私は思うんです。

敬語は、相手を一人の人として尊重し
敬意を表する思想なのだと私は思っています。
目上だとか、目下だとか、
そんなことではないと思うんです。
社会にでればいろんな人がいるわけです。
年上がいれば年下もいる。
先輩がいれば後輩もいる。
4大卒で入社したら、
高卒で3年間その会社で働いていた人は
年下なのに先輩になる。
1,2浪くらいして超有名国立大学・大学院卒の
人だって、同じ年に入社すれば
ずいぶんと年上でも同期になる。
中途で入ってくる人だって入れば、
親兄弟よりも年上の人だっている。
自分が生まれるよりも前からその仕事一筋の
ベテランだっている。
学歴も様々、価値観も様々。
外国人がいたってちっとも不思議じゃない。
年下の上司、年上の部下、なんて関係も
珍しいことではないはず。

会社の外に目を向ければ、
各々の専門分野で力を発揮して
社会を支えている。
社会人になるということは、
そういう社会の一員に加わると言うことだと思います。

それぞれの技能・個性・価値観・文化・そのほか諸々を
尊重し相手を一人の人間として敬意を表することが、
敬語なのだと思います。
別に正しく敬語が使えなくても大抵の職業では
問題にならないはずです。
そんなことよりも大切なのは、
相手を敬う気持ち。気持ちなんです。
敬語を学というのは、
そういう思想を学ぶことだと私は思っています。
敬語なんて難しいものではありません。
できないのだとすれば、やる気がないだけです。

私の経験的には、
敬語が使えない人は例外なく、
相手を敬う精神が欠如しているように思えてなりません。

なので、私は是非敬語を学んでほしいと思うんです。
別に上手に使いこなす必要はないんです。
大抵の職業では、足りない部分は気持ちでカバーできるはずですから。

さて、あの子は敬語を学ぼうと
いう気になってくれるのだろうかなぁ?

テーマ:日記 - ジャンル:日記

第8回Team痛車Racing走行会の痛車 その2
2012年4月29日に
岐阜県のYZサーキットで開催された
第8回Team痛車Racing走行会にいた
痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があればご連絡を。






























続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

カーナビで動画を見る
V60の純正ナビは
DivXフォーマットの動画を再生してくれます。
DVDも再生できるものの、
やっぱりディスクの交換が不便なんですよね。
DivXの動画ならUSBメモリに入れておくだけで、
交換の手間がかからず便利。
まぁ、DVDと比べて読み込みに若干時間がかかるとか、
チャプターの選択ができないとか、
ちょっと不便なところがあるものの……
しかし、やっぱりディスク交換の手間から
開放されるのは大きなメリットです。
ましてや、運転中ではますます交換しにくいですからね。

そんなわけで、DivX ProとMPEG2 Plug-inを
買ってしまいました。
約3千円。
これで動画をDivXに変換できちゃいます。

まずはDVDの中身をパソコンにコピーします。
DVD Decrypterという
フリーソフトが非常に優秀です。
IFOモードで1話ずつ読み込むと良いんじゃないかと思います。

それから、VOBファイルをDivXフォーマットに変換。
USBメモリに入れてV60に差し込めば、
ナビで見れるようになるわけです。

ただ……持っているUSBメモリが、
4GBとかなので、もっと大容量のものじゃないと
不便ですね。
近々買い足そうかと思います。

これで車内泊で時間が空いたときも退屈しなくなります。
渋滞がちっとも恐くなくなります。
動画再生機能は、渋滞対策に非常に有効ですね。
確か、時速8km/h以上だと画面が表示されないはずなので、
動くな、もっとゆっくり進め!と思ってしまう程。
渋滞にはまる機会が多いのなら、ちょっとくらい高くても、
動画が見られる方がお薦めです。
もちろん、よそ見は危ないのですが、
こんな時にもACCが非常に役に立ちますね。

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

第8回Team痛車Racing走行会の痛車 その1
2012年4月29日に
岐阜県のYZサーキットで開催された
第8回Team痛車Racing走行会にいた
痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があればご連絡を。


































続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

オフロード車が欲しい
最近、オフロード車が気になります。
欲しいです。
先日普通の車では走破が困難な道に
突っ込んでしまって以来、
こんな道でも難なく走破できる車が欲しいなぁと
思うようになってしまったんです。

今まではオフロード車なんてさ、
日本のどこを走ろうっていうのさ?
こんな舗装路ばかりの国では、
ただの雰囲気だけの車で、
かっこわるいとさえ思っていたんですけれどね。

ただ、現代の日本であっても、
そのような車でないと走れない道がある、
そんな道を走る楽しみがある、
と知ってから、急に興味が湧いてきた次第です。
雰囲気だけで舗装路しか走ったことのない
オフロード車はこの上なくカッコ悪いと思うのですが、
道を外れ道なき道を突き進もうという
オフロード車の勇ましさには憧れすら感じます。

そんなわけで、最近気になっているのが、
トヨタのFJクルーザーとか。
ランドクルーザーはオフロードを楽しむ車というよりも、
オフロードであっても快適に移動できる車、
という感じがして私の趣味ではないのです。
オフロードで遊ぶ車といえば、
やっぱりFJクルーザーかなと。
デザイン的にもランドクルーザーなんかよりも、
こっちの方が大好きです。
価格も、300万円程度からと、
比較的手が出しやすいですしね。
観音開きドアも面白そうじゃないですか。
まさに遊ぶための車って感じで好きです。
あと、トヨタのG-BOOKは羨ましい。
ただ、4Lもの排気量はちょっと税金が高そう…。

もう一つ気になっているのが、
JEEPのWrangler。
このデザインもとても大好きです。
お値段も368万円からと比較的お手頃で。
オフロード走破性能は言うに及ばず。
屋根はもちろん、ドアまで外せてしまうのが
面白いですよね。
オープンエアも楽しめる。
ドアまではずしてどうするの?なんて
無粋な事を言っていちゃあいけない。
より解放感が楽しめるじゃないですか。
そもそも、機能的必然よりも、
遊び心があるくらいの方が車として魅力的。
あと、一番すごいと思ったのが、
車内を水洗いできること。
このダイナミックさがアメリカ車の魅力でしょうか。
これなら車内の汚れも気にせず、存分に遊べますね。

ただ、どちらの車も大きい。
全幅が広すぎるんです。
日本の狭い酷道や林道を走るには、
あまりに大きすぎます。
通行に難儀するどころか、
通行不能な道もあるかもしれないくらいです。
そうなってくると、
スズキのジムニーが最適な選択肢になるのですが……
オフロード走行性能は素晴らしいのですが、
ちょっと魅力にかけますよねぇ……。
オフロード走行を楽しんでいるときは
気にならないかもしれませんが、
それ以外の時は軽自動車の短所が
気になってしかたがありません。
舗装路の高速長距離移動とか、
デザインとか、内装の安っぽさとか。
まぁ、金額も維持費も修理費も安上がりという
経済的な大きなメリットはありますが……。

まぁ、今すぐにというわけではないのですけれどね。

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

萌車オフin伊賀上野#5の痛車 その9
2012年4月15日に
三重県の伊賀上野で開催された
萌車オフin伊賀上野#5に参加していた
痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があればご連絡を。



















おまけ。
伊賀上野城の桜はきれいでした。
ちょうど花見客が多い時期に
開催されていたイベントです。


手裏剣・忍者本って……何?
ずいぶんとマニアックなものを取り扱っている本屋ですね。



萌車オフin伊賀上野#5の写真はこれで全部です。
次回からは別のイベントの写真を載せていきます。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

後部座席外しちゃった
インプレッサの話です。
後部座席、外しちゃいました。
目的は減量のため。

インプレッサ一台しか持っていなかった頃は、
後部座席がなくなると困ることもあるので、
取り外さなかったのですが、
V60を買った今となっては、
インプレッサに人を乗せる必要もなくなったので。

後部座席の重量はどれくらいかな?
持ってみた感じでは数kgから、
せいぜい10kg程度かな?
外して運動性能的に何か違いを感じるか?
と言われると、正直さっぱりとわかりません。
私はまだまだ練習中の未熟者ですから、
車の動きが変わったといっても、
車が変わったのか、あるいは私の運転が変わったのか、
区別が付きません。

ただ、騒音がめちゃくちゃ大きくなりました。
インプレッサの後部座席は実に粗末なもので、
座席の形状に成形したスポンジをボディの鉄板の上に
乗せているだけです。
でも、スポンジには吸音効果があったようですね。
外したらびっくりするくらいうるさいです。
後輪が路面の砂を巻き上げてボディに叩きつけられる音が
ばちばちと響きます。
燃料ポンプの作動音と思しき高音が
ずっと聞こえています。
一番うるさかったのは、インタークーラースプレーの
モーターの作動音ですね。
今までは微かにしか聞こえなかった作動音なのですが、
ギュィーインとはっきり聞こえます。
がんがんアクセル踏んでいても聞こえるのだから、
相当大きな音です。

次は、ボディの補強でもしようかなぁ?
ロールケージでもいれてみようかなぁ?

それにしても、こういう車はしっかりと
アクセルを踏まないとダメですね。
4000rpmくらい回すと、動きが変わりますね。
ビシッと安定性が増す感じです。
もともと、安定性の高いAWDであるはずなのに、
それでも低回転域ではふらふらしているように
感じてしまう程、安定性が増しますね。
特にコーナーの安定性が素晴らしい。
もう何も恐くない、ってくらい。
車は本当に奥が深いですね。
乗れば乗る程に新しい発見がある気がします。
まだまだのりこなすと言うには遠く及ばない、
だから私はまだ練習中。
いつかは華麗に乗りこなせるようになりたいものです。

テーマ: - ジャンル:車・バイク

萌車オフin伊賀上野#5の痛車 その8
2012年4月15日に
三重県の伊賀上野で開催された
萌車オフin伊賀上野#5に参加していた
痛車の写真です。
例によって例のごとく勝手に撮影した写真が
ほとんどなので不都合があればご連絡を。
































続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

林道恐い
このブログをいつも見ていてくださる方ならば、
私が変な道を見るけると突っ込んでみたくなる
変態の類であることはお察しいただけていることと
思いますが。

滋賀県道34号線を走っていたら、
脇に、その険道よりもさらに面白そうな道を
見つけてしまったのです。
それが林道。
広域林道である三国越林道しか走ったことのない
私たちは完全に林道をなめていました。
面白そうじゃん、行ってみようよ、と。



ただの細いだけの道かと思っていたら、
舗装がなくなり、砂利路に……。
まぁ、砂利路でもゆっくり走れば大丈夫だよ。
どうせ数km程度の事でしょう?と
進んでしまった。
すると、二度現れた舗装区間。
これで大丈夫。きっと難所区間は乗り越えたんだよ、
と安心しきっている様子。



道は汚いけれど、舗装されているなら大丈夫、
と思っていたのだけれど……。



二度なくなる舗装。
砂利路と呼びがたい大きさの石、
と言うよりも岩がごろごろと現れ始めました。
崖っぷちなのにもちろんガードレールもなく……
万が一にも対向車が来たらどうすれば?
と不安になるほどの道の狭さ。



1時間くらい走っただろうか?
それでも延々と続く未舗装路。
本格的に巨大な岩が道端に転がっている……。
当然携帯は圏外。
尖った岩でも踏んで万が一パンクしたら
遭難かも……という不安が頭をよぎる。
果してJAFがこんな所まで救援にきてくれるのだろうか?
そもそもどうやって連絡すれば?



なかなかの良い眺め。
しかし、それは道を外せば復帰は絶望的ということを
意味している。
一見道幅には余裕がありそうに見えるが、
路肩が崩れる恐れがある事を考えると、
走れる道は非常に狭い。
こんなところで対向車とのすれ違いなど御免被りたい。



ところで、この道って一体いつまで続くんだろう?
この道はどこに通じているんだろう?
って言うか、私たちは一体どこに行こうというのだろう?
日没を迎える前に通り抜けないと
危険なんじゃないだろうか?と不安が頭をよぎる。



その時、前方から一台のバイクが走ってきた。
まさか!!
こんな道で対向車に出くわすなんて!
しかし、対向車がいるということは、
この道はどこかに通じているはず……
だけれど、この車で本当に走りきれるだろうか?
だって、対向車はオフロードバイクだったから。
道の端に止まって譲ってくれるバイク。
すれ違いざまに聞いてみた。
「この道ってどこに通じているんですか?」
「行き止まりだよ」
それを聞いて、引き返すことを決意した。
そして、彼はどうしてそんな道を走っていたのか?
きっと私たちと同じ類の変態さんなのだろう。

だが、本当の恐怖は帰り道だった。
延々と続くのぼり道を引き返すと、
延々と下ることになる。
のぼりでは非力な軽自動車ではスピードの
出しようがないけれど、
下りは気を抜くとスピードがでる。
荒れた道が車体を揺さぶる。
そして、登るときには聞こえなかった異音が
車内に響きわたる。
キィィと金属が擦れる音。
瞬時にボディの底が岩に擦れたのだと思った。
肝が冷える。
こんなところで車両トラブルなんて考えたくもない。
仕方なく、下りは危なそうな石を一つずつ排除しながら、
ゆっくりゆっくりと下っていきました。

県道34号線に戻ったときは、
そこがとてもとても快適な道路に思えてなりませんでした。
でも、こんな道二度と走りたくないか?
と言えば全くそんなことはないのですよ。
また、走りたい。
今度こそ、行き止まりまで走破してみたい!
と思うと、ジムニーが欲しくなってしまうんです。
酷い道ほど萌えるじゃないですか?
それが私の変態たる所以なのかもしれません。

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。