mooの雑記 FC2ブログ
バイクとか車とか アニメとかコミックとか 日記とか 妄想記とか コンピュータ関係とか 等について。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青山高原道路ドライブ
ついに、青山高原道路へドライブしてきました。
3回目にして、ようやくたどり着けました。

道は以前車載動の記事で動画を撮影した場所です。

ポイントは風力発電の風車が建ち並んでいる光景です。
この動画の辺りの景色はきれいでしたが……
それまでの道中、崖崩れで道路が片側落ちていたり、
積もった雪の除雪が車一台分しかされていなかったり、
溶け残った雪が凍り付いていたりで
一部難儀する区間もありました。

今回、5D mk2は動画撮影に使用していたので、
SigmaのDP1xで撮影です。

高原と言うだけあって、眺めは良いですね。



晴れていればよかったのに。
寒すぎて写真撮るのも辛かったです。



雪が解けた頃に、リベンジしにきます。



この日は寒い日でした。
でも、滋賀は寒くても、
隣の三重は気温が数度くらい高くて温かい、
なんて事が良くあったのですが……
三重に入っても滋賀と変わらないくらいの気温でした。
3度前後。
青山高原と言うだけあって、標高が高いところです。
登っていくにつれ、気温が下がり、
ついには氷点下に……
気温-3度。寒いです。もちろん車の中は快適そのものなのですが、
写真を撮ろうと車から降りると寒いこと寒いこと……。
手とか耳とか痛くて辛くて長く外に出ていられません。
風も強いし、吹雪始めるしで……。

まぁ、雪が溶け残って凍り付いているといっても、
少しだけなので、気を付ければ普通に走れました。
コーナーならスピード控えめに。
下りなら、あらかじめ減速をして。
登りなら、あらかじめ勢いを付けておいて。
スタッドレスでなくても
ステアリングを真直にしながら普通に
通り抜けられていたのですが……。
どういうわけか、前の車がのぼりでものすごく減速するんですよ。
止まっちゃうくらい減速するんですよ。
困るんですよね。もちろんつられて私も減速。
加速しようとアクセルを踏んだらタイヤが空転する!
まぁ、雪が積もればタイヤが滑るなんて珍しくないことですが、
今回は空転が収まらない……。
トラクションコントロールが介入してアクセルをしぼっても、
グリップが回復しない……
つまり、登らないんですよ!
あれ?まずいよ、これって坂の途中で立往生ってやつ?
まぁ、のぼりだし、FFだし、仕方がないのかも知れませんね。
インプレッサならこんなことならないんだけどなぁ……。
でも幸い対向車線は比較的雪が解けていたので、
どうにか斜線をはみだして脱出できました。
変なところで減速しなければ、
普通に駆け登れたのになぁ……迷惑ですよ。
スポンサーサイト

テーマ:ドライブ - ジャンル:車・バイク

車載動画に再挑戦
以前も車載動画を撮ろうと挑戦していたのですが、
どうにもうまく撮れずに諦めてしまっていたのですが、
今回再挑戦しました。

カメラを車のどこにどうやって取り付けるか?
という問題がまず立ちはだかります。
以前は後部座席に三脚を立てて、
シートベルトで固定して撮影していました。
まぁ、結構安定しているのですが、
絵的にいまいちです。
後部座席からの前方の眺めなのですから、
あまり良いはずがありません。

そこで、今回は新しいアイテムを導入しました。
Delkin FAT GECKOと言うカメラステーです。
吸盤式なので手軽に取り付けられます。
吸盤が二つ付いていて2.7kgまでのカメラが取り付けられます。



これをV60の助手席側に取り付け。
フロントガラスの上部20%の領域は法的にも
取り付けOKの場初なので、そこにくっつけました。
Canon EOS 5D mk2 + Canon EF 24-70mm F2.8L
を取り付けての撮影です。
このカメラ、結構重量があるので、
大丈夫かなぁ?と少し心配だったのですが、
普通に走る分には全く問題ありませんでした。

このステーの難点は、
ボールジョイント固定用の螺を
指が痛くなるくらいしっかりと締め付けないと、
カメラが動いてしまう点です。
吸盤はレバーで簡単に固定できるのに……
ボールジョイントの固定方法は残念なとろこですね。

ま、今日は試し撮りということで、こんな絵が撮れました。


ステーが振動を増幅してしまって見にくい動画に
なってしまったのが非常に残念です。
単焦点の軽くて短いレンズで、手ブレ補正機能が付いていれば
もっとましな絵になるかもしれませんが、
そんな予算はありません。
なんとかしないと使いものにならないですね。
今度はもうちょっと取付方法を工夫してみます。
あと、車載動画で残念なのが、前しか撮れないことですね。
周囲にはもっときれいな景色が広がっているのですが、
それが映らないのは残念です。
それからBGMですね。
5D mk2にはモノラルのしょぼいマイクが付いているのですが、
とても聞けた音ではありません。
外付けのマイクを付ければそれなりの音になるようですが、
そもそも車載動画の音を録音しても面白くないような…。

5D mk2は画質は悪くないのですが、
最高解像度で録画すると、
連続録画時間が10分程度というのがネックですね。
画質を落とせば30分程度まで時間は延びますが。
でもまぁ、動画の録画機能なんて
おまけみたいなものなのだからしかたがないですね。

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

伊賀牛丼
伊賀牛を使った牛丼、食べてきました。


やっぱり肉の味が違いますね。
軟らかいけれど、脂肪ばかりの脂っこさではなくて、
噛む程に肉の味が溢れ出す感じ。
他にサラダとお味噌汁とお漬物がついて、
871円です。
安くて早いのが売りの牛丼とはやはり一味違います。
せっかく三重にきたんだから他では食べられないものを、
と言う人は一度試してみてはどうでしょう?

お店の場所はここです。
一応駐車場もあるようです。

より大きな地図で 伊賀牛食べたい を表示

お店はここ。すきやき伊藤。


他に、もっと高価なすきやきもあります。
まぁ、ランチには高すぎるのですが…。

それにしても、食べ物をおいしそうに撮るのって難しいですね。
特に、店内という環境もますます難しい。
光が足りない。
しぼりを開くと被写界深度が浅くなりすぎるし、
しぼるとシャッタースピードが遅くなってぶれてしまう…。
まさか狭い店内に三脚持ち込むわけにもいかないし…。
スピードライト使えばよかったかな…?

次の牛丼の時にはリベンジを。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

インプレッサの車検終了
インプレッサの車検が完了しました。
今日、引き取りに行ってきました。
8万3千円くらい。点検費用込だったのかな?
普段からメンテナンスはきっちりやっているつもりなので、
車検だからといって特別メンテナンスが必要な事もなく。
まぁ、一応法定点検はやらなければいけないわけですが…。

一番心配だったのが、
内装はがしていても車検通るかな?ということでした。
聞くところに依ると、乗員保護の観点から、
人が触れるところの内装が剥がれているとまずいとか。
具体的にはドアのうち張り、
天井の内装、フルバケットシート背面の樹脂。
私の車はそれらがことごとく剥き出しなわけです。
それはもちろん軽量化のためなのですが。

でも、近所の修理工場に持っていったら、
大丈夫、大丈夫って車検通してくれました。
実は内装の問題って、法的に規制されているわけではなくて、
強制力を伴わないお上のお達しって程度なのかな?
まぁ、以前ディーラーでバケットシートの
背面剥き出しは困ります!って文句言われたから、
じゃあそんなところにはもうお世話にはなりませんよ~
と思っていたのですが、
まぁ通してくれるところは通してくれるんですね。
「で、今度はどこはがすの?」と言ってくれる社長なので、
何かの時はまたお願いしたいな~と思うわけです。

純正パーツの取り寄せも、ブレーキローターの持ち込み研磨も、
快く引き受けてくれるので、
また何かあったときは是非お願いしたいなぁと思うところです。
困ったときは工具も貸してくれるというので、
DIY派にはとても便りになる修理工場なのです。

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

痛車オフin伊賀上野2011 #2.5の痛車たち その5
2011年秋の痛車オフin伊賀上野に参加していた
痛車たちの写真です。
なにか不都合があればお知らせください。
ちなみに、時間の都合上、全台数は撮影していません。

クリックすると大きな画像で見られます。






































続きはまた今度。

テーマ:車の写真 - ジャンル:写真

加湿機ってすごいですね
この冬、加湿機を買いました。
こんなの効果あるのかな?
なんて思いながらも、どうせ買うならと、
1万円ちょっと出して買いました。

結果、買ってよかったです。
私は乾燥肌なもので、毎年冬には苦しめられていました。
手はひび割れるし、痒くてしかたがないしで、
冬は結構辛かったんです。
ところが、加湿機を使いはじめて数日がすると、
少しずつ症状が収まってきて……
1ヶ月たった今では、
肌のひび割れもかゆみも全くなく、
快適な冬を過ごしています。
今までは皮膚科に行って薬をもらったりしていたのですが、
費用も時間もばかにはならないのです。
でも、それが1万円ほどの加湿機で、
解決するなら安いものです。

4日ほど東京に旅行に行っていたときは、
少しひび割れとかが再発してきたのですが、
家に戻るとそれも収まりました。
やっぱり加湿機の効果があるみたいですね。

そんなわけで、乾燥肌とかの人には、
結構良いんじゃないかと思います。
私は、買ってよかったと思っています。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

痛車オフin伊賀上野2011 #2.5の痛車たち その4
2011年秋の痛車オフin伊賀上野に参加していた
痛車たちの写真です。
なにか不都合があればお知らせください。
ちなみに、時間の都合上、全台数は撮影していません。

クリックすると大きな画像で見られます。












































続きはまた今度。

テーマ:車の写真 - ジャンル:写真

痛車オフin伊賀上野2011 #2.5の痛車たち その3
2011年秋の痛車オフin伊賀上野に参加していた
痛車たちの写真です。
なにか不都合があればお知らせください。
ちなみに、時間の都合上、全台数は撮影していません。

クリックすると大きな画像で見られます。











































続きはまた今度。

テーマ:車の写真 - ジャンル:写真

風車のある景色を求めて
今日も風車を求めてV60を走らせてきました。
三重県に風力発電の風車が建ち並ぶ、
ドライブルートがあるらしいと聞いたので、
その写真でも撮ってみようかと思って、
出かけてきました。

残念ながら、今週も見つけられませんでしたけれど…。
まぁ、私の下調べ不足なんですけれどね。
この間行ったときは、地図を見間違えて、
検討外れのところを探していました。
でも、日が暮れてきて時間切れ。
今回は、青山高原公園道路という
名前であることはわかったのですが、
ナビに聞いてもピンポイントで
そんな道路まで案内してくれるはずもなく…。
青山高原と名のつく施設を目的地にして、
しらみつぶしに行ってみたのですが、
ついに目的の風車が見付からず今日も時間切れ。

しかたがないので家に帰ってきてWikipediaで
調べてみました。
さすがWikipedia、ちゃんと道路の始点と終点の
住所が書いてあります。
次回はそれをナビに入力してもう一度行ってみます。
こんな時、スマホがあれば、
出先からでも調べられるんでしょうけれどね。
あいにく普通の携帯なので…。

でも、ナビって便利な装備ですね。
オプションだけれど、付けてよかったです。
とっても活躍しています。
ナビがあれば知らない道でも恐れずにどんどん
出かけられますからね。
今回みたいなドライブでも、ナビがあれば恐くありません。
ドライブのお供にナビは必須ですね。
ところで、ナビの地図がそろそろ古くなってきた気がするのですが、
更新っていつできるんでしょうか?
まだ地図データは発売されていませんか?
点検のときにでもディーラーに聞いてみようっと。
できれば、第二東名も収録されていると嬉しいな。

それにしても、V60は本当に良く走りますね。
スポーツワゴンというだけの事はありますね。
アクセルを踏み込めば、とても1.6Lと思えない程の
加速をしてくれます。
まだあまりエンジンを回していないので、
アクセルレスポンスについてはよくわかりませんが、
ブレーキがとてもいいですね。
踏み込む程に、がっちりと、リニアに効く感じ。
前輪が路面に吸いつくようなフィーリングは
とても頼れますね。
さすがに低速コーナーでは車体の重さを感じてしまいますが、
高速コーナーであれば、
前輪に荷重を載せれば涼しい顔してハイペースで走れますね。
それでもまだまだ限界は高そうな感じで、
タイヤを鳴かせる程に頑張れば、結構早いんじゃないかと思います。
もっとも、そんな飛ばすような車じゃないですけれどね。
シートのホールド性が低くて、あんまり頑張る気にもなりません。
でも、いいんです。そういう車だから。
6時間運転しつづけてもちっとも疲れないのが、
この車の最大の魅力だと思います。
無駄に遠出したくなる楽しさがありますね。

そろそろ納車されて1ヶ月。
今日、走行距離が2千kmに達しました。
インプレッサよりも燃費がいいので、
頑張らないドライブにはやっぱりV60を選んでしまいます。

テーマ:ドライブ - ジャンル:車・バイク

今日も忍者バーガー
今日も忍者バーガー食べてみました。
昨日紹介したのとは別の忍者バーガーです。
丸福精肉店が伊賀忍者バーガー号で
移動販売しているものです。



買ってみました。



やっぱり某ファーストフード店のものよりも
おいしかったです。
もちろん、その分少し値段も高いですけれどね。

今回はできたてではなく、
家に持ち帰って温め直したものを食べた、
と言うことで少し風味が劣るのかもしれませんが……
私の好みで言えば、昨日の忍者バーガーの方が好きです。
出来たてという差なのか、レタスのみずみずしさも
食感も、昨日の方が好きでした。
特にパンの差が大きいように思います。
どちらか、といわれれば私は昨日の忍者バーガーを
食べにいきたいですね。
まぁ、その変わり値段にも差があるわけですが。

忍者バーガー号の出没情報などは、
ブログを参照してください。

ちなみに、伊賀牛の干し肉は伊賀忍者の非常食として
用いられたらしいですね。

さて、来週は伊賀牛の牛汁を求めてさまよってみます。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

忍者バーガーって何だ!?
三重県の伊賀上野のあたりまでふらりとドライブ。
ご飯、食べようかと入ったお店のメニューを見てびっくり。
何だ「NINJAバーガー」?



気になったら試してみるしかない。
とりあえず、レギュラー忍者で。
サイズがよくわからない…。
「Sサイズってどれくらいの大きさですか?」
って聞いたら、「普通の大きさです」って言われた…。
「男性ならLサイズくらいでも大丈夫ですよ?」
って言われたので、Mサイズを。
それにセットでポテトとコーラーをつけたら、
ほぼ千円。安くない値段です。
某ファーストフード店なら
お腹いっぱいいっぱい食べられます。

待っている間にメニューを眺めていると、こんなものも。


今度食べてみようかな?と思ってみたり。

店内を見回してみると。



で、全然ファーストではなく、
普通に待たされて出てきたのがこれ。
一見見慣れたハンバーガー。



でもね、食べてみるとおいしかったです。
一口で違いがわかります。
これは某ファーストフード店のハンバーガーとは
別物なんだなと。
食感が良い。パンもレタスもトマトも、
みずみずしい感じで食感が良い。
べちゃっと水を吸ってしまっているような、
某ファーストフード店のそれとは雲泥の差。
おいしいです。
肉にたどり着くと、たちまち肉の味が口の中に広がります。
また食べたくなるおいしさです。
これなら、少しくらい値段が高いのも納得です。

お店は伊賀上野のジョイシティ内にあります。
難点をあげれば、駐車場が狭いこと。
ショッピングセンターの駐車場は大概狭いもので、
軽やコンパクトカーなんかにはちょうど良い広さでも、
V60には明らかに狭いです。
ドアの開け閉めも一苦労。
自分が苦労する分には構わないのですが、
ぶつけられたりなんかしたらおいしいものを食べて
せっかくの良い気分も台無しです。

お店の情報は食べログや、こちらのブログでも紹介があります。

お店の外観はこんな感じ。
一瞬、ただの丼屋さんかと思ってしまった。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

さながら遠距離恋愛のようだ
車の話です。お間違えなく。

どれほどの距離を遠距離というかは定かではないけれど、
しかし、徒歩10分のガレージは十分に遠距離であると思う。
ましてや雪のちらつく冬の寒い日である。
徒歩10分はあまりに遠い。

ふと庭の駐車場に目を向ければ情熱的に赤く、
けれども静かにV60がたたずんでいるわけである。
ますます徒歩10分が遠く感じられる。

今日はどっちに乗ろうかな?と考えると、
どうしてもすぐ近くのV60に目が行ってしまう。
実際、乗っていて楽しい。
街中をのんびりとドライブするのが
こんなに楽しいことだとは知らなかった。
もう渋滞も何も怖くない。
もっと、もっと、遠くへ、知らない場所へ行ってみたいと思える
実に魅力的な存在。

けれど、インプレッサを車検に持って行かなければいけなのだから
しかたがない。
とりあえず近所の車屋に持って行って、
預けるなり突き返されるなりして、
それからV60でドライブに行こうと思って家を出た。
これからますますインプレッサに乗らなくなるのかな?
やっぱり車は二台も必要なかったのかな?
暇な道中ふとそんな考えが頭をよぎってしまう。

半月ぶりに開けたインプレッサのドア。
でももっと長い間乗っていなかったような錯覚にとらわれる。
あぁ、ドアの開き方からして品がない。
内装があまりに安っぽい。
鉄板剥き出しなのがみすぼらしい。そして狭く感じる。
5年乗るとこんなに古びて見えるんだっけ?と思ってしまう。

でも、レカロのシートは良い。
包み込むようにぴったりと体にフィットして、とても落ち着く。
セルを回すと、頼りない音だったけれど、
とりあえずエンジンがかかった。
ひょっとしたらダメじゃないかと思っていたけれど、良かった。
やっぱりペダルのフィーリングも安っぽく感じられる。
私は、どうしてあんなにもこの車にのめり込んでいたんだろう?
とエンジンを温めながら思ってしまった。

数百メートル先の車屋は休みだった。
いつまで休んでるんだよ!働け!!
せっかくだから、と思ってそのまま走りに行った。
V60に乗るつもりをしていたけれど、気が変わった。
一度乗り出せばもう他の事なんて気にならない。
ただひたすら運転に集中できる。
アクセルを踏み込むのが、ブレーキを踏み込むのが、
せっせとギアチェンジするのが楽しい。
やっぱりV60と比べると軽快なボディだ。
伊達に鉄板剥き出しなわけじゃない。
走り終わるとへろへろになるけれど、楽しい。
私はこのためにガレージを借りたんだったと思い出す。
やっぱり車は走ってなんぼだと思う。

レイ探をインプレッサから降ろして正解だった。
よこでごちゃごちゃ言われると気が散る。
やっぱりこの車は一人で乗るのが楽しい。

でも、せっかく走りに行ったのに、
雪が道を塞いでいた。
除雪されていたのはセンターラインを跨いで
道の真ん中だけ。
対向車が来たらすれ違いに難儀してしまうような
除雪のやりかた。
おまけにタイヤは残り溝半分を下回った夏用タイヤ。
大丈夫かな?と心配になったけれど、
なんの事もなかった。さすが、インプレッサ。
ちょっとくらいなら滑りながらでも進んでくれる。
でも調子に乗っていると危ない。
インプレッサを買って間もない頃に、
派手にクルッと一回転したときの情景がよみがえる。
ブラインドコーナーの先が数十メートルに渡って
かちかちに凍っていたところで、くるくる回ってしまった。
無傷だったのは本当に運が良かった。
外気温が低いときは路面が塗れていなくても要注意。
車の外気温計は本当に重宝する。

面白い景色だったので
持っていたDP1xで動画に録ろうと思ったのだけれど…
あまりにしょぼかった。音も画質も最悪。
このカメラにそんな便利機能は求めるなということか。

しかたがないのでDP1xを買った残りのお金で
カメラ取り付けステーとマイクを買おうと思う。
5Dmk2なり1Dmk4なりで動画を撮った方が、
少なくとも画質は遥かに良い。
まぁ、私がどれだけの頻度で
車載動画を楽しむかは疑問だけれど。

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

痛車オフin伊賀上野2011 #2.5の痛車たち その2
2011年秋の痛車オフin伊賀上野に参加していた
痛車たちの写真です。
なにか不都合があればお知らせください。
ちなみに、時間の都合上、全台数は撮影していません。

クリックすると大きな画像で見られます。







ほら、脚立がないとこんな絵になっちゃうんですよ。
しかたないですよね?







































続きはまた今度。

テーマ:車の写真 - ジャンル:写真

死ぬかと思った
立ちくらみみたいなものかと思った。
立ちくらみはときどきある。
しばらくしゃがんでいたのを、
急に立ち上がるとくらっとする感じ。
一瞬、視界が白くなるような感じ。
でも、いつもならそれはほんの一瞬の事なのだけれど。

今日はいつもと様子が違った。
立っていたら急に立ちくらみ。
めまいって言うのかもしれないね。
くらっとする感じと、吐き気が同時に襲ってくる。
いつもならすぐに収まるくらっとが、全然収まらない。
立っているのもやっとなくらいくらくらする。
そして同時に深刻な吐き気が。
本気で吐くかもって思った。
何か息苦しい。意識して呼吸しないと、
止まってしまうんじゃないかというくらい息苦しい。
頭の酸素が足りてないんじゃないかと思たけれど、
頑張って呼吸しても何も変わらない。
血管でも詰まったのかと思ったけれど、
だとしたところで私になす術はない。
心臓が昼寝でもしているのかと思ったけれど、
叩き起こして働かせる術を私は知らない。
自分の体なのに何もできないんだなぁと思った。
そのうち、テレビの砂嵐みたいに視界が効かなくなっていって、
目の前が真っ暗になる。
何も見えない。
耳もトンネルに入ったときみたいな感覚で、
周りの音が良く聞こえない。
自分の呼吸の音だけが響く感じ。
このまま目が見えなかったら困るなぁ、
と思うくらいしばらく真っ暗。
って言うか、死ぬんじゃないかと思った。

どういうわけか、数分ほどしたら、
目の前が少しずつ明るくなってきて、
めまいも収まってきて、いつも通りに戻った。
顔青いけど大丈夫?って言われた。
唇の色も変わって顔が青ざめてるって言われた。
どうやら本当に血がめぐっていなかったのかもしれない。

なんでかな?
私はいつも通りのつもりなのだけれど、
ひょっとしたら働き過ぎとか?
妻子がある身でもないのに、過労死とか嫌だよね。
休もう。来週の月曜日は休みにしよう。
その前に、出張旅費の清算しないとなぁ~。
今週中に清算処理できるかなぁ?

テーマ:日記 - ジャンル:日記

V60のナビは酷いですね
帰りの道の駅で記念撮影。



ほんと、ちょっとがっかりですよ。
使いものにならない、
っていうレベルではないですけれどね。

今日は三重までドライブへ。
建ち並ぶ風力発電の風車を眺めながら
走れるドライブルートがあるらしいと知ったので、
それを見に。
まぁ、しっかり下調べしなかったから、
目的の場所がよくわからないまま、
ナビにそれらしい場所を指定して走っていたんですけれどね。
結局見つけられず、今日はあきらめて帰ってきました。
でも、いいんです。ドライブすることが目的だったわけですから。
風車もおまけみたいなものです。

さて、帰ろうかとナビに家を指定したら、
なんと酷道477を通るルートが……。
驚きました。
確かに酷道477を通れば最短であるのは事実。
けれども、酷道なんてものは、地元の人間か、
一部の酔狂な者のみが通る道。
普通であれば、そこは避けるべき苛酷な道。
ましてやカーナビであれば間違えても
提示するべきではないルートであると私は思っています。
だから、そのルートをV60のナビが提示したときは、
目を疑いました。
しかたがないので経由地点を指定して
酷道477を避けるルートに修正しました。
でも、面倒ですね。家に帰るルートを設定するのに
結構時間がかかってしまいました。
これはもはや慣れの問題というよりも、
操作性が悪いのではないかと思ってしまいます。

あと、ナビが近接する道を走っていると
誤認してしまったのもちょっと意外でした。
ポータブルナビならばそんなこともあるかもですが、
車載ナビでそんなミスはねぇ……
車載ナビなのだから、もっと精度が欲しいですね。

サンヨーのポータブルナビの
ゴリラは非常に操作性が良かったです。
ナビゲーション機能に関して言えば、
GPSの受信感度以外に弱点はないといってもいいほど、
非常に良い製品だったと思います。
まさにかゆいところに手が届くような、
欲しい情報を簡単に提示してくれる良いナビでした。
もちろん、間違っても酷道を通らせる事もなく、
うっかり迷い込みそうになったら
しきりに引き返すルートを提示してくるくらいですから。
V60のナビもその操作性は是非見習って欲しいところです。

でも、ひょっとしたら、V60のナビの学習機能が
悪さをしてしまったのかも……。
私は山坂道は嫌いではないので、
あえてそこを避けようとはしません。
そこを通れば近いとわかっていればナビを
無視してそちらを選ぶのですが。
それを学習してしまってナビが酷道を
走らせようとしたのかも……。
しかし、酷道とそこらの山坂道とでは、
走りにくさのレベルが違うんですけれどねぇ…。

しかし、如何にV60といえど、
山坂道ではよほど神経を使って丁寧に運転しないと、
レイ探に怒られちゃいますね。
路面のうねりで怒られてしまうのは、
もうどうしようもないわけですが…。

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

痛車オフin伊賀上野2011 #2.5の痛車たち その1
2011年秋の痛車オフin伊賀上野に参加していた
痛車たちの写真です。
なにか不都合があればお知らせください。
ちなみに、時間の都合上、全台数は撮影していません。

クリックすると大きな画像で見られます。









































続きはまた今度。

テーマ:車の写真 - ジャンル:写真

空気読めていなくてごめんなさい。
ごめんなさい。
こういう場合ってさ、普通空気読んで他の場所に
駐車するべきじゃないかと思うんですよ。
ここは痛車オーナーさんたちがたむろしている場所なんだから、
一般車はあっち行けって感じ。
痛車見物に来た人もそう思うことでしょう。
でも、しかたがないんです。
他に空いていなかったから。まさかの駐車場満車だったから!
コミトレで駐車場が満車になるとは思わなかった…。
前は、のんびりきても空いていたのになぁ……
開始90分前に満車とは……。
かろうじて空いていた場所が、ここしかなかったんです。



駐車場が満車になるだけあって、
待機行列はいつも以上に長かったです。
とあるサークルさんなんて、
チケット入場で並んだのにグッズ売り切れって……。
大手は違いますね。

今回のコミトレの参加サークル数は過去最高らしいですね。
一般参加者数も過去最高かも、ということで、
カタログが完売したらしいですね。
けれども、うちのサークルの売上げはいつも通りと…。

スペース設置になんだかんだで1時間くらいかかっちゃいました。
撤収は10分ほどで済んじゃいましたけれどね。



いつも机の上に置かれているチラシは、
結構貴重な情報源です。
次はどのイベントに参加しようかな?と
検討するのに役立ちます。
今のところ、
「びわこそうさくマーケット(3/11)」
「コミティア100th(5/5)」
「陵桜祭9(5/3)」
「コミックトレジャー20」
あたりが参加検討中のイベントです。
今年もゴールデンウィークは東京遠征をして
イベントの梯子を検討中です。

それにしても、レイ探。
制限速度60km/hの道路を65km/hで走っていたら、
怒って画面から消えちゃったよ……。
わがまま過ぎて困っちゃう子ですよ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

今日は別のホテルで
今日から別の工場に移動してのお仕事ということで、
滞在先のホテルも移動。
部屋の広さは普通になりました。
日本のビジネスホテルよりも広いけれど、
昨日までの無意味に広い部屋とも違います。
このホテルは日本語が通じるのが嬉しいですね。
昨日までのホテルは日本語ダメだったので。

でも、今回の工場はいまいちですね。
お尻の可愛い子もいないし、
こっちの人は言った仕事やってくれないし、
日本人スタッフがいると聞いていたけれど、
おじさんばっかりだし……。
接待という名の会社の金で飲みたいだけの
おじさんたちに付き合わされて、
夜が遅くなって嫌です。
明日もお仕事なんですよ?
なんかもうこっちの工場は来たくないです。
言葉は通じなくても、工場は汚くても、
それでも昨日のほうが良かったな。

でも、若い子が働いているんですね。
びっくり。日本なら高校生くらいかな?
というくらい若い子が働いていてびっくりです。

あと、中国人はどこ行っても良い人ですね。
ただ、ハンドルを握ると人が変わるのかもしれない。
オラ、さっさとゲート上げろ、ボケが!
って感じで、ゲートに近づいたときから
クラクション押し続けていますからね。
信号で、青に変わる直前に動き出さないと、
青になった瞬間クラクションが鳴りますからね。
そして歩行者よりも車優先が徹底されていますね。
横断歩道を横断していようともクラクションを鳴らし続けて、
鼻先をかすめるように通過しますから。
こればっかりはしばらく慣れそうにないです。
怖くてとても道路を横断しようと言う気になりません。
まぁ、工場からの移動はどこ行くのも全部車を手配してくれるので、
自分の足で街中を歩けないのですが……
危ないから歩くなって感じのようですが。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

お尻の可愛い子なんです
通訳の女の子です。
この子がね、可愛いお尻なんですよ。
ふぅっと一息ついて、視線を下げたときに
目に入る足がね、良いんですよ。
足からお尻のラインがはっきりとわかる、
ぴったりとフィットしたパンツをはいているんですけれどね。
奇麗なんですよ。
足の形が奇麗なんですよ。
小さな足から伸びるほっそりとした足、
そこから上にたどっていくと少しずつぷっくりと
柔らかそうに膨らんでいくふともも。
完璧とも思えるほどに整ったお尻。
決してグラマラスではないのだけれど、
とても奇麗で、つい見惚れてしまいそうなくらい。
これは、癒しです。
いつまで眺めていても飽きないです。
足とお尻の美しさに感心したのは初めてです。
この奇麗なお尻を見れただけでも中国にきて
よかったと思ってしまうほど。
なんであれば、次来たって構わないと思えるくらい。
特段美女というわけでもないのだけれど、
なぜだかとても可愛い子です。もって帰りたい。

それにしても、中国人はみんな良い人ですね。
おおらかで大雑把でいい人だと思います。
片言でも言葉が話せればもう少し楽しくなるかも、と思う。
中国語の勉強、してみようかななんて思ってしまえるくらい。

ちなみに件の可愛いお尻の子は工場の敷地内の
寮に住んでいるんだそうで。
でも、寮って、やっぱり日本人の常識とはかけ離れたものですね。
4人部屋だそうで、4人分のベッドとそこまでの通路があるだけの部屋。
自分のスペースはベッドの上だけって……
で、毎日同じ敷地内の工場で仕事をして、
しかも夜遅くまで仕事をして、寮に買える毎日って……
それはなんて強制収用所ですか!?
って思ってしまった。
それでも笑いながら楽しそうに仕事をしているものですから、
幸せとは何なのかなぁ?と思ってしまったりします。

それにしても、中国の料理が微妙に口に合わない……。
匂いがつらい……
おなかが減っているはずなのに、料理を前にすると
微妙に食欲が減退する……。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

冬なのに冷房かよっ!
驚きですよね。香港の辺りは、
この時期でも冷房をつけているのですから。
まぁ、昼間は確かに暖かいです。
でも冷房って……今一応冬なんだけどなぁ…
と思ってしまいます。
この間すごく寒かったんですよ!と言われた気温が6度だそうです。
私の感覚ではまだそんなに寒くない気温なんですけれどね。
空港に到着したときの気温が17度だったから、
確かに温かいところではあるのですけれどね。

中国人とはどんな人種なのかと、
構えてしまっていたのですが、言葉が通じない点を除いては、
そんなに違わないんだなぁと思いました。
強いて違いを挙げるなら、大雑把な人たちなんですね。
立派な部屋のホテルの冷蔵庫内が汚れていても
気にしない人。ドアがきしんでいても、
ちょっとくらいねじが緩んでいても気にしない人。
朝食を注文しても45分くらい普通に待たせる人。
食堂で皿を放るように置く人。
これなんてツンデレ喫茶だよ!って思った。
女の子のポニーテール率が高い人たち。可愛い。
ウィンカーを出している時間よりクラクションを
鳴らし続けている時間の方が長い人たち。
あと、みんな仕事中でも普通にだべっている。
ホテルのフロントの従業員も、空港の職員も、
ウェイトレスも、仕事先のエンジニアも、通訳も、
みんなみんな仕事中でも普通にだべっている。
客を前にしながら遠慮なくだべりまくっている。
それはまるで適当に手抜きをして仕事をしている
バイトの日本人の様。
でもそれくらい。

仕事は結構楽で、正直楽しいです。
こんなに手も頭も使わなくて良い仕事があるのかと、
拍子抜けしてしまうくらい。
こんなことわざわざ高いお金をかけて
日本から人を派遣してやる仕事ではないような
気もするのだけれど…
まぁ、中国人に日本人クオリティで仕事をしてもらうためには
必要なのかもですね。
でも、こんな楽なら次来るのもやぶさかではないかもしれません。
誰かが連れてきてくれるのなら、ですけれど。

でも、やっぱりインターネットが不便ですねぇ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

中国に降り立つ
中国にやってまいりました。
もちろん出張ですよ。
とりあえず写真も撮ったのですが、
家に帰らないとサーバに写真のUPができないので
写真は帰ってからとして。

とりあえず、インターネットつながらないサイトが多いですね。
Twitterつながりません。つぶやけない。見ることもできない。
FC2ブログもつながらないから、ブログの更新もできない。
まぁ、FC2以外のブログはつながったので
そっちの更新はしておくとします。
こういうときはProxyを通せば見れるのではないかと思ったのですが、
ProxyリストをGoogleで検索したものの、
リストすら見れない…。
家でリスト調べてくればよかった。
っていうか、自分でProxyサーバ用意しておけばよかった。

中国は意外に日本車が多いですね。半分くらい?
香港は高級車率がものすごく高かったです。
全部ニセモノなの?と思ってしまうほどの高級車率です。
でも香港を出るとぼろっちい車が増えてきて…。
香港からでるときに乗ったバスと言う名の
アルファードは、割りと奇麗でした。
でも香港を出てからホテルまでに乗った車のぼろいことぼろいこと…。

ただ、ホテルの部屋の広さはやっぱり日本とは
比べ物になりませんね。
コミケで毎年利用しているビジネスホテルの
数倍の広さがある感じ。
いつものビジネスホテルの広さと、
今回のホテルのバスルームの広さが同じってくらい。
まぁ、幾分高級な宿らしいのですが。
高級な部屋だと言う割には、部屋の広さを除いて
クオリティはやはり中国って気がする。
ま、部屋の写真は帰ってからということで。
部屋にはいつものビジネスホテルではお目にかからない、
中国らしい備え付けのアメニティがあったりもしたのですが…
まぁ、それも帰ってから。

あと、時差あると面倒くさいね。
とりあえずパソコンのタイムゾーンを変更、と。
買った目覚まし時計の時間セット、っと。
やっぱり私の携帯圏外だ。

そう言えば、中国のタクシーってすごいね。
トヨタのカムリに運転手含めて6人乗車とか、初めてだよ。
日本では考えられない暴挙がまかり通るのだから、
驚きですね。6人乗車料金とやらを請求しやがるのだから
さらに驚きです。
後ろに4人も乗れるの?と思ったけれど、なんとかなるものですね。
まぁ、すぐ近くの日本料理屋までだったんですけれど。
この日本料理屋も日本語が達者な女の子が多かったですよ。
ホント、若くて可愛い女の子ばかり。
何の店だよ、ここって思っちゃうくらい。
とりあえず、日本語が通じると安心です。

一緒に来ている先輩が片言の中国語喋れるのでびっくり。
バスの乗換えとか、もう中国語わかんないと
絶対無理かも、って思ってしまいました。
それを臆することなく難なくコミュニケーションとってしまうのだから、
驚きです。
これじゃあ、私一人じゃ絶対無理だなと。
それなのに、バスで乗り合わせた日本人サラリーマンは、
一人で初中国出張だそうで……
本当に、大丈夫ですか?と思わずみんなが心配してしまうほどの
無茶をやらかす会社があるものですね。
せめて片言でも言葉が通じればなんとかなるのかもしれませんが……。

テレビつけても言葉がわからないけれど、
こんなこともあろうかとアニメもってきてよかった。
もうHDDがアニメでぱんぱんになっちゃったよ。
ちょっと容量少ないよね、ひだまり3期が全部入りきらなかったよ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

目覚し時計を買った
中国出張に合わせて目覚し時計を買いました。
中国のホテルにはついていないかも、
と言うような話を聞いて、持って行くことにしました。

いつも使っているのじゃダメなのかというと、
ダメではないのですが……。
時差があるから、わざわざ時間を合わせないと
いけないわけで。
日本に帰ってきたときに時計の合わせまちがいしても困るし、
今までよりも微妙に時間が
ずれちゃったりするだけでも困るので。
朝の一分は貴重ですからね。
一分時間が狂うだけで大変ですからね。
携帯電話の目覚し機能と言っても、
圏外になる中国で携帯の電源を入れるのも虚しいし…
きっと帰ってくるまで鞄の中にしまいっぱなしになるはず。

なので、中国時間に合わせるために
わざわざ目覚し時計を新調しました。



他に俺妹の黒猫版、銀魂版、まよチキ版と
取り揃えてありました。
正直近所のアニメイトに置いてあると
期待すらしていなかったのに、
こんなにバリエーションがあってびっくり。
いざとなれば京都や大阪にでも車を走らせて
買いにいこうかとさえ思っていたくらいなのですが…。
で、電波女版。加藤英美里さんの
お声で起こしてもらえるというのが、決め手でした。

で、7千円程する目覚し時計なのですが……
Made in Chinaって……。
この価格ならMade in Japanでもいいんじゃないかと思う。
何が気に入らないって、
やっぱりクオリティがいかにもMade in Chinaなんだよ。
こういうグッズの主なターゲットが
学生くらいの若い子なのだから、
クオリティに手抜きしてるんじゃないかと勘ぐってしまう。
確かに絵と声で通常の目覚し時計よりもコストがかかるのは
わからなくもないのだけれど……
それでもちょっと価格に見合わないクオリティじゃないだろうか。
安い品物のクオリティが低いのはしかたがないけれど、
7千円でこれではがっかりだ。
それなら1万円でもいいからクオリティをあげてほしい。
7千円なんて高価な目覚し時計を買う人が、
たかが3千円で購入をためらうとも思えない。
欲しいから買うんだ。7千円も1万円も大差ないと思う。
それよりも、もうちょっとまともなクオリティで作ってほしい。
一番がっかりなのは、音がしょぼい。
せっかく声優さんに声いれてもらって、
それが売りみたいな目覚し時計なのに、
その音が悪いってどういうこと?

まぁ、それでもまた買うんだろうねぇ…。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

待機行列という名の魔物
面白い動画が紹介されていたので見てみました。

コミケの待機行列がどれほどのものなのか、
並んでみたことのある人にはよくわかることともいます。
あの行列を見事にさばくスタッフすげぇ!っていつも思います。
あれはもはや神業ではないかと。
まぁ、もっとも、一般参加者の参加者としての自覚ある行動に
助けられているところも大きいんではないかと思うのですが。
しかし、この段取りのよさはやはり素晴らしい。

まぁ、何はともあれ、動画です。
有明ワシントンホテルの一室から、
西館の待機行列の様子を定点カメラで撮影したものだそうです。




でも、この時期の有明ワシントンホテルって
どうやったら泊まれるんだろう?
私も一度泊まってみたいけれど、予約が取れない。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

インプレッサの車検だ!
V60が納車された嬉しさと、
コミケと正月ボケのせいで
すっかりと忘れていましたが、
今月はインプレッサの車検でした。
切れる前に受けないと……。
まぁ、受けるだけなら持って行くだけなので、
全然問題では無いのですが……
問題は車検が通る状態に戻さないといけないって事で……
面倒クサっ!

具体的には、ひっぺがしちゃった内装戻さないといけなくて。
っていうか、別に内装なんて要らないじゃん?
別に人に迷惑かけてるんじゃないんだしさ。
事故ったときに私が体ぶつけて痛い痛いするってだけでしょ?
どうしてダメなんだろう?
このまま車持って行こうかな?
これで車検通してください!
ダメなところを言ってください、そこだけ直すから!
ってな感じで。

どうせ車検終わったらまたひっぺがすんだし、
わざわざ戻すとかばからしいよね。
時間の無駄だよね。
とりあえず、乗車定員を二人にしたら、
後席の内装については文句言われなくなるのかな?
うん、って言うか、もはやこの車に後席を
付けている意味が無いですね。
助手席は……うっかりとレカロのフルバケ入れちゃったから、
外すのもったいない……。
あの時、二台目買うってわかってたら、
16万もかけてシート買わなかったのに……。

安全快適なV60も良いのですが、
やっぱりインプレッサの刺激は病みつきになります。
まるで三途川で水遊びをするかの如き刺激は、
それはそれはもう病みつきになるほど興奮するのですよ。
あぁ、ミスったら死ぬんだろうなぁと思っても、
アクセルから足が離せなくなる快感は、
それはそれは心地良いものなのですよ。

そんな車に内装なんて要らないと思うんだけどなぁ……。
中国出張に行く前に車持っていこうっと。
うんと言ってくれたら出張中に車検通してもらおうっと。

あ、でもバイクは車検切れる前に売っちゃおうかなぁ……。
折角のフルパワーのGSX-R1000ですが……
乗らないものを車庫で腐らせるのももったいないし…
それなら誰かに乗ってもらいたいかも。
ぶっちゃけた話、その子にはもう愛は無くてただ情があるのみ。
どうして、私はあんなにバイクに燃えたのだろう?
と遠い昔の事のように思える。
165kg/175psと言うスペックに惹かれて買った、
言わば若さ故の過ちなのかもしれない。
まぁ、楽しかったけれどね。
でも今はもう一度たりとも乗ろうという気は起こらない。

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

スマートフォン導入先送り
新しい携帯電話に機種変更しようかと
ドコモのお店に行ってきました。
でも、結局機種変更は先送り。

気に入ったスマートフォンはあったんですよ。
富士通のWindowsフォン。
一番気に入った点は、QWERTY配列の
キーボードを装備していたこと。
キーボードの操作性も良さそうで、
タッチパネル式のスマートフォンや、
今使っている旧式の携帯電話のボタンよりも、
はるかに早く文字入力ができそうで、
これにしようかと思ったんですよ。

メールができて、お財布機能があって、
BluetoothでV60とつながって、
海外でも使えれば良いかなと。
このWindowsフォンであれば、
それに加えてツイッターの投稿も楽々。
Adobe Readerも備えているし、
MS Officeも備えているし、とても便利そう。
本体価格も実質負担金額が2万円程度と
思ったよりも高くない。

これならば……
と思ったら、通信料が高いんですねぇ……。
スマートフォンは定額制が必須じゃないですか。
iモードとかは私ほとんど使わないんですけどね。
でも、フルブラウザを備えたなら、話は別なわけで。
そもそも電話のシステム関係の通信だって
必要になるはずだから、やっぱり定額制は必須かなと。
でも、高いですね。特にWindowsフォンだから
通常のスマートフォンよりも2千円程高くて、
月々最大8千円オーバー。
最大って言っているけれど、
毎月最大料金を請求される前提で計画しておかないと、
生活が破綻してしまいそう。
でも、そうすると、毎月携帯電話に1万円オーバーって……
高い!高すぎる!
そんな金があったら車にガソリン飲ませてやりたいよ!
新しいカメラのレンズでも買いたいよ!

おまけに定額制にしても、
海外で携帯を使うと別料金。
うっかりWindows上でメールやWEBブラウジングなんて
しようものなら、とんでもない料金を
請求されてしまいそう!

で、冷静になって考えてみると、
まぁそんなにお金をかけてまで必要なものじゃないよね、
と思って断念。
今の携帯電話が壊れて使えなくなるまで
このままで良いです。
スマートフォンは私的には
あまり魅力的なおもちゃではないようです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コスプレのモデルさん募集ちう
写真撮らせていただけるモデルさんを
募集しています。
コスプレ(に限定しませんが)写真を撮らせてください。
老若男女、容姿問いません。男の娘でも女装でも構いません。
スナップ写真的なものでは無く、
絵になる写真を撮るための練習を目的としています。

私が撮影した写真は商用・非商用問わず、
同人誌などにも自由に使用していただいて構いません。

衣装代・交通費・イベント参加費用・ギャランティ・
その他一切の費用をお支払いすることはできませんが、
請求することもしません。

可能な範囲でどこへでも、どのイベントへでも参ります。

ただ、何分私の練習を目的としているので、
ご期待に沿える写真が撮れるかどうかはわかりません。
大した機材も持っていませんが、
機会を頂けるのなら努力します。

滋賀県に在住しているので、
近くだと嬉しいですが、
少しくらい遠くても頑張ってみます。

撮らせてやってもいいかなとか、
詳細を聞きたいという方は、
コメント、メールフォームなどから
お問い合わせください。
・ハンドル名
・性別
・年齢
・居住の都道府県
・あるいは希望撮影場所・イベント (あれば)
・撮影希望のキャラ・コス (あれば)
・あるいは希望など (あれば)
を書いていただけると助かります。

ちなみに、私は1984年生まれの男です。

テーマ:コスプレ写真 - ジャンル:写真

突然の雪
今日は豊郷小学校にふらっと
ドライブに行ってきました。
出発する前はそんなに悪い天気でなかったように思うのですが……
走っていると雪が降り出して、
吹雪いてきてしまいました。
でも、小学校まであと少し、と思ってそのまま進むうちに、
クルーズコントロールの調子が……
何か車間距離がいつもと違う。反応が少しおかしい。
まぁ、視界が白くなるほどの吹雪ではしかたあるまいと、
クルーズコントロールを解除。
ほどなく、レーダーに異常ありと警告が表示されてしまいました。
まぁ、これじゃあしかたないですよね。

ナンバープレートも隠す必要が無いくらい
雪に覆われてしまいました。
レーダー部分にも雪が積もっていては
クルーズコントロールも使えないわけですね。
雪に怯えてみんなとろとろ走っていて、渋滞。
こういう面倒臭いときにこそ使いたいクルーズコントロールなのに…。



まぁ、本当は、今日はサンシェードの写真を
撮りたかったのですけれどね。
この天気では意味が無いですねぇ……。
わざわざボディカラーに合わせて選んだんですよ、
サンシェード。
赤といえば……ということで、エヴァ弐号機。
個人的には初号機が大好きなのですが、
色的にやむを得ず弐号機カラーを。
エヴァといえば暴走、暴走は男のロマン、
だとわたしは思っています。
暴走とか、最高に萌える。
特に初号機の暴走が良い。

でも、できれば真紅のサンシェードとかあれば
そっちの方が良かったのですが、
やっぱりローゼンメイデンはエヴァほどメジャーではないようで、
見つけられませんでした。

ついでにスピードライト用のディフューザーの試し撮りを。
手持ち撮影ではスピードライトを使用しないと、
ISO感度を高くする必要があるので、
どうしてもノイズが出てしまうんですけれどね。
先日買ったディフューザーは天井がなくても
バウンス撮影ができるらしいので試してみました。
まぁ、一応屋内とは言え、2階まで吹抜けの天井ですから、
天井にバウンスはしないはず。
なので試すにはちょうどいいかなと。
結果が下の写真です。



さて……楽しい冬休みも終わってしまったか。

テーマ:つぶやき - ジャンル:車・バイク

まどまぎは同人誌が面白いですね
今のんびりと戦利品の消化中です。
で、やっぱりそう思うわけですよ。
特にまどまぎの同人誌は
(私の買う本だけかも知れませんが)
もはや原作とは別の世界を作り上げているように思います。
面白い。
原作よりもこっちの方が私は好きだな。
まどかたんの可愛さ2割増し。
まみさんの痛さ200%増し。
ほむほむの変態度無限大。
他の二人は……どうでもいいや。
きゅうべえが痛めつけられ苦しむ様が
とても楽しく読める良い作品に仕上っているように思います。
どの作家さんの本もそんな感じの世界観で、
もはやこれが共通認識なのではと思ってしまう程。
私的には原作よりも好きです。
もぉね、私の可愛いまどかたん泣かす糞作家なんて死ねばいいのに、
とか思っちゃいますよね?
気に入ったのはいろいろありますが、
「ART CRAFT」さんの「魔法少女に花束を」はほむほむが覚醒しています。
「なむあーる」さんの「やめて!!私のSG(ソウルジェム)が醤油のように黒く染まる!!」
はまさかのけいおんとまどまぎの夢のコラボです。

あと、「ぶらっくたろん」さんの「軽怨」って本も面白かった。
そもそもタイトルからして面白い。
けいおんでぷちホラー。何か斬新。
とりあえず純ちゃんカッコよかたよ。
暗い気分の時に読むと、いい感じにさらに暗くなれて、
最高に深く落ちれます。
一応、褒めてるんだからね?

それにしても、肝心の自分の本書いてないなぁ……。

テーマ:つぶやき - ジャンル:車・バイク

光は魔物だ、と思う
カメラの話です。
去年、私は初めてスピードライトを買ったのですが、
試し撮りをして思ったことがそれです。
光は魔物だ。
Canon のEX580 IIという、
キヤノンが出している中で一番高いスピードライト。
まぁ、高いといっても5万円ほどのものですから、
奮発して手が出ない価格ではないし、
どうせ後で高いのが欲しくなるのは目に見えていますからね。
それだったらと、一番高いものを。
キヤノンの作るものですから、
失敗などあろうはずがないと私は信頼しています。

そのスピードライトは、
私のそれまでのカメラのフラッシュというものの概念を
見事にぶち壊してくれました。
光の当て方次第で絵がこんなに変わるなんて……
写真なんてこんなものかと侮っていた私に、
写真の奥の深さを思い知らせてくれた素晴らしい製品です。
まるで井の中の蛙が大海を知ったときの様な心地です。

さて、その魔物とたいじする際に必要に違いないと思って、
ディフューザーを購入しました。
秋葉原のヨドバシカメラで。
さすがに大きい店舗なだけあって、
地元ではお目にかかれない機材が見れて、楽しいですね。
いろいろ欲しくなってしまいますが、
今回購入したのはこれ。



丸いタッパー見たいな形ですね。
これをスピードライトに装着して使います。
上の白い蓋は取り外して使うことも可能な構造になっています。
で、早速試し撮りをしてみました。

まずは、スピードライトの光を直接当てて撮ったもの。
これなら撮らない方がましじゃないかと思ってしまう仕上りです。



次にディフューザー装着。
上の白い蓋を外して直接光を当てて撮ったもの。
少し光が分散しました。特に瓶に当たる光が増えていますね。



白い蓋装着。
影がさらに軟らかくなりました。



レフ板を追加。
若干影がさらに軟らかくなったような気が……。



ディフューザーを装着+白い蓋を着けたまま、
レフ板でバウンス。
やっぱりこれが一番いい感じです。



他にもいろいろ撮ってみて
このディフューザーが使えるのかどうか試してみます。
とりあえず、無いよりはあった方が良いとは思います。

それにしても、私、初めてお酒なんて買いました。
パッケージ買いです。
味の方は飲んでいないのでわからないというか、
そもそも私にお酒の味の良し悪しなんてわかりません。
でも、良いんです。パッケージが気に入っているから。

テーマ:つぶやき - ジャンル:車・バイク

その車、疲れ知らず
V60は本当に疲れ知らずな車ですね。
東京まで片道460km走りつづけても、
ほとんど疲れないですね。

一日歩き回った後に
6時間ほどかけて500km程走った後でも、
まだ走りつづけられそうな気分です。
さすがに座り続けているとお尻が
痛くなってしまいますが。

クルーズコントロールは本当に便利な装備ですね。
帰りは誤動作することもありませんでした。
これを使うと劇的に披露が軽減されますね。
自分でアクセル操作をしないというだけで、
こんなにも疲労が減るのかと驚きました。
前の車の動きに神経を使わなくて良いし、
前方を注視する必要もない。
それだけでとても楽になりますね。
おかげで目の披露もかなり減ったと思います。
これなら長距離移動がちっとも苦痛になりません。

往復1000km程の燃費は17km/lでした。
出発前にガソリン満タンにして、
無給油で帰ってこれました。
1.6Lターボエンジンではさすがに高速の加速レーンでの
加速時にややパワー不足を感じるものの、
他に不満はありません。

これならどんどん遠くに出かけられますね。
車は自由に旅をするための道具だと考えるのなら、
V60はとても良い道具です。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。