mooの雑記 FC2ブログ
バイクとか車とか アニメとかコミックとか 日記とか 妄想記とか コンピュータ関係とか 等について。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
車のカタログが届きました
検討をしている各社のWEBサイトから、
カタログの請求をしてみました。
中にはWEBカタログのみで紙のカタログを
くれないところもあるんですね。

で、今日届いたのが、
ボルボ、フォード、ルノーの三社。
まだ来てないのはシトロエンだけだったかな?

一番お金がかかっていそうな、
カタログだったのがボルボ。
厚みもあるし、印刷も綺麗。
ボディカラーの色なんて、
特に綺麗に印刷してある感じで。
さすがに上等な車を売っているだけの事はありますね。
メーカーから届くカタログよりも一足早く、
近所のディーラーからわざわざ持ってきてくれたみたいです。
ただ、ちょっと高い。
欲しいのはV60の3Lターボ。
でも、五百万円オーバーはちょっと高いよねぇ……
手が出ません。
別にパワーに拘っているわけではないのですが、
でも程々には欲しいですよね?
乗員満載で、荷物満載で、
それでも高速道路の昇り勾配の追越車線で
軽々と追い越しをかけられるくらいのパワーは。
まぁ、現実的なところで、C30の2.5Lターボか、
V50の2.5Lターボかな。

フォードのカタログは普通な感じで。
気になっているのはマスタング。
5L V8エンジンでちょうど五百万円。
ちょっと高い。
3.7L V6なら430万円で、
ちょっと予算オーバーだけれど、
手が出ないこともないような…。
まぁ3.7Lでも必要十分なパワーがあるよね。
300馬力、35kgm以上のパワーがあれば、
困ることもないかなと。
5Lの400馬力、50kgmオーバーなんて、
一体どうするの?ってくらいのパワーですよね。
けれど、それってどんなエンジンなのかな?
ってとても気になります。
やっぱり車はエンジンが命ですからね。
5Lエンジンであれば、心を揺さぶる程の刺激を、
与えてくれるんじゃないかと期待しているのですが。
別にそれはパワーとか、加速力という意味では
ないのですよ。
逆に、単純にパワーの差だけだというのなら、
70万円も払ってまで買う価値はないかなと。
まぁ、それは乗ってみないとわかりませんね。

一番カタログが安っぽそうな感じだったのが
ルノー。
ルーテシアルノースポールは、
何だかもうすぐ販売が終了するらしいですね。
次期歩行者保護の基準が満たせないとかで。
本命は、メガーヌルノースポール。
いささかスポーツ指向に寄りすぎている気もするのですが、
それでも魅力的な車です。
値段も400万円を切る価格。
一番気になるのが乗り味。
どんな走り味なのかな?って。
インプレッサと違った走り味なら買う価値があるかなと。
逆に、あまりインプレッサと違いが感じられなかったら、
そこで候補から脱落かな。

日本車では、レガシーとインプレッサだけが
候補に入っています。
会社で誰かの生レガシーセダンを見て、
思ったよりも格好がいまいちなので、
セダンはいらないかなと。
でも、ワゴンは案外悪くない感じで。
やっぱりぶつからないアイサイトが一番気になっているのだけれど、
でも、6MTもすてがたいなぁと…。
やっぱり私はマニュアルが好き。
でも、アイサイトはマニュアルにはないしなぁ……。
もちろん、2.5Lターボで。

そしてインプレッサ。
考えようによってはインプレッサSTIのセダンでもいいかなと。
まぁ、エアコン付いてるしね。
一応オーディオもあるしね。
私のGDB型インプレッサよりも、
大きくなったボディのセダンだけあって、
荷物もより多く載せられそうだしね。
そして400万円以下だし。
そう思えば、まぁ悪くないかなと。

しかし、どの車も購入に踏み切らせてくれる、
決め手にかけるなぁと。
やっぱり、一番欲しいのはスーパーセブンかな。
バイクも売って、もう50万円くらい
予算を増額してみようかなぁ?
でも、バイクを売ってまで欲しいと思わせてくれる、
魅力に今ひとつかける車ばかり。
いや、まぁ、車の魅力なんて、
乗ってみないとわからないですね。
乗って、決心が付くといいのですが。
スポンサーサイト

テーマ:新車購入 - ジャンル:車・バイク

萌車フェスティバル2011の痛車たち その19
萌車フェスティバル2011で撮影した
痛車たちの写真です。
オーナーさんに許可をいただいたものから
そうでないものまで。
不都合があればお知らせください。









































続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

萌車フェスティバル2011の痛車たち その18
萌車フェスティバル2011で撮影した
痛車たちの写真です。
オーナーさんに許可をいただいたものから
そうでないものまで。
不都合があればお知らせください。





































続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

新しい車、検討中
新い車が欲しいなぁと思って、
ただいま検討中。
来年の4月までの購入を目標に。
頭金100万円+300万円のローンで。
頭金が貯り次第買おうかなと。

今度はもう少し実用的なのにしようかなと。
エアコンとオーディオが付いていると嬉しい。
クルーズコントロールくらいは欲しいかも。
斜線逸脱警告とか、追突低減機能とか
付いているとなお良い。
別に速さを追求するつもりはないけれど、
アクセルを踏み込んでもとろい反応しかしないのは嫌だ。
AWDだと悪天候時でも安心して走れるのでなお良い。
って、条件で探すと、
まぁスバルのレガシーあたりが
ピンポイントで当てはまるんですよね。
2.5Lターボのアイサイト付きでも、
予算内に収まるし。
オプションのナビとかくっつけても、
なんとか割り引いてもらったらぎりぎり予算内。
パワー、安定性、快適装備、安全装備、
価格、どれをとっても条件に当てはまる
申し分のない車。
でも……何かが物足りない。
この車のために5年間もローンを払いつづけるかと思うと、
ちょっと躊躇ってしまう。
この車のためなら5年ローンも苦にならない!
と思わせるだけの魅力にかけている気がする。
とても実用的で素晴らしい車だけれど、
この車に乗っても、
ちっともドキドキもワクワクも感じられない気がする。
それが一番の不満。
でも、まぁとりあえず試乗くらいはしてみようと思う。

VolvoのC30も予算内に収まってくる車。
2.5L 5気筒ターボ車だって買える。
レガシーほどのハイテク安全装備はない。
AWDでさえない。
でも、まぁ、安全と言えばVolvo。
安全に対する信念の様なものが感じられる。
乗り味は退屈だと聞くけれど、
長距離ドライブ専用と割り切るなら、
むしろそのくらいの方が疲れなくて良いと思う。
3ドアと言うと、実用性の観点では劣るものの、
やっぱり美しい。眺めていて美しい。
個人的にはドアは大きい方が優雅だと思う。
狭い駐車場なんかじゃ不便かもしれないけれど、
それでも大きいドアは優雅で良い。
後席への乗り降りがどれほど必要になるのかと
考えると、私には3ドアの方が良い。
C30の優雅さは何もドアの枚数に限った話ではない。
日本車にはない滑らかなボディラインが綺麗だと思う。
写真で見るとわからないけれど、
実写を見てみるとやっぱり優雅さが日本車とは違う。
そんなところに金をかける余裕が魅力なんだと思う。
とりあえず、試乗しなきゃ。

3ドアといえば、VWのシロッコのRラインまでなら
予算内に収まってくる。
シロッコRの存在がやっぱり気になるけれど、
500万円はどうしたって予算オーバーだ。
だから、Rライン。
まぁ、それでも必要十分な速さがあるんじゃないだろうか。
やっぱりあのボディが美しい。
ゴルフよりも綺麗だと思う。
実用性の観点ではゴルフに劣るかもしれないけれど、
それでもVWの車だ。荷物だってそれなりに積めるに違いない。
FFとは言え、走りの安定性においても
不足はないはずだろう。
何より父親が大いに気に入っている。
それなら100万円くらい上乗せしてシロッコR
買おうよ!と思うのだけれど、
世の中そんなに甘くないらしい。
とりあえず試乗してみる。

プジョーの508はドアが4枚以上あるけれど、
優雅なデザインだと思う。
欲しい。400万円前後と、
やや予算をオーバーしているけれど、
全く手が出ないわけでもない。
あんな巨体に1.6Lターボエンジンでは
いささか力不足なのではないかと思う。
まぁ、実際高速道路なんかでアクセルを踏み込んだら、
不満を感じるに違いないと思っている。
でも、優雅な車だ。
ベンツみたいなギラギラした高級車でもない。
必要十分な快適装備で、
のんびりまったりクルージングするんだと思えば、
最適な選択肢なんじゃないかと思う。
優雅さ、それこそがこの車の魅力なんじゃないかと思う。
ステーションワゴンの方が実用的で良いのだけれど、
私の好みはやっぱりセダン。
とりあえず、試乗してみなきゃわからない。

優雅さという点では、
シトロエンのC5も優雅だと思う。
シトロエンといえば、ハイドラクティブ。
もちろん、この車にも搭載されている。
価格的には508と競合している。
ステーションワゴンもセダンもあって、
はっきり言って508とキャラ丸かぶりだ。
違いは、試乗してみなけりゃわからない。

でも一番気になっているのは
シボレーのカマロか
フォードのマスタングだったりする。
6.3Lとか5LのでっかいV8エンジン積んだ奴だ。
500万円くらいして明らかに予算オーバー。
でも、なんとか金の工面をしてでも
欲しいと思わせる魅力がある。
エコ?低燃費?そんなものを鼻で笑って、
でかいエンジンを積んで豪快に走るのが素敵なんだ。
やっぱり車ってエンジンが大事でしょう?
ドコドコ響く粗野なV8エンジンの音と振動に
魅力を感じる。
ATしかないけれど、まぁしかたがない。

あと、ルノーのメガーヌRSも試乗してみようと思う。
3ドアハッチバック。
2Lターボエンジン+6MT。
一応クルーズコントロールも付いているし、
ぎりぎり400万円以内だし、パワーも程々にあるし。
FFだけどまぁ良いかと思う。
1850mm程の全幅はちょっと大きい気もするけれど、
高速を主体に考えれば大した問題ではない。
むしろ、その分荷物を載せるスペースがあると思えば
悪くない。

とりあえず、今年中に試乗して見積りをもらおうと思う。

テーマ:新車購入 - ジャンル:車・バイク

放課後ティータイムトレイン乗ってきました
けいおんのフルラッピングされた京阪電車、
放課後ティータイムトレインに乗ってきました。




まずは石山駅でJRから京阪に乗り換え。
の、前に石山駅近くの踏切で撮影を。
1時間くらい待って、2回通過するところを撮影。
HTT電車を見送ってからすぐ後の電車に乗って追いかけて、
浜大津で下車。
カメラを構えている同士と思しき人たちが
その辺にちらほらと……。

駅付近で2時間弱で2回通過するところを撮影。
その後、HTT電車に乗って、終点の石山寺まで。
浜大津から乗ると座席が全て埋まっているくらいの
乗客がいたのですが……
石山駅で乗客の大半が降りると、撮影会開催。
この時を待ち構えていた同士たちが一斉に立ち上がり、
カメラを構えて車内のあちこちを撮影しまくり。
わずかに残っていた一般の乗客が
ドン引きしているのもお構い無し。
特にやっぱりと言うか、澪が人気で
澪のドアの前は人が群がりすぎて撮影待が発生する状態で…。

石山寺駅で折り返すのですが、
止まった瞬間、みんな電車を隅々までぱしゃぱしゃしてました。

今回の印象からでは、止まっている車両や内部を撮影するなら、
終点の石山寺駅か坂本駅で撮るのが良さそうな気がします。
今日は、HTT電車は以下のように運航されていたようです。
正確な情報ではなく、私が目撃した時間から逆算しただけのものです。
間違っていても文句言わないでくださいね。
他の時間は知りません。
方向 石山寺 京阪石山京阪膳所浜大津 坂本
石山寺方面14:48<-<-14:44<-14:36<-14:31<-14:15
坂本方面 14:58->15:02->15:10->15:15->->15:31
石山寺方面16:18<-<-16:14<-16:06<-16:02<-15:45
坂本方面 16:34->16:38->16:46->16:52->->17:08
石山寺方面16:45<-<-16:41<-16:33<-16:29<-16:12
坂本方面 17:55->17:59->18:07->18:12->->18:28

原寸大でご覧ください。
運行時間が書いてあります。



電車の写真は撮り慣れていないせいで、
いつも以上に失敗作が多かったです。
気に入る、気に入らないという話以前に
ピンぼけや手ブレが多くて…。
露出がいまいちだったり、光の反射で肝心の
絵がよく見えなかったりで…。
1時間に1回しかやって来ない電車、
撮り逃してなるものか!と焦れば焦る程
失敗している感じです。
他の機関車トーマスとか、日本昔話の
ラッピング電車なら、普通に撮れたんですけれどねぇ…。
つい肩に力が入ってしまって…。
まぁ、これから通っているうちに
気に入る絵が撮れればいいのですが。
それにしても、5D mk2は連写が弱いですね。
CFの書き込みスピードが遅いというのはあるんですけれどね。
1D MK4も同じCFを使っているのですが、
こっちは早いですね。やっぱり乗っているバッファメモリの
容量の差でしょうか。
5D mk2は電車が通過し終わる前に
連写が効かなくなってしまうので…。
一方の1D mk4はRAW + Lモードで記録したって、
余裕で撮影してくれるのにさ。
これが価格の差って奴ですかね。
まぁ、画素数の違いというのもあるかもしれませんが。

ちなみに今日のカメラはEOS 5D Mark II + EF24-70mm F2.8L USM
と、EOS 1D Mark IV + EF72-200mm F2.8L USMです。

浜大津駅のすぐ近くで。









浜大津駅のホームで。



石山駅のすぐ近くの踏切で。





吊革はこんななってます。








おい、爺ぃ!俺の唯に汚ねぇ手で触るんじゃねぇ!
とか思ったのはここだけの秘密だ。







石山寺駅で停車中に。





















ま、今回は下見ということで。
今回の反省を踏まえて、次回はもっと良い絵が撮れるように
精進してきます。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

萌車フェスティバル2011の痛車たち その17
萌車フェスティバル2011で撮影した
痛車たちの写真です。
オーナーさんに許可をいただいたものから
そうでないものまで。
不都合があればお知らせください。














































続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

萌車フェスティバル2011の痛車たち その16
萌車フェスティバル2011で撮影した
痛車たちの写真です。
オーナーさんに許可をいただいたものから
そうでないものまで。
不都合があればお知らせください。











































続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

あうとさろーね有明2011夏三日目
あうとさろーね有明2011夏で撮影した痛車たち。
参加車両全台ではなく、
過去に撮影したことのある車は割愛しています。
三日目の写真です。


























































































































































次回の出没予定の痛車イベントは、
9/24 コスプレ痛車フェスティバルin大阪南港ATC
10/15 第7回Team痛車Racing走行会(ジムカーナ)
です。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

あうとさろーね有明2011夏二日目
あうとさろーね有明2011夏で撮影した痛車たち。
参加車両全台ではなく、
過去に撮影したことのある車は割愛しています。
二日目の写真です。















































































































































































三日目の写真はまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

車ぶつけた!
ぶつけてしまいましたよ、車。
幸いにして被害は極めて
軽微だったのでいいのですが…。
ただ、まぁ問題は被害よりも、
ぶつけてしまった経緯の方ですね。

原因は一言で言うと居眠り運転ですよ。
12日の0時頃にコミケに向けて出発。
新名神に伊勢湾岸あたりはいつものように快適で、
過去最高記録を更新するペースで
順調に走れていたのですが…。
このまま行ったら東京まで3時間で行けるかも!
と思っていたのも東名まで。
トラックが多くて大幅なペースダウン…。
挙句の果てに事故渋滞で2時間近くのロス。
どこかで仮眠するつもりをしていたのですが、
事故の影響で時間ぎりぎりに…。
このままじゃ9時にビッグサイトに並べない!
って事で、仮眠は中止して夜通し走りつづける羽目に…。
6時頃に首都高にさしかかったらそこでも
渋滞に巻き込まれて…。
やっと渋滞も抜けて、あと十数kmで到着……
ってところで、ふっと意識が……。

がりがりっと縁石に弾き返されたショックで
ばっちり目が覚めました。
もぉ、びっくりしましたよ。
居眠り運転とは。一歩間違えばどんな事故に
なっていたかわからなかったものですからねぇ。
ただ、まぁ、幸いに車は動いているし、
変な挙動もないし……
せいぜいバンパーが割れたくらいかなぁ?
まぁ、それならガムテープでくっつけて帰ればいいかな?
と思って残りを走破。
駐車場で見てみると、ホイールが少し削れているくらいでした。
あと、ちょっとアライメントが狂っちゃったのかな?
少し左に流されるような気が……。
どこかが変形とかしていなければいいのですが…。
でもまぁ、いつも通りに家まで走って帰れたので、
損害は軽微かなと。

今のホイールも実は結構ボロボロになってるし…。
過去にも二回削れているし、
ブレーキダストで汚れがこびり付いているし…
まぁ、5年履きつづけたから、
そろそろ交換時かと思えばまぁいいかなと。
まぁ、車が壊れたら壊れたで大手を振って
スーパーセブンに買い替えられるというものなのですが…

ただ、居眠り運転には本当に気を付けないといけませんね。
誰だ、東名で事故った馬鹿は!
と思っていたのですが、人の事はいえませんね。
眠いときは何をしても眠いのだとよくわかりました。
コーヒーもガムも眠眠打破も一本千円もする高級栄養ドリンクも、
全て無力ですね。
眠いときは寝ろって事ですね。
なので、今度からは仮眠できるように十分に時間に余裕をもった
計画を立てなければと反省した次第です。

刺激的なスピードで走れば目が覚める、
と思っていたのですが、その刺激にも慣れてしまいますからね。
そのスピードで眠くなったら、確実に死ねる気がします。
実際、直線なら眠気覚ましにもならず…。
おまけに遅い車が多いとそもそもスピードも出せないし…。
深夜の伊勢湾岸とか第二名神あたりなら
眠気も醒めてちょうどいいんですけどね。

帰りは十分に仮眠して帰宅。
どこかのPAに泊まったら、花火の音がうるさくて
何度か目が覚めてしまったけれど…。
あと、バケットシートは本当に寝にくいですね。
特に首が痛くて…。
後部座席で寝るといいのですが、
生憎宝物がたくさん積んであったので…。
キャンプ用品の折り畳み式ベッドみたいなのがあれば、
車外で足を伸ばして眠れるので良さそうですね。
次回までには買おうと思います。
夏はそれでもいいのですが……冬はどうやって寝ようかなぁ?
寝袋?車外だと凍死する?雨降ったらどうしよう?
でも、仮眠を、場合によってはそこで一夜を過ごすだけの
準備は必要だと思います。
冬コミに向けて、何か対策を考えておかないと。
三日目を終えてから車の中で仮眠していると
車の中で年を越してしまいそうだけれど……
コミケという夢から覚めぬうちに永眠してしまうくらいなら、
それも致し方なしと考えるべきか。

とりあえず、点検しておかなきゃ。
アライメント調整は必要そうな気がするけれど…
それだけで済むかな?
ホイールはハイグリップタイヤ用があるから、
それと交換してもいいかな。
削れて尖ったホイールを履きつづけて、
タイヤがバーストしたら大変だしね。

テーマ:つぶやき - ジャンル:車・バイク

苛酷な戦いだった
コミケの話です。
まぁ、割りと苛酷な戦いでした。

足の裏が痛い。
一日中、カタログと、水分2Lと、
カメラと、夢と希望を詰め込んで
歩き回ったせいか?

お尻が痛い。東館の待機列で砂利の上に
座らされつづけたせいか?

初日は何だかんだで寝ないまま9時30頃に
東館の待機列へ。
待っている間にカタログで土壇場の追い込みを。
案の定、とても良い天気で、
直射日光に照りつけられながらの待機。
けれども、いつもの事ですね。
シャワーを浴びたように汗が吹き出して止まらないのも、
服が水をかけられたように汗を吸って濡れているのも、
いつもの事ですね。
これがコミケですね。
世間では猛暑だなんだと軟弱な事を
言っているようですが、
まぁ、これが普通ですよね。
でも日焼け対策と熱中症対策だけは
十分にしておかないとですね。

お買物方は、今回は節約モードということで。
いつもなら、気になったのはとりあえず
全部買ってしまうところなのですが、
今回は一冊ずつ吟味して…。
あうとさろーね会場で写真撮って……
体力・気力ともに全車を撮るのは無理でした。
なので、過去に撮ったことがあるのはパスする方向で。
半分くらい撮ったところでダウン。
途中一時間くらいの休憩を挟んで……。
それから、いろいろサークルさんのご挨拶にも
回ろうかと思っていたのですが……
結局行けず……。
年かな?体力の限界です。
動けないです。座り込んだら寝てしまいました。

二日目は……思いのほか東1-3ホールの人が多くて……
あれ、これじゃあ東方エリアってどんな地獄なの?
と思うと足がすくんでしまうヘタレでごめんなさい。
汗臭い野郎共に押し潰されるなど、御免蒙りたいです。
まどマギは島中サークルでも売り切れているところが
いくつかあってびっくり。
9時30分に並んだのですが…
出遅れてしまったようですねぇ…。
これがジャンル効果というものか…。

三日目も汗臭い野郎連中ばかりであろう、
東館の待機列を避けて西館待機列へ。
どうせなら臭い体臭を嗅いで頭痛と吐き気に
悩まされながら並んでいるよりも、
露になった麗しい乙女たちの肌を眺めていた方が、
楽しいじゃないですか?
東館のお買物は、必要最小限のサークルに厳選して、
早々に済ませて西館に離脱。
やっぱり広い通路を選んで通ったおかげか、
身の危険を感じる程もみくちゃにされずに済みました。
ほんと、三日目の東館は最悪の戦場ですね。

そう言えば、警備員さんが会場で座り混んでいる人に
声かけをしているのを目撃しました。
熱中症対策でしょうか。
肩を揺すって声をかけていました。
座っていた人は、疲れ果てて、
意識が遠のいていただけなのかもしれないけれど…
時期が時期だけに、医師の診察が必要な風に見えたんだから、
仕方がないですよね。
でも、座っている一人一人の顔色を見て声かけをしているなんて、
感心しましたよ。

そう言えば、今回はコスプレ広場に足を踏み入れませんでした。
まぁ、行っても混んでいるのがわかっているから
行かなかったんですけどね。
あそこはユニークなコスプレをしている人がいて、
見ているだけでも楽しいのだけれど…
それでも行きませんでした。
そんな気力がなかった……。
写真撮っていると楽しいのだろうけれど…
私は人の写真を撮るのが苦手で。
物を撮るように自分のペースで撮るわけにはいかないですからね。

ところで、どうしてあんなに体臭のきつい人がいるんでしょうか?
きつい人は本当に冗談じゃないくらいきついですよね?
本当に三日間ともお風呂に入らずに徹夜で戦いつづけているとか?
そう思ってしまう程臭い人もいますよね……。

今年は節約モードということで、
いつもよりも買った本の数も、グッズも少なくて、
いつもの半分くらいでした。
さて、積んでしまわないように早く読まなきゃ。

冬コミの申込、早くしなきゃ。
冬コミの申し込みをするまでが夏コミらしいですからね。
次は受かるといいな。

最後に一言。
コミケはレジャーじゃない、戦場だ!

テーマ:日記 - ジャンル:日記

あうとさろーね有明2011夏一日目
あうとさろーね有明2011夏で撮影した痛車たち。
参加車両全台ではなく、
過去に撮影したことのある車は割愛しています。
まずは一日目の写真です。




































































































































































































二日目、三日目の写真はまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

ちょっとコミケ行ってくる
ちょっと3日ほどコミケ行ってきます。
案の定、コミケが近づく程に暑くなってきましたね。
暑い熱い戦いになりそうです。

車内泊、暑くないかな?
朝の首都高混まないかな?
山手線混んでないかな?
お金足りるかな?
買った物、ちゃんと全部車に乗るかな?

ひょっとしたら、どこかのサークルさんに
ご挨拶に伺うかもしれませんし、
やっぱり行かないかもしれません。
だって、あのジャンルとか混みすぎだしねぇ…。
まぁ、おじゃました際は
嫌な顔しないでもらえるとありがたいです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

萌車フェスティバル2011の痛車たち その15
萌車フェスティバル2011で撮影した
痛車たちの写真です。
オーナーさんに許可をいただいたものから
そうでないものまで。
不都合があればお知らせください。





















このホラーな痛車は、夜に見ると昼間とは違った
楽しみ方ができますね。




昼間は明るくて中が見えなかったけれど……
ぼんやりと光の漏れる車内を覗き込むと……。

























続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

バイク、売ろうかなぁ
スーパーセブンを買おうと真剣に考え出したときから、
もう一つ真剣に考えていたことです。
バイク、売ろうかなぁ?と。

だって、最近全然乗ってないですからね。
正直、疲れるんですよ、あのバイク。
あのバイクを買った頃は、パワーとスピードに
ただひたすら憧れていた年頃でした。
まぁ、その憧れは今も代わらないものの、
しかしパワーも速さも今は車がある程度満たしてくれます。
私みたいな下手糞がバイクで速く走るのは難しいですが、
スバルの優秀なAWDを備えたインプレッサターボなら、
バイクで走るよりも速いし、バイクほど疲れない。

そりゃ、フルパワーのGSX-R1000の
0.94kg/psと言う驚異的なパワーウェイトレシオと、
それからくる圧倒的な加速感は、
他ではなかなか味わえないし、
13500rpmまで回して175psまで絞り出すエンジンは
とても良い。
けれど、やっぱりそんな性能は下手糞には
豚に真珠。
じゃあ、練習すればいいじゃないかとなるのですが、
これが半端なく疲れるんですよね。
練習場まで走っていくだけで既に疲れる程で。
ツーリングなんてとんでもないって感じ。

だから、2年前に車検を受けたときからの走行距離は
わずか2千km程度かそれ未満。
バイクに乗りたい!と積極的に乗るというよりは、
たまには乗らないとなぁと気を奮い起こして乗っているくらい。

そもそも、私は通勤は自転車だから、
車もバイクも休日にしか乗らないんです。
一週間に二日しかない休日。
そこにもう一台、スーパーセブンが増えたら、
車二台とバイク一台の計三台。
そうなると、ますますバイクから遠ざかってしまうのは
目に見えています。

せっかく新車で買ったバイク。
手放すのはとても惜しいものの……
しかし乗らないのであれば宝の持ち腐れ。
だから、売ろうかなぁと真剣に考えている今日この頃。

いくらくらいで売れるのかなぁ?
これをスーパーセブンを買う頭金の足しにしようかと
思っているところです。
最低でも50万円にはなってくれないと悲しいですが。
逆算すると、売るなら今年中には売らないとですね。
あと、来年の1月くらいが車検のはずだし。
任意保険の更新時期だし。
まぁ、手放すにはちょうど良いタイミングといえなくもないですね。

今までバイクに払っていた税金や任意保険のお金を、
スーパーセブンのそれに当てれば少しは足しになるはずですから。

とりあえず、何店かバイクショップを回って、
見積りを取ってみようと思います。
スーパーセブンを買う頭金は少しでも多い方がいいので。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

今日の走り込みの成果
車の話です。
二週連続で練習のために走りに行ってきました。
今日の練習の成果は、
低いギアでエンジンを回せ、って事ですね。

例えば、3速で侵入すると厳しいコーナー。
短い下りストレートで、さらに下りながらの90度以上の
厳しいコーナー。
3速で曲がろうとすると、
かなり強いブレーキを踏んで減速しないといけないわけで、
ブレーキが遅れてしまうと、
お尻が滑り出しそうになって肝を冷やしていたコーナー。
それが、2速にギアを落とすだけで、
それほど強くブレーキを踏まなくても、
安定して曲がれるんだなぁと今日、気づいた。
後輪が後ろに引っ張ってくれて、
さらに減速するような感覚。
おまけに、3速だとなかなかアクセルが開けられずに
フラフラとしていたのに、2速だと安心して
アクセルを開けて曲がれる。安定感が違う。
なるほど、エンジンって言うのは本当に
しっかりと回さないといけないものなんだなぁと、
今日、改めて実感しました。

いやね、狭いコースじゃ
未だにアクセルが全開にできないんですよ。
ストレートが短すぎるから、
そんな本気で走ったらものの数分で
ブレーキフルードがダメになっちゃうし…。

でも、やっぱりもっとエンジン回さないと
ダメなんだろうなぁ。
エンジンを回せば回す程、もっと良くなる気がします。
回さないと、開発者の意図がわからないかもしれませんね。

でも、今日はいつもよりシフトチェンジが
スムーズにできて嬉しいです。
夏は暑いけれど、その分車の調子が良い気がします。
タイヤのグリップが上がったから?
ブレーキが暖まっているから?
暑いけれど、気持ちよく走れます。

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

妹にあげたカメラ
私が最初に買ったカメラである、
デジタル一眼レフのCanon EOS Kiss Digital Nです。
二台目のカメラを買ったときに、
その圧倒的な性能の前に、
Kissがゴミみたいにしか思えなくなって、
ただであげたカメラです。
二年前の話です。

最近になって、どういうきっかけかは知りませんが、
カメラが欲しいと言い出しました。
それで、ようやく私のあげたカメラを
使う気になったようですね。
撮ってみて、すごいきれい!と言っていました。
5年以上も昔の、800万画素程度しかないとは言え、
一眼レフカメラの端くれですからね。
小さいだけのカメラに退けをとるはずがありません。
やっぱりカメラにとって大切なのは光学系だと思います。
解像度とか、ISO感度とか、
そんなのは本質ではありません。
故に古くても、一眼レフカメラは一眼レフカメラであり、
カメラのモデルチェンジに振り回されることもなく、
いつまでも使いつづけることができるのだと思います。

まぁ、光学系に拘れば、
こだわるほどに重くて大きくなってしまうのは
いたしかたのないことですが。

でも、MとかAVとかTVとかの撮影モードの意味を聞かれると、
説明するのがこれほど面倒臭いものだとは思いませんでした。
当たり前の様に理解していたつもりでも、
説明するとなると大変ですね。
それはまるで馬の耳に念仏を唱える様に。
どうせ聞いちゃいないんだから。
さんざん説明したところで、
ま、いいや。私はアイコン撮影モードしか使わないし、
って言うのは目に見えているのだから。
マニュアル撮影機能のありがた味は、
やっぱり写真を撮らないことには理解できないと思います。

テーマ:デジカメ - ジャンル:写真

萌車フェスティバル2011の痛車たち その14
萌車フェスティバル2011で撮影した
痛車たちの写真です。
オーナーさんに許可をいただいたものから
そうでないものまで。
不都合があればお知らせください。








































この車は昼夜問わず、
いつ見ても別格のオーラを放っていますね。









続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

萌車フェスティバル2011の痛車たち その13
萌車フェスティバル2011で撮影した
痛車たちの写真です。
オーナーさんに許可をいただいたものから
そうでないものまで。
不都合があればお知らせください。

ここからは光る夜の痛車達の写真です。
ISO感度を高めての手持ち撮影なのですが、
1D mk4はノイズが少なくて薄暮時の撮影には
5D mk2よりも向いている気がします。





























ここからは三脚を立てての撮影です。





















しかし、夜の写真は上手く撮らないと、
せっかくの痛車の絵が写らないですね。
もっと工夫が必要ですね。

続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

Porsche 996 GT2 vs Caterham R500
そんな動画をYouTubeで見つけたのですけれどね。
すごいですね。
何がすごいって、996 GT2をバックミラーから消してしまう
R500もすごいのですが、
それを平然と乗りこなしているドライバーがもっとすごい!
舞台はニュルブルクリンク。
何km/h出ているかわからないけれど、
少なく見積もっても、平均して軽く100km/hを
上回っているんじゃないでしょうか。
そんなところで、タイヤをキュルキュルと鳴かせながら、
カウンターを当てつつ、平然と996とバトルをして、
乗りこなしているR500のドライバーがすごい!
だって、そんなスピードでスピンしてクラッシュしたら、
死んでもおかしくないでしょう?
そんなスピードで狭いニュルを駆け抜けている
ドライバーがすごい!
思わず笑っちゃうほどすごかったです。
それにしても、やっぱり軽いってこんなにも素晴らしいことなんですね。

テーマ:スーパーカー - ジャンル:車・バイク

萌車フェスティバル2011の痛車たち その12
萌車フェスティバル2011で撮影した
痛車たちの写真です。
オーナーさんに許可をいただいたものから
そうでないものまで。
不都合があればお知らせください。










































萌車フェスティバルもそろそろ日が沈み始めました。
次回はライトアップした痛車の写真です。

と、いうことで続きはまた今度。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

ドキドキが、止まりません!
あの写真を見るたびに、
つい鼻息を荒くしてしまって、
ドキドキと高鳴る胸の鼓動が静まりません。
年甲斐もなく、はしゃぎたくなってしまう程の興奮を、
抑えることができません。

何って、もちろん車の話ですよ?
CaterhamのSuper 7の話です。
買おうかな?とつぶやいてしまったら、
本当にどんどん欲しくなってしまって……。
気がついたらお金の工面を考えている有様で…。
たぶん、買います。
このまま半年後の、インプレッサのローンを
払い終えたときまで、このドキドキが止まらなければ、
たぶん買っています。
頭金を100万円貯めることという条件を自分に課して。
まぁ、厳密には、ローンは300万円まで。
残りは頭金で用意するということで。

狙っているのはロードスポーツ。
理由は二つ。
金銭的に、現実的に手が届くのがこれだから、
というのが一番大きいですね。
もう一つの理由は。
スペック的にはもちろんスーパーライトとかの
過激な方が気になるのに決まっているのですが……
過激過ぎますよね?
0-100km/hの加速が2.9秒?
速いですね、速すぎです。
電子制御に頼らず、後輪の二つの駆動輪だけ、
しかもわずか500kg程の車重で
この性能を発揮しているのですから、
そんなの下手糞にのりこなせるわけないでしょう?
それらの点を考えれば、
やっぱりロードスポーツかなと。
1.6LのSigmaエンジンを搭載した、一番安いやつです。
これでしばらく楽しみながら練習を積もうかと。

デザインはどれもほぼ同じですが、
やっぱりいいですよね、あの形。
私は好きです。
ただ、後ろ姿がちょっといまいちな気もしますが…。
オプションで背中にスペアタイヤを
装着することもできるのですが、
ライトウェイトがうりの車に
そんなものを装着するのはねぇ……。
ただ、見た目的にはスペアタイヤを背負っている方が好きかも。

とりあえず、オプションのLSDは装着したいところ。
いちおうジムカーナくらいはやってみたいかなぁと思うので。
そうなると、ロールバーの装着も必須ですね。
それから4点式シートベルトと。
ミッションはノーマルが5MTですが、
+30万円くらいで6MTにもできるようです。
でも……6MTにするとわずかとはいえ重量が増えますよね?
550kgの車体にとっては、数kgの重量も無視できないですよね?
そう思うと、5MTでもいいかな?と。
別に、ロードスポーツでそんなにスピードを
追い求める必要もないように思います。
買い替えではなく、買い足しなのだから。
スピード出したいときはインプレッサに乗ればいいかなと。
ロードスポーツは、軽い、
ダイレクトなドライブフィールを楽しめればいいかなと。
最高速度は180km/hのようですが、
まぁそれだけ出れば十分ですね。

シャシもオプションでホイールベースの延長、
トレッドの拡大ができるようです。
結果、高速走行時の安定性が高まるのですが……
半面低速時の機敏さが劣るのでは?と思うのですが、
どうなんでしょう?
スピードよりも、軽快な走りを楽しむのを重視したいので、
シャシはノーマルでいいかな?と思います。

ただ、12Vの電源が取れるオプションは必須ですね。
でないと、シガーソケットから電源がとれなくなってしまって、
ポータブルナビとか使えなくなるじゃないですか。

塗装は……ノーマルでいいかな。
むしろステッカーでフルラップしてみるのも
面白そうかなと思ってみたりするので…。

そうそう、この車、屋根がないと思っていたら、
幌が付くんですね。
帆は取り外し可能だったんですね。
帆の付いた写真を見てみたのですが、
これはこれでなかなかいい感じで好きです。
帆とドアはオプションなのかと思っていたら、
標準で付くんですね。
これなら、雨の日も安心ですね。
あ、あとカバーも必要ですね。
普段はカバーをかけて保管しておこうかと思うので。
生憎、家にはガレージなんてものがないので。
あるのは雨を避ける屋根だけですが
すでにそこにはインプレッサが止まっていて…。
インプレッサを外に出すかどうかは、
まぁのんびりと考えることにします。

あと、小さいながらもトランクスペースがあったのは
以外でした。
120Lという小ささがどれほどのものかは知りませんが、
まぁ、バイクよりかはものが入るでしょう。
もっとも、通常そのスペースには取り外した
屋根とドアをしまっているはずですが…。

あと、問題は、どこで買おうかな?ということです。
インターネットで調べてみると、
取り扱っているショップはいくつかあったのですが……
東京まで買いにいくわけには行きませんからねぇ…。
買うだけならいいのですが、
その後のメンテナンスの事も考えると、
やっぱりできるだけ近い方がいいですからね。
あと、できるだけ詳しいショップに。
トラブルが起こったときに、
わかりませんなんて言われるようじゃ
頼りになりませんからね。
できれば、スーパーセヴンに力をいれている
ショップがいいですね。
まぁ、県内には見付かりませんでしたが、
近隣に目を向ければ何軒か。
時間はあるのでぼちぼちと観に行ってみることにします。

その間に100万円貯めないといけませんからね。
とりあえず、冬のボーナスは全額頭金にしようっと。

しかし、今度はエアコンとオーディオの付いている車にしようと
思っていたのですが……
どうやらそんな車とは縁がないようですね。
まぁ、いいですけれどね。
ヒーターくらいは付いているので。
暑ければ屋根を空けて走ればいいじゃないですか。
風を浴び、視線を浴びて走り抜ける。
この手の車の場合、目立つって重要でしょう?
オーディオなんて運転中の退屈な時間を
紛らわせるために付けるものだと私は思っています。
それって、つまりそれだけつまらない車って事じゃないですか。
正直、最近インプレッサにも飽きてきたところだし…。
もちろん、然るべきところを本気で走れば楽しいのですが、
そうでないときは退屈です。
けれども、安定性は抜群なので手放すつもりはないですけれどね。
嵐の高速道路でも安心して追越車線を独走できる安定感は、
移動の足として考えるととても便りになります。
なので、楽しい、はスーパーセヴンでやろうかなと。

テーマ:車選び - ジャンル:車・バイク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。