mooの雑記 FC2ブログ
バイクとか車とか アニメとかコミックとか 日記とか 妄想記とか コンピュータ関係とか 等について。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
32mmのコンビネーションレンチが高い!
コンビネーションレンチ、欲しいんです。
32mmのが。
私はできるだけKTCの工具を揃えたいなぁという
こだわりがあるんですけどね。
でも、値段見てびっくりです。
コンビネーションレンチが6千円も
するとは思いませんでした!
でも、ないと困るので、もっと安いのを買いました。
2千円以下。




32mmのサイズになると結構大きいですね。
ちょっとした凶器になるサイズですね。

その下に写っているのが32mmの
インパクトレンチ用のソケット。
上のがデフオイル用のでっかい注射器。

デフオイルって基本的に車の下からいれます。
穴は横向きに付いているので、
こういう注射器みたいなので注入する必要があります。
で、今まではアストロプロダクツの
注射器使ってたんですけどねぇ…。
あれ、オイルが漏れるんです。
漏れ方が激しかったので使うのが嫌になって、
今回新しいのを買いました。
これなら漏れないかな?と期待して。
まだ試していないのでわからないんですけどね。
試そうと思ったら雨が降ってきたので…。

オイルの漏れは許せません。
手が汚れるとか、滑って作業性が
悪化するとかいうのもあるんですけどね。
3500円/Lもするオイルが漏れて無駄になるって
許せないじゃないですか?
しかも、デフオイルの容量は800ml。
オイルは一缶1000ml。
もれなく全量注入できれば一缶で足りるんです。
でも、漏れるせいで二缶目を開けなければならないって
許せないじゃないですか?
蓋開けたらオイルの劣化が加速するし、
次回の交換までしばらく使わないし…。
なので、注射器でオイルが漏れるとか許せないです。
これだけで毎回30分か1時間くらい時間をロスするので。
そう思えば4000円の投資は高くないです。

機械式LSDが入っていると、
デフオイルを如何に効率的に、簡単に交換できるかは
大切なポイントです。
2,3千kmくらいで交換ですからねぇ。
エンジンオイルよりも交換サイクルが短いくらいです。
スポンサーサイト

テーマ:メンテナンス&ケア - ジャンル:車・バイク

高回転キープって難しい
難しいんですね、高回転キープって。
アクセルを踏めば踏む程、
車って難しいなぁと思います。

高回転キープって、
GDB F型インプレッサの場合、
4200-6400rpmの間で走るって
事じゃないかと思います。
4200rpmで43kgmの最大トルクを発生し、
6400rpmで280psの最大出力を発生します。
一応8000rpmまで回りますが、
6400rpm以上はトルクもパワーも下がるので、
回すだけガソリンの無駄かと。

でもね、それが難しいんです。
だって速いんです。速すぎるんです。
大きなサーキットならばそれでもがんがん踏めるでしょう。
でも狭いコースだと難しいです。
コーナーを抜けたかと思ったら
すぐに次のコーナーで。
一瞬の加速なのにスピードが出すぎ。
迫ってくる壁が、恐いです。

やっぱり速く走るためにはブレーキを踏む技術が
不可欠なんですね。
どんなスピードからでも確実に減速できる技術が。
もちろん、減速しすぎるなんて論外。
直線で止まるわけでもなく、
コーナーに向けてブレーキを残しながら
ステアリングを切り込む。
十分にスピードが落ちていれば恐くもなんとも
ないのですが…。
ぎりぎりのスピードだとタイヤが鳴きますね。
これ以上ブレーキ踏んだら外に膨らむ!
でも緩めてもオーバースピードで
外に膨らむ!っていうぎりぎりの。
お尻も滑り出して回ろうとするから、恐いです。
そう言うのが平然と制御できるようにならないと、
速く走れないんだなぁと思うわけですよ。

それができないから、
高回転キープどころか、アクセルが踏めません。
恐いです。壁に威圧されてアクセルが踏めません。

あと、本気で走ろうと思うとやっぱり
四点式シートベルトとかが必須ですね。
最近は四点式を取り外して走っていたんですけどね。
ブレーキを踏んだときに体を支えるのには、
やっぱり四点式が必要ですね。
フルバケシートだけじゃ不十分でした。
必死にフットレストを踏み込んで
体を支えなければいけないので、
ブレーキ操作に支障が出ている感じ。
また取り付けておかなきゃ。

そう言えば今日は速いS2000がいました。
今までS2000はジムカーナで走っているのしか
見たことがなかったんですけどね。
やっぱりS2000って速いんですね。
それから、のりこなすのが難しそうに見えました。
狭いコースなのにかなりアクセル踏み込んで
走っていました。
しかも暴れるリアを抑え込むようにして。
上手い人だなぁと感心してしまいました。
私が乗ったらくるっと回って
ドカンとぶつけそうで恐いです。

黄色いエキシージも走ってました。
やっぱり速いですね。
そして軽やかに走りますね。
あと、結構良い落としてるんですね。
コーナーが速い!
でも私が乗ったらくるっと回って
ドカンとぶつけそうで恐いです。

もっともっと練習しなきゃなぁと思うわけです。
でも、その前にデフとミッションと
エンジンとブレーキとクラッチの
フルードを交換しないと。

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

車にエアコンがなくて困ること
エアコンがなくて困ること。
それは、雨が降ったときですね。
窓が曇ります。
雲って曇って困ります。
フロントが曇るともう走行不能ですが、
でも送風機能を使えばフロントの曇は
辛うじて防げます。

リアのガラスには一応曇止めの電熱線が
入っているのですが、
使うと電力の消費が多くなるので
使ったことがありません。
まぁリアが曇っていてもバックでもしない限り
困らないし、いざバックするときもなんとかなるので。

でもサイドのガラスが曇ると困りますね。
特に助手席側。
運転席側が曇っても、いざとなれば拭けばいいのですが、
助手席側は手が届かないので。
交差点とか、合流するときとか、
斜後方のサイドミラーの死角の確認が必要なときは、
本当に困りますね。
絶望的に見えないので。
パワーウィンドーってこのためについていたんだなぁと、
本当にパワーウィンドーがありがたかったです。
雨降ってるのに窓全開って嫌ですけどね。
手動式の窓だったら確認さえできないですからね。

こんなときはエアコンが必要だなぁと思います。
暑いのくらいは別に平気なんですけどね。

まぁ、だからと言って、
エアコンのない車にはそれなりの良さというものがあるわけで、
その魅力は捨て難いものなんですけどね。

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

妹の一眼レフカメラ
最近、妹がカメラが欲しいと言い出しました。
カメラ、もう持ってるじゃない?
と思ったら、コンパクトカメラではなく
一眼レフカメラが欲しいんだそうで。
そりゃまたどうしてそんな不便なものが
欲しいんだろう?と不思議です。

何が良いかな?と聞かれたから、
何を撮るの?と聞いてみたら、
う~ん、花とか?って言ってました。
花……なんかに興味を示すような趣味では
なかった気がするのですが…
コンパクトカメラでは撮れない何かを撮るんでしょう。
最初は買うつもりをしていたらしいのですが、
値段を聞いて早速断念していました。

で、代わりに私が昔使っていたカメラを
あげることにしました。
最近全然全く使っていなかったので。
私が初ボーナスで買ったカメラです。
キヤノンのEOS Kiss Digital Nってやつです。
800万画素程度のカメラです。
画素数だけを見れば最近の携帯電話と比べても
見劣りする数値ですけれどね。
それでもコンパクトなだけのカメラじゃ
話にならないと思うからこそ、
大きくて面倒臭い一眼レフなんてものを
買うわけなんですけどね。

でも、古くさいカメラだと文句を言ってやがりました。
確かに、私も久しぶりに眺めてみたら、
ディスプレイが小さいなぁとか、
軽いなぁとか、なんかちゃっちいなぁとか思うわけですが…。
それでも、コンパクトなだけのカメラには
負けない十分な性能があるはずですが。

でも何を撮るんだろう?
使っている様子が全く見えないのだけれど…。

テーマ:デジカメ - ジャンル:写真

そろそろ車のメンテナンスしなきゃ
なんだか最近車から変な音がするんです。
ぐぉんぐぉんと唸るような音が。
ミッションかリアデフか、
たぶんその辺じゃないかと思います。
コーナーでアクセルを踏み込んだときに限って出るので、
やっぱりその辺が怪しいんじゃないかと。
ミッションオイルは1万km、
リアデフは5千km近く交換しないで走っているので、
オイルの劣化の可能性が高いような気がします。
まぁ、とりあえず交換してみて症状が治まればそれでよしと。

この間くらいから気になっていた症状なのですけどね。
この間はずいぶん走り込んだ辺りで発生したのですが、
今日はあまり走り込んでいないうちに発生してしまったので、
早いうちにメンテナンスしなきゃダメかなと。

普通に大人しく走っているのなら、
ミッションオイルは1万kmとか、
リアデフは5千kmとか交換しなくても大丈夫だったのですが、
最近がんがん飛ばすようになったので
負担がかかっちゃったのかも知れませんね。

とりあえず、車ってのはエンジンを回さないとダメなんですね。
今までこんなスピードで曲がれるわけがない、
と思っていたコーナーが、一速か二速程ギアを落として
エンジンの回転をあげるだけで
余裕で曲がれてしまうものなんですね。
ちょっと膨らんだと思っても、アクセルだけで調整できるのも
エンジンを回しているからなんですね。
今更だけど、気づきました。
3000rpmなんて、ケチな回転数で走ってちゃダメなんですね。
ガソリン垂れ流す覚悟で、最高出力を発生する回転数まで
しっかりと回して走らないといけないんですね。
最高出力の加速に慣れてしまったら、
3000rpm程度の加速なんて驚く程に鈍く感じますね。
まぁ、そんなことしているから、
オイルがすぐにへたるのかも知れませんけれどね。

今日は、この前までよりも気持ち良くヘアピンコーナーが
曲がれるようになって嬉しいです。
この前までは、ヘアピンってアクセル開けたら
外に膨らむし、でも開けないと遅いし…
どうしたら速く走れるのかなぁ?と思っていたんですけどね。
何故か今日は気持ち良く走れました。
アクセルを踏み込んで加速に移る直前までブレーキを踏みつづける、
それだけなのにとても気持ち良く走れるようになりました。
っていうか、ブレーキを緩めると外に膨らんでいっちゃうけれど、
踏んでいればしっかりと狙ったラインを走ってくれる感じで。
とても気持ちが良いですね。これは快感です。

きつい下りだから何もしなくても加速するのに、
わざわざアクセルを踏んでさらに加速する。
迫ってくるヘアピンとその先の壁。
恐い。恐いけれど出来るところまでアクセルを踏んでいく。
もうダメだと思ったところでブレーキに踏み替えて
スピードを少し殺す。フロントがかくっとしずみこみ、
踵でアクセルを煽ってギアを落とす。また落とす。
少しブレーキを緩めてステアリングを切り込むと、
重くて大きな車体がくるりと軽快に向きを変える。
失速しすぎないように、狙ったラインを走れるように
ブレーキを調整するだけ。
コーナーの頂点を過ぎてもまだ踏みつづける。
もう外には膨らまないかな、と思ったところで
アクセルを踏み始める。
踏んだら車が傾きながらまた前に進み出す。
踏みすぎて外に膨らまないように、
でも次のストレートに向けてブースト圧あげるように
アクセルを踏む。
踏み込んだらターボの甲高い音を響かせながら飛び出す。
次のコーナーが迫ってきたらまたブレーキを踏む。
その繰り返し。
それが気持ちいい。

最近涼しくなったとは言っても、
頑張って走ればまだ汗をかきます。
でもそれがいいんです。
モータースポーツというからには汗をかかなければいけません。
汗をかかないスポーツはスポーツじゃありません。
スキーもスケートも水泳も、
本気でスポーツすれば当然汗をかきます。
エアコンを効かせた快適な室内でやるスポーツなんて
スポーツじゃありません。

それでもやっぱりインプレッサは重いかな?と最近思います。
連続するコーナーではちょっとアクセルを踏み込めば、
すぐに次のコーナーです。
アクセルを踏んでいる時間よりも、
ブレーキでスピードを殺している時間の方が長くなる程、
この車ってやっぱり重いのかなぁ?と思ってしまいます。
もしも、軽い車ならば労せずに軽々と曲がっていくのかなぁ?
と思うわけですよ。
もしも、ロータスのエリーゼなら、
ケイターハムのスーパーセブンなら、
ラディカルのSR4なら、
まさにひらひらと走っていくんじゃないかと思います。
そう思うと、インプレッサはドライ路面よりも、
ウェット路面の方が、
さらに落葉なり砂なりが積もっていて、
舗装も汚いような路面の方が向いているんじゃないかと思います。
四駆なんて車重が増えてしまいますからね。
ドライ路面のきれいな舗装の上ではあまりその恩恵が感じられません。
でもそのメリットが最大限活かされるのは、
やはり滑りやすい路面じゃないかと。
そんな路面でも安心して飛ばせるのは素晴らしいです。
他の車が失速を強いられるような条件でも、余裕でアクセルが踏めます。

四駆だからこそ私みたいなへたくそでも飛ばせるんですね。
センターデフのロックをフリーにして走ると、
やっぱり安定性に欠けますね。
ちょっとコーナーに突っ込みすぎると、
すぐにお尻を振ろうとします。
でも私にはそれを制御する力がありません。
ステアリングをまっすぐに戻して、ブレーキを緩めて、
お尻が流れるのを防ぐのが精一杯。
でも、そんなことするともちろんラインが膨らむわけなんですよね。
ラリードライバーのように華麗なドリフトが
出来るようになりたいものです。
でもセンターデフをフルロックにすると、
とても安定しています。
と、言うかアンダーステア傾向が強くなるだけでしょうか。
ちっともお尻を振ろうとしません。
へたくそにはアンダー傾向の車の方が良い、
と何かの本にかいてありましたが、納得です。
アンダーの方が安心できてしまいます。

でも、そうなるとセンターデフを電子制御する
ノーマルのインプレッサSTIや
ランエボってのはすごいわけですね。
コーナーの侵入ではセンターデフをフリーにして、
お尻を振りそうな程の旋回性能を引き出しつつ、
立ち上がりではセンターデフをロックさせて
トラクションを稼ぎながら加速していくと。
そりゃあすごく速そうなメカニズムですね。
それがどうして競技仕様モデルにないのか不思議ですが…。
耐久性の問題でしょうか?
まぁ、機械式LSDってのもとても気に入っていますけれどね。

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

サス、ヘタってんですか?
家の父親の車の話なんですけどね。
何やら最近乗り心地が良くなっただの、
曲がるときの車の動きがぐにゃっとして
頼りなくなっただのと言うんですけどね。

それって、サスがヘタってんじゃないのかなぁ?
と思うわけですよ。
純正サスなら5万kmくらいでへたると聞きますが、
どうなのでしょうか?

でもまぁ7万km走っているのなら、
そろそろ交換を検討しても
良い時期じゃないかと思うんですよ。
それなのに交換しないとかいうものですから…。

別に乗用車ならば気にならないんですけどね。
でも、Civic Type Rなら交換しないとダメだと
思うんですよね。
215psを絞り出すVTECエンジンも魅力なのかもしれませんが、
やはり多少硬くても安定性の高いその足が
生命線だと思うわけですよ。
その足がヘタったのなら即交換が当たり前じゃないですか?
パワーが欲しければアコードにでも乗っていればいいんですよ。
高速を安定して飛ばせるのも、
その高回転で絞り出す215psのパワーを活かせるのも、
交差点だろうとどこだろうと速く曲がれるのは、
やっぱりその足があるからじゃないですか。
それなのに、ヘタっていても構わないだなんて…
信じられないです。
ありえないです。
ひょっとしてヘタっているのはその根性の方ではないかとさえ…。

まぁ、とは言っても安くはない代物であることも
わからなくはないのですが…。

私も、いつかは必ずくるその日に備えてお金を
貯めておかないといけませんね。
私は現在の走行距離29000kmくらい。
5万kmを寿命と仮定するならば、あと2万km。

次に交換するのはどんなサスが良いか考えておこうと思います。
せっかく交換するならば、純正品ではなく
もうちょっと良いのが欲しいなぁと。
インプレッサのサスのアフターパーツとなると、
車高を下げたがる類のものが多い気がするのですが…。
まぁ車高を下げるのが嫌なわけじゃないんですけどね。
重心が下がるのは大歓迎なのですが…。
現在の車高でもフロントのエアロが段差を越えるときに
擦っちゃうんですよね。
前進駐車とかするときは輪留めにも擦っちゃうんですよね。
そんな状況なのにそれ以上車高を下げると、
今度はバンパーがバキって割れちゃうんじゃないかと不安で…。
擦るのは構わないのですが、割れるのは困ります。

あと、私はサーキットで速くするよりも、
どんな道でもどんな路面状況でも安定して
速く走れるというところを目指したいわけなんですよ。
サーキットを速く走れるようになるのは結構なのですが、
それと引き換えに舗装の汚い路面は遅くなるとか、
落葉が降り積もった路面は弱いとか、
雪の日は走れないとか、
雨の日はスピード控えめにとか…
そんなのは許せません。
ドライ路面のサーキットのラップタイムだなんて、
そんなの二駆の車に任せておけば良いんじゃないかと思うんですよ。
やっぱりインプレッサはその四駆の特性を活かした、
どこでも安定して速く走れるっていう方向を
目指したいわけなんですよ。
なので、無闇に車高を下げるのは大丈夫なのかな?
と慎重に判断したいところです。
まぁ、サスがヘタるまでに考えておくことにします。

あと、自分で交換できるように勉強しておかなきゃなぁ。

テーマ:メンテナンス&ケア - ジャンル:車・バイク

フルバケットシートの評判は上々です
この間、助手席のシートも
レカロのフルバケットシートに交換した件ですけどね。

最初に乗せたのは父親でした。
予想通り評判はよかったです。
まぁ、乗り込むときは大変そうでしたけどね。
シート高は運転席と同じ、最低にしているのですが、
何故か運転席よりも1cm程低いようです。
乗り込むとき、立ち上がるときはそのわずかな差が
大きいですね。
自分でも助手席に座ってみたら、
運転席よりも乗り込みにくいなぁと思うわけですから。
まぁ、運転席の場合、ハンドルとか捕まるものがあるから
乗り込みやすいのかも知れませんけれどね。

座ってみると、ベルトをしていると腰が痛くなるって
私と同じ事を言っていました。
このシートに座るときはベルトを外した方が良さそうです。

さて、肝心のホールド性ですが、
抜群に素晴らしいようですね。
峠道を走ろうとも、体を支える必要がなく、
シートに体を預けているだけなので
楽だと言っていました。

やっぱり普通のホールド性の低いシートは、
足で踏ん張ったりどこかに捕まっていたりしないと
体が傾くじゃないですか?
峠道然り、
交差点然り、
高速道路のレーンチェンジでさえ
丁寧に運転しないとそうなりますからね。
フルバケットシートはそれから開放される、
というのが大きなメリットですね。

父親のCivic Type R (EP3)にも
レカロシートは付いているんですけどね。
やはりホールド性に関してはフルバケットの方が
優れているようですね。

と、いうわけで買ってよかったです。
ちょっと高かったですけどね。

あぁ、もう一つ難点があるとすれば、
シート高が下がったおかげでサンバイザーが
あまり役に立たなくなりました。
早朝、夕方はまぶしいですね。
サングラスが必要かもしれません。

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

君はフィッ友を見たか?
フィッ友と言うものをご存じだろうか。



父親がホンダのディーラーからもらったようです。
フィットを宣伝するための冊子的なものでしょうか。

父親がフィットRSが欲しいとか言ってましたが、
問題はそんなところではありません。

「これ見てみろ」
と見せられたページがこれでした。



マジっすか?本田さん!って感じです。
サブカルチャーであったはずの痛車は
若者の自動車離れを防ぐメインストリームに
なりつつあるのですか?

まぁフィットに興味がある人もない人も、
ディーラーを冷やかしに行ってご自分の目で
見てみてください。

しかし、フィットRSは侮れませんね。
上手い人が乗れば速いですね。
まさか、フィットがあんなに走るのか!
と衝撃を覚えた程です。
縁石に乗り上げ、斜体が跳ね上がり、
タイヤが地を離れて横転するんじゃないかというほど
傾こうとも、
果敢にアクセルを踏みつづけて、
また縁石にぶつけるおっさんにはびっくりしました。
おっさんはすごいですね。
伊達に長く生きてるわけじゃないんですね。
正直、感動しました。
いや、もっと車高の低い車ならば横転の心配も少ないので
縁石もガンガンなのですが、
それをフィットでやるとはねぇ…。

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

無駄にガソリンを消費してしまった
今日は朝7時に家を出発して名古屋へ。
陸上自衛隊のイベント情報によると、
今日は豊川駐屯地の記念式典の
予定のはずだったのですが…。
行ってみたらそれは昨日ですよ、
とか言われちゃったわけですよ。

せっかく早起きしたんですけどね~。
せっかくガソリン代に高速代まで使って、
2時間以上かけていくんだから、
遅刻は厳禁だと思って、
燃費が悪くなるのも構わずに
がんがん飛ばして行ったのに…。
しかたがないのでお昼ご飯に味噌カツを食べて
帰ってきました。

仕方がないので滋賀県の長浜の海洋堂ミュージアムに
行ってきました。
JAFの会員証があればちょっとだけ割引になります。
せっかくなので写真を撮りたかったのですが…
生憎望遠レンズしか持っていなかったので、
ほとんど写真が撮れませんでした。

でもこれはでっかいTレックスの足。
ジュラシックパークの撮影で使われたものみたいです。



これは入口のベルダンディ。



どんなところかは、
一年前に行ったときの記事があるので、
それも参考にしてもらえれば。

代わりに父親の撮った写真を。
これ良いよね、とか言われても
私には理解しがたい趣味としか…。
しかし、フィギュアなんだから写真見て喜んでないで、
買えばいいのになぁとか思うんですけどね。
まぁ、全く同じものは売ってないでしょうけれど。



何でさくらたんの写真撮ってないんだろうなぁと、
甚だ疑問ではあるのですが…
私的に一番はエヴァの初号機。
やっぱりかっこいいですよね。

それから、鈴鹿スカイラインに遊びに行ってきました。
父親が行ったことないというものですから。
でも着いた頃にはすっかりと日が暮れて、真っ暗でした。
現在工事中なので行き止まりの道故、
交通量はかなり少ないんですけどね。
ましてや、夜ともなるとほとんど人がいません。
そして外灯もほぼ皆無…。
暗いです。真っ暗です。
特に山頂の暗さと静けさは雰囲気ありすぎです。

三重県側に通じるトンネルですが、
現在通行止め中です。



山頂で記念撮影。
恐かったですけどね。
こんなところ、夜に一人では絶対に来たくないです。



夜になるとガードレールまでの距離を
正確に目測できないので恐いです。



そして家へ。
今日の総走行距離は500km弱。
東京まで行けてしまう距離です。
そして高速で飛ばしすぎたせいで
やっぱり燃費が悪かったです。
200km程度走るのにガソリンを半分も
消費してしまいました。
だいたい25Lくらい。
このペースで飛ばすと、ガソリン満タンでも
東京までたどり着けないって事ですね…。
まぁ、東名は混んでるから、
早朝か深夜に走りでもしない限り
そんなペースで飛ばせる区間なんて、
限られているんですけどね。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

今日のライトアップは期待外れでした
豊郷小学校へ行ってきました。
今日はライブのある日だったのですが、
別にそれが目的だったわけじゃありません。
ライトアップされるということだったので、
その写真を撮りたくて行ってきました。
鈴鹿スカイラインへ遊びに行った帰りに、
足をのばしていってきました。

で、これがそのライトアップ。
濡れた地面に光が反射して
それはそれで面白いような…。
でもレンズに水滴が付いて一部ボケちゃってるし…。



って、普通に校舎の電気が付いてるだけじゃん!
去年のクリスマス頃のように
電飾とか使ったライトアップをするのかと
楽しみにしていたのですが…。
でもせっかくなので、雨の中適当に撮ってきました。
初めてカメラ用のレインカバーを使ったのですが、
使いにくいですね。
もっと使い易いレインカバーを探さないといけません。

まぁ校舎の中をじっくり撮影すると、
いつもとは違った絵が撮れたのかもしれませんが…
人も多かったので面倒なのでやめておきました。
っていうか、閉まる時間早すぎです。

そう言えばどこかのテレビの取材が来てました。
なんか私がカメラと三脚を持ち歩いていると、
ときどき取材と間違える人がいます。
私はただの亀子です。

そう言えば自分の写真を撮ったことがないなぁと思って、
写ってみました。
自分の写真撮るのって難しいですね。



セルフタイマーです。
傘持って数十秒間じっと立ってるのは難しいですね。
おかげで傘がブレてしまってます。

今日はあまり収穫はありませんでした。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

レカロシートを買いました
走り屋天国京都八幡店で。
レカロシートのRS-G ASMモデルを買いました。
フルバケットシートです。
運転席には既に装着していたのですが、
今回は同じものを助手席に装着しました。
今はシートレール無料キャンペーン中ですからね。

運転席に付いていたシートを助手席に移設してもらって、
新しいシートを運転席に付けてもらいました。
90分くらいの作業時間です。
でも工賃は一緒です。

助手席にフルバケットシートを入れるメリットは、
運転席ほど多くはないんですけどね。
以前は左右でシートが違うと嫌だとか思っていたのですが、
慣れたら気になりません。
でもこれで左右のシートを
揃えちゃったことになるんですけどね。

今回シートを購入するに至った動機は
助手席の人もホールド性UP。
数kgの軽量化。ノーマルシートよりも軽いですからね。
重心を若干下げる。ノーマルシートよりも
ポジションを低くできますからね。
自己満足。
ってところですね。
普通の車ならば大抵捕まる取っ手が助手席の
天井付近に付いているはずなのですが、
私の車は軽量化のためにそれすら付いていませんからね。
なので私の荒い運転の隣に座る人は、
いつも両足に力を入れて踏ん張っていると。
でもフルバケットシートならば、
そんなことをしなくてもシートに
体を預けているだけですからね。
まぁ、その代わり、乗り降りが結構大変になりましたけどね。
この大変さは車に取り付けてみないとわかりません。
店頭で座ってみるだけじゃわかりません。
だって、店頭の展示してある椅子に座るときは、
正面から座りますが、
車に装着すると横から座りますからね。
大変です。
足腰の弱った老体では立ち上がれないかもしれませんね。
お腹の大きな妊婦さんも座ったら
自力で出れないかもしれませんね。
体の重すぎる人は…
まぁシートに体が入らないかもしれませんが…。
それくらい大変です。
シート高を最低にしたっていうのも一因かもしれませんが。

でもやっぱりレカロシートは座ると良いですね。

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

ガラスリペアしました
高速道路を走行中にできてしまったと思しき
フロントガラスの欠け、補修してみました。
今回の症状はヒビではありません。
表面が欠けただけです。

恥ずかしいくらい汚い写真ですが…
傷です。
真ん中と、左斜め上の白い点の二箇所が問題の傷です。



傷ができたその日のうちに、
養生テープで傷を塞ぎました。
そして修理をする1週間後の今日まで、
駐車場の屋根の下に置いておきました。

傷口から水やほこりが侵入すると直すのが難しくなる、
らしいので注意が必要ですね。
傷ができたら水やほこりの侵入を防ぐ
応急処置をしつつ、
早急に処置を施すと。

今回使ったのはこれです。
ホルツの修理剤よりも少しだけ安かったです。
これもピンぼけしてしまってる恥ずかしい写真ですが…。



作業時間は大体1時間くらい。
取説通りに進めます。
気象条件を選ぶ面倒臭い物ですが、
作業自体は簡単です。

完了後の写真。
埃が多くてわかり難いですが…
まぁ傷が目立たなくなったのは事実です。
真ん中とその左斜め上に痕が残っています。
大きい写真で見ると少しはわかりやすいかもしれません。



綺麗に傷を埋めることができました。
表面を撫でても滑らかです。
傷は目立たなくなっただけで
消えてなくなるわけではありません。
塞ぐだけです。
でも、それが大切なんです。
傷が徐々に広がって割れると大変ですからね。
何よりも、車検に通らなくなります。
でも、塞げば通るらしいです。
プロに直してもらったら1万円くらいでしょうか。
手遅れになってガラス交換になると、
十万円程度でしょうか。
それを思えば、3千円程度のガラスリペアキットは
安いものです。

今度からは飛び石に気を付けて
飛ばすようにしないといけませんね。

テーマ:メンテナンス&ケア - ジャンル:車・バイク

小牧基地へ行ってきました2
写真の現像が済んだので、
今回はその公開です。

小牧基地って名古屋飛行場と併設していたんですね。
背後の建物の「NAGOYA」って文字を
レンズ越しに確認するまでわかりませんでした。



C130ってかっこいいですね。
私は好きです。戦闘機を見ているよりも好きです。
やっぱりおっきいと迫力があって良いですね。



ミサイルですね。
飛行展示の合間に屋内の展示をちょっとだけ見てました。
三菱とか川崎とかの重工屋さんの展示がありました。
重工って面白そうですね。
大学は工学部へ行けば良かったかなぁ、
とときどき思います。



おっきいのは空自の空中給油機KC767です。
後ろのちっちゃいのは近くの岐阜基地から飛んできたそうです。
ちなみに、岐阜基地の航空祭は10/24ですね。



プロペラ機を撮る場合、
シャッタースピードを遅くしないと、
プロペラが止まって写っちゃうからつまらないですね。
まぁこれはプロペラ機じゃないですが。
少し流してみようかと思って撮ってはみたのですが、
縮小するとよくわからないですね。
小さいサイズの写真で見ると迫力に欠けますね。



関係ないけれど、小牧基地を目指して
高速道路を飛ばして走っていたせいか、
空港に到着したらフロントガラスに
小さな傷ができていました。
小石にでもぶつかったのでしょうか。

飛ばしすぎたのが原因なのでしょうか?
それとも前の車との車間距離を必要以上に
詰めすぎたのが原因なのでしょうか?
事故る前に飛ばすのも程々にしておけという
警告なのでしょうか。

まぁ、ガラスリペアとか言うのを
試してみることにします。
カー用品店に3千円程度で売っているやつで。
ただ、修理をするにしても、
傷から水やほこりが侵入すると修理し難くなったり、
最悪割れたりするらしいと雑誌に書いてあったのを
思い出したわけですよ。
で、そんなこともあろうかと車に積んでいた
養生テープで応急処置。
傷の上からぺたっと貼っただけですが。
ちょうど帰るときには雨が降っていました。
水の侵入が防げていれば良いのですが…。
帰りにオートバックスで補修剤は買ったので、
土曜日に早速やってみます。

次からは、車間距離をつめるのも程々に
しておこうかと思います。

それにしても、飛ばすとガソリンが
結構なハイペースで減っていきますね。
ひょっとして10km/lを軽く下回っているんじゃないかと
思うほどの勢いです。
まぁその分時間短縮できたわけですが。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。