mooの雑記 FC2ブログ
バイクとか車とか アニメとかコミックとか 日記とか 妄想記とか コンピュータ関係とか 等について。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小牧基地の航空祭に行ってきました
名古屋にある航空自衛隊の小牧基地の
航空祭に行ってきました。
輸送機のC-130とか、
空中給油機のKC-767があるところですね。

航空祭は8:55から始まるようでしたが、
そんな時間に行こうと思うとかなり早起きしなきゃいけないので
もう少し遅い時間にしました。
11:10からの展示飛行に間に合えばいいかなと。
だから、8:00に家を出発する予定だったのですが、
忘れ物をしたりで家と車の間を何往復もしている間に
15分遅れて…。
ガソリンを入れに行っていたらさらに15分遅れて…。

遅れを取り戻すために高速でがんがんアクセルを踏みました。
買ったばかりのレーダー探知機のテストもかねて。
ちょっと下品なくらい飛ばしすぎた気もしますが…。
スピードを出すのって気持ちいいですね。
休日の朝は交通量が好くなくて走りやすいですね。
それなのに追越車線を塞いでいる車にはイラッとします。
追越車線は速いとか遅いとか関係なく、
追い越しをするための車線なのだから、
追い越しが終わったらさっさと走行車線に戻ってほしいです。
走行車線の車と並走しているとか最悪です。
ひょっとしたらそれでも
速く走っているつもりなのかもしれませんが、
バックミラーを確認してもらいたいものです。
後ろ、つっかえています。

でも頑張って飛ばしたおかげで、
当初の予定通りの時間に駐車場近くに到着しました。
駐車場近くというのは、
駐車場に止めるまでに30分くらい
渋滞していたということなんですけどね。
まさかそんなに混んでいるとは思いませんでした。
ブルーインパルスもこないし、
大して人はいないだろうと思っていたのですが…。
航空祭って人気なんですね。
特に家族連れがずいぶんと多かったように思います。
やっぱり飛行機は少年の憧れですか?

駐車場は三菱重工の
名古屋誘導推進システム製作所の敷地を借りているようです。
なんか、如何にもミサイルとか作ってそうな名前ですね。
まぁ実際三菱重工はミサイルとか作っているわけですが。
とりあえず、駐車場に入るには遠回りでも左折して
入るようにしたいです。
右折で入るのとか、かなり厳しかったです。
左折で入る車が信号無視で途切れることなくやってくるので、
右折できません。
隙間に頭をねじこんでいくとか、
品のない真似をしないと入れません。

展示飛行はそれなりに…。
まぁ目の前で航空機が見れたっていうのがポイントでしょうか。
飛行自体は特別派手なわけでもなく…。
ブルーインパルスの方がずっと面白かったかなぁと思いながらも
写真撮ってました。
今日は800枚くらい。
16GBのCFじゃ容量が足りないです。
近々さらに16GBか32GBくらい増やしたいですね。
航空祭には大きなレンズに高価なカメラを持った
亀子が多いですね。
70-200mmのレンズではちょっと物足りないですね。
地上に展示されている航空機を撮るにはちょうど良いのですが、
飛行中の機体を撮ると小さくなってしまうので…
400mm持っていけば良かったかなぁと思ったり。
まぁ、今回は初めてだし下見ということで。
時間がなくてみれなかったのですが、
ペトリオットミサイルとか対空機関砲を見てみたかったです。

まぁ、時間が全くなかったわけでもないのですが…。
1時間前から最前列で展示飛行の場所取りしていました。
お立ち台、持っていってよかったです。
寝るのに意外に使えました。
本当に寝てしまいました。
UH60のエンジン音がうるさくて、
展示飛行10分前に目が覚めました。
気がついたら背後には人だかり。
場所取りしていてよかった。
場所取りも写真撮影のうちですね。

帰りのバスはまた並びました。
会場から駐車場までのシャトルバス。
30以上待ちました。
その時に、戦闘機と思しき機体が急発進していくのが見えました。
滑走路を滑走していたかと思うと、
突然機首を上げ、直角に近い角度で離陸、
そのままロケットのように真上に上昇し雲の中へと
一瞬で消えていきました。
これを展示飛行で見せてくれたらなぁ…。
突然のことで写真にも撮れませんでしたが…。
まぁ、いいものが見れました。

写真は現在現像中でまだ準備できていません。
さて、次は10/24の岐阜の航空祭です。
今年もブルーインパルスくるのかなぁ?
今度は400mmの単焦点レンズで挑みます。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

レーダー探知機使ってみました
ユピテルのGWR33sdってモデルです。

取り付けステーにマジックテープを付けて、
ダッシュボードに取り付けました。
車の時計の前。
レーダー探知機を取り付けると
時計が見えなくなるけれど、
代わりにレーダー探知機の時計が見えるから問題無し。
むしろレーダー探知機の時計は
時間を合わせなくてもいつも正確ですからね。
使わないときはステーごと取り外しも可能。
峠を走った程度のGでは外れないことも確認済。

さて、肝心の機能の方ですが、結構便利ですね。
一般道を走っているときは、
比較的取締り頻度の高い道にさしかかると
警告してくれます。
まぁ、比較的頻度が高いからといって、
たまに通る程度では出くわす可能性の方が低いわけですが。

レーダー探知機は走行スピードも計測してくれるんですけどね。
車のメーターとスピードがずれています。
大体5km/hくらい遅いスピードを表示しています。
まぁ、どちらのスピードが正確なのかはわかりませんが…
たぶん車の方が正確でしょう。

レーダー探知機能の方ですが、
今のところ役に立っていません。
何度かレーダーを探知するのですが、
たぶん全部誤報です。
肝心のレーダーの姿もお巡りさんの姿も一度も
見かけませんでしたから。
まぁ、近くの別の道でやってるレーダーを
検知したという可能性もあるのでしょうが…。
この機種にはインテリジェントキャンセルとか言う
機能があります。
誤報を学習して次回から同じところで
警告しなくなるそうです。
その機能についてはもうちょっと使ってみないとわかりませんね。

さて、レーダー探知機の本領を発揮するのは
やっぱり自動車専用道路でしょうか。
オービスの位置を的確に教えてくれます。
飛ばしているときにはとても助かりますね。
オービスまでの距離、カメラの位置、
制限速度、現在速度を知らせてくれるので便利ですね。
あと、お巡りさんの取締り要注意ポイントも教えてくれます。
まぁ実際にお巡りさんの姿は見かけませんでしたが。

あと、実写でオービスや取締りポイントを教えてくれるのですが、
その機能は要らないような気も…。
ただでさえ小さい画面に、さらに小さく写真を写されても
見えないし…。
別に実写で見なければいけない必要性もわからないし…。

あと、高速を走っているとレーダー探知の誤報を含めて、
結構警告してくれますね。
せっかくやっとの思いで隙を見計らって遅い車を追い抜いても、
すぐに警告がでてスピードを控えているうちに
また抜き返されたり…。
まぁ仕方がないことですけれどね。

でもまぁ今のところ買ってよかったと思います。
お巡りさんに捕まらないように飛ばせるという目的は
しっかりと果たしてくれていますから。
ただ、レーダー探知機を使っていても、
先頭を一人でがんがん派手に飛ばすのは控えた方が良さそう。
流れに乗るふりをしながら、回りの車に姿を隠しながら、
飛ばすのが捕まり難いんじゃないかと思います。

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

鈴鹿スカイラインを走った
久しぶりに鈴鹿スカイラインを走ってきました。
近くまで行ったら、電光掲示板に
滋賀県側から県境のトンネルの目前までは
通れるようになったと書いてありました。
なので、早速走ってきました。

やっぱり交通量が少なくて走りやすかったです。
三重県側には通り抜けできないので、
通り抜け目的の車はいるはずもなく、
鈴鹿スカイラインを楽しみたい人しか走っていないので、
とても交通量が少なくて走りやすかったです。
勾配のきつさ、コーナーのきつさ、路面の汚さ、
どれをとってもとても楽しい道路です。

それはそうと、どうも車の調子が変です。
曲りながらアクセルを踏み込むと唸るような異音が…。
ストレートだと全然普通なんですけどね。
LSDが頑張っているときに異音が発生している、
ということなのでしょうか?
車の下かひょっとしたら後方の方から聞こえてくるから、
ミッションか、リアデフ辺りが
怪しいんじゃないかと思っています。
頑張って走った後に発生したからオイルの油膜切れ?
なんかが起こるほど飛ばしたつもりもないので…
オイルの劣化?
それともオイルが漏れて減ってるとか?

過去にも似たような異音が発生したことがあるのですが、
その時はミッションオイルを交換したら直りました。
なので、オイルの劣化とか、
その辺が怪しいんじゃないかと思っているのですが。

まぁ、とりあえずオイル交換してみようと思います。
ミッションオイルは前回交換してから8000km程度走行。
リアデフは3000km程度走行。
そろそろ交換時期なのかなぁ?
若干早い気もするけれど…。

ミッションオイル、リアデフのギアオイルとも
同じものを使用しています。
ゼロスポーツのZERO SPの80W120のワインディングモデルです。
現在6缶くらいストックがあるのですが、
次から80W140のハードスポーツモデルに変えようかと思います。
なぜって、機械式LSD装着車には
そっちの方がお薦めらしいからです。
リアデフには次回からハードスポーツモデルを使おうと思います。

でも、さらにオイルの粘土があがるなんて…
交換が大変です。
なんとか楽にオイルを押しこめないものですかねぇ?
リアデフのオイルは注入が大変です。
大変なのに、機械式LSDが入っているから
交換頻度がかなり早いし…。

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

レーダー探知機買いました
レーダー探知機って、
オービスだとかお巡りさんの取締りとかを
警告してくれる、
スピード違反する人の必携品、ってところでしょうか。

私も買いました。
ユピテルのGWR33sdって言うやつです。
3万円くらい。
まだ買ったばかりで使っていないので
性能の方はわかりませんが。

でも、箱を空けてみて予想外の小ささにびっくりしました。
てっきりポータブルナビくらいの
大きさはあるのかと思っていたのですが、
それよりも明らかに小さかったです。
そして軽かったです。

車にどんな風に取り付けるかは現在検討中です。
取り外し可能な状態にしたいと思っているので。
私の車以外でも使えるようにっていう目的の他に、
盗難防止のために。
特に私は車に鍵をかけないので。
盗られちゃったら困りますからね。

日曜日に名古屋まで行ってくるので、
その時に性能は試してみたいと思います。

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

螺を回すのって難しいですね
螺です。
プラスドライバーで回すあの螺です。
難しいですね。
舐めていると痛い目を見ますね。
舐めてかかると、螺の頭を舐めてしまいます。
そう、舐めちゃったんですよ。

プラスドライバーは螺を押さえつけながら回すのが基本。
押さえつける力が足りないと、舐めてしまうんですね。
でも、疲れるんですよ。
押さえつけるのって疲れるんですよ。
硬い螺であればあるほど強く押さえつけないと、
舐めてしまいますからね。
二本目、三本目の螺になって、
腕が疲れてきて、油断したときに抑える力が弱ったところで、
がりっと舐めちゃうんですね…。
車とかに使われているプラス螺は最悪ですね。
しかも錆びたりしていると。
車の螺やボルトなんて錆びていてもおかしくはないですよね。
六角ナットなら、簡単に舐めることはないんですけどねぇ…。

螺を回すのって技術がいるんだなぁと思いました。
特に、錆びた螺。
舐めちゃったから一本外れなくなったし…。
仕方がないので、今度螺屋さんに行って代わりの螺を探してきます。
ステンレス製とか、もっと錆びなくて舐め難い丈夫な螺が良いですね。
まぁ、外れなくなった螺はそのうちなんとかして外してみます。
舐めた螺が外れた瞬間って嬉しいじゃないですか。

まぁ、なんでそんなことをしていたのかというと、
車のリアスポイラーを取り外していたからです。
あれ?なんか錆が水に溶けて流れ出したような痕がある!
と思って、スポイラーを外してみました。
結局取付部に錆は一切見られず…
と、いうか樹脂性スポイラーに
アルミトランクじゃ錆びる要素もないし…。
錆びていたものといえば、スポイラーに使われていた螺とかボルトくらい。
それじゃあ、その螺とボルトを全部外して、
ワイヤーブラシで研いて、錆とり剤で研いて、
グリースを塗って取り付けようじゃないかというところで、
螺を舐めてしまいました。
まぁ、スポイラーの螺なんて取り外す必要性がなさそうなので良いのですが…。
とりあえずこれ以上錆が進行しないように気を付けないといけませんね。

あと、螺取り付けのために凹んでいる部分。
ここをテープか何かで塞いでしまえば
若干空力的に改善されるんじゃないだろうかと思うのですが、
どうなんでしょう?
まぁ、体感できる程の変化があるとは思えませんけれどね。
ただ、高級車が車の隙間を極力無くして
空気抵抗を減らし、風切り音の低減を計っていることを考えれば、
この様なわずかな窪みとは言え多少は効果があるかも…?

それにしても、スポイラーって重いんですね。
予想以上に重かったです。
10kgは超えていそうな感触でした。
これならジムカーナみたいにスピードをあまり出さない競技なら、
軽量化のために取り外してしまうのも納得ですね。
まぁ、私は羽が大好きなので外しませんが。
スピード出すので外しませんが。

テーマ:メンテナンス&ケア - ジャンル:車・バイク

やっぱりインプレッサは楽しい
まぁ、いつも乗るたびに思うことですけどね。
今日は久しぶりに飛ばしてみました。
思いっきり本気で、じゃあないんですけどね。
アクセル半開くらいで。

8000rpmまで回るエンジンの半開ということは
つまり4000rpmまで。
最大トルクの43kgmを発生する4400rpmの
一歩手前。
やっぱり圧倒的な加速力ですね。
でも、回転数を落としてしまうと、
加速がものすごく鈍ります。
3000rpmも回っていれば十分に速いはずなのですが、
4000rpmの加速力を味わった後では、
焦れったい程に遅く感じます。
やっぱり高回転をキープして走らないと
いけないってことですね。
まぁでも今日はそこまで飛ばさないということで、
4000rpmまでで我慢。
やっぱり、燃料計の下がり方も
いつも以上に早くなりますね。

これからしばらくのテーマはブレーキです。
ブレーキを踏み始めるタイミング、
ブレーキを緩めて旋回に移るタイミング、
ブレーキを離してアクセルを踏み始めるタイミング、
その辺りを練習しようかと。
ブレーキをぎりぎりまで我慢する練習が必要かな。
どうも私の走りはコーナーにさしかかる前に減速を追えて、
いざコーナーに飛び込むときにはブレーキを
踏んでいないような感じで…。
迫ってくる壁が恐くてつい早めにブレーキ踏んじゃうんですね。
止まりきれなかったらどうしよう、って。
でも、実際は私の思っている以上に良く止まるんですけどね。
エンドレスのType-Rってブレーキパッドは結構いい感じです。
強くブレーキを踏んでいるとなかなか曲がろうと
してくれないんですけどね。
そこから少しだけブレーキを緩めるだけで、
車の大きさを感じさせない程
クルッと気持ちよく向きを変えてくれる。
そうなると、コーナーはセオリー通りに
アウトインアウトで走った方が良さそうな感じ。
でも、それが狙ったようにできないから練習。

そこからアクセルを踏み込んでいく。
外に膨らんでしまわないように調節しながら。
エンジンを回す程に嬉しい程ぴったりと狙ったラインを
通ってくれる。
踏みすぎたら外側に膨らむし、
少し緩めれば内側にも向いてくれる。
そこから次の加速に向けてエンジンの回転を上げていく。
シュイーンという音を響かせながらの加速は
ワープみたいで病みつきになる。
下りはもちろん、きつい上りでも平然と駆け上がっていく。
シフトフィールも抜群に素晴らしく、
車を操っている感覚を存分に楽しませてくれる。

そしてやっぱりシンメトリカルAWDってのは素晴らしい。
安定性が高いですね。
硬い硬いと言われているサスペンションも、
100km/h程度で
飛ばせばちょうど良くなります。
荒れた路面で車が跳ねてもちっとも乱れない。
片輪を縁石に乗り上げて跳ねても、
片輪が土の上に乗り上げても乱れずに、
安心してアクセルが踏んでいける。

実に素晴らしい車だと思います。
運転がうまくなったような気になります。
次の車もやっぱりインプレッサしかないなぁと思います。
一日も早くのりこなせる様に、
明日もアクセルを踏みつづけます。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク

素敵な懐中電灯ですね
その名も痛灯だそうです。
けいおん!の他、
リトバス、クラナド、
AIR、とらドラ、
その他いろいろな絵が描かれた
素敵なLEDライトです。

オートメカニックっていう雑誌を読んでいたら、
商品紹介ページに載っていて知りました。
車いじりが好きな人向けの
雑誌のはずなのに、何でそんなのが?
と不思議だったんですけどね。

この痛灯はストレートって会社が作っているようです。
ストレートは工具を作っているメーカーだったんですね。
知りませんでした。
名前は知らなかったけれど、
その商品にはずいぶんとお世話になっていたみたいです。

ストレートはこの痛灯の他にも、
痛箱も販売しているようです。
板箱の方はバリエーションは少ないですけれどね。
工具メーカーの作る代物なだけあって、
アニメグッズショップに売っている
ちゃっちいものとは違って作りが
しっかりとしているように見えます。
きっと普通のツールボックスとして使えるんでしょうね。
もっとも、そんなツールボックスに乱雑に
工具を押し込めるのかというとそれは別の問題ですが…。
まぁ、値段はツールボックスに相応しい値段ですが。

痛箱は汚れるのが嫌で使えそうな気がしないので買いません。
飾っておくにしては重くて大きいので邪魔になりそうだし…。
と、いうことで痛灯を例に注文してみました。
使えそうな品質であれば、
他のキャラも揃えてみようと思います。
まずはクラナドの渚たんから。

あと、ついでに消耗した工具類の注文も。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク

車が、欲しいです
残業が忙しくなると、
無性に新しい車が欲しくなりませんか?
この残業代で新しい車買って、
うんと遊んでやるんだ~ってね。
まぁ、ちょっとやそっと頑張った程度では
到底手がでないのですが。
まあ、夢を見るくらいならね。

ケイターハムのスーパーセブンとか、
ロータスの2-elevenとか、
RadicalのSR-4とか、
とっても気になっています。
偶然、どれも屋根が付いていない車ですけれどね。
どこをどうみても、実用性の欠片もない車ですけれどね。
一度は乗ってみたいですよねぇ~。
私的にはフェラーリやポルシェよりも魅力的です。
イギリスって面白い車を作りますね。
実用性のないところがとても魅力的です。
遊ぶことしか考えていないのが素敵です。
素晴らしき無駄です。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク

レカロのシートを買うなら
オートバックス走り屋天国がお薦めです。

最近、またレカロのシートを買おうかと思っています。
運転席には既に取り付けてあるんですけどね。
今度は助手席に取り付けようかと。

RS-GのASM Limitedとかいう、
オートバックス走り屋天国限定モデルが。
フルバケットタイプで12万円程度。
これにシートレール2万円程度と、
サイドサポート1万円程度と、
それに加えて工賃が必要になってきます。
高いですね。
高いけれど、効果は絶大です。

まぁ、純正シートがものすごくちゃっちかったから、
なおさら違いが実感できたのかも知れませんけれど。
純正のシートはインプレッサの一番安いグレードに付いている
ちゃっちいシートです。
数時間ずっと座りつづけていると、
お尻が痛くなってきて拷問の様な
苦痛を味わう羽目になるシートです。
ちなみに、別にインプレッサのシートが
特別粗悪というわけではありません。
今までいくつもの国産車のシートに座ってきましたが、
シートにお金をかけていない車は
大体どれもお尻が痛くなります。
運転しているのが苦痛になります。
十数分程度休憩したくらいではどうにもならないほど疲れます。
まぁ、長時間車に載らない人には関係のない話ですが。

フルバケットシートなので、
ホールド性が抜群です。
サーキットまでいかずとも、
交差点を曲がっただけでも違いはわかるはずです。
体が横に振られないんです。
シートにすっぽりと包まれるような感じで、
安心して体をシートに預けられます。
サーキットを走るならば、必須だといっても良いくらいです。

ただ、欠点もあるんですけれどね。
それは、乗り降りがとてもしにくい!
車に乗るというよりも、
乗り込むと言う感じ。
大変ですよ。

でも、長時間車に乗るのならば、
レカロシートはお薦めです。
疲れが低減されます。
フルバケットシートなんて、
グラスウールの薄くて硬い殻の上に
薄いクッションが入っているだけでしょ?
乗り心地悪くないの?
と私も見たときは思ったんですけれどね。
純正シートよりも良いですよ。
デミオの純正シートよりも、
フィットの純正シートよりも、
ステップワゴンの純正シートよりも、
シビックの純正シートよりも良いです。

まぁ、百聞は一見にしかず。
座ってみればわかります。
オートバックス走り屋天国は
座ってみることができます。
そんなわけで、京都八幡店に行ってきました。
やっぱり近所のオートバックスとは
対応が違いますね。
スタッフの専門知識が素晴らしい!
RS-GとTS-Gの違いは何ですか?
と聞いたら的確に答えてくれました。
シルビアなどのような、ヒップポイントを
下げたくても下げるのが難しい車で
ヒップポイントを下げることを狙ったのがTS-G。
インプレッサやランエボ、スイフトスポーツのような、
ヒップポイントの下げやすい車や、
ボンネットの盛り上がりの大きい車は
RS-Gが良いそうで。
TS-Gは姿勢に無理を強いてでも
ヒップポイントを下げているので、
後悔してRS-Gに買い替える人もいるそうで。
ちなみに、値段はどちらも同じでした。

RS-GSは112350円だけれど、
RS-GEはどうして89250円なの?
と聞いたら、
ヨーロッパの方ではサーキット走行をする
フルバケのシート生地が破れるのは
割と当たり前なんだそうです。
破れたら直せば良いという感覚。
でもそんなことを許さないのが日本人。
そんな日本人用に作られたのがRS-GSなんだそうです。
丈夫な生地を使ってるってことですね。

近所のオートバックスの店員は
もちろんそんな回答はしてくれませんでした。
外した純正のシートだけれど、
家まで送ってくれませんか?と聞いたら、
「(本当はもっと送料かかるけれど)2500円で送ります!」
と即答してくれた走り屋天国さん。
「後で別の車でとりにきてください。
それか、なんとか無理矢理車に載せますけれど?
え?宅配便?高いですよ。三千円以上もかかりますよ?
着払でよければてきとうに梱包して送りますけど」
と言った近所のオートバックスのおっさん。
オートバックスは本当にダメだと確信しましたよ。
普通に買いものする分には良いんですけどね。
もうオートバックスには車いじらせたくないですね。
やりなれているはずのオイル交換でさえ
まともにやってくれないところなんですから。
同じオートバックスという名を冠していても、
走り屋天国は良い店でした。

今年は年末までレカロの対象商品を購入すると、
2万円近くもするシートレールが無料になる
キャンペーンをしているようなので、
購入を検討しているところです。
今度は助手席に。
運転席だったら必要性は極めて高いんですけどね。
でも助手席だったら…
そんなに必要性は高くないんですけどね。
助手席に誰かのせてサーキットを走るわけでもないし。
そもそも、クーラーのない私の車に
乗りたがる人なんてそうそういないですからね。
それでも交換を考えているのは、
軽量化と重心を下げるという目的が2割くらい。
シートが運転席と助手席で違うのはやだというのが1割くらい。
残りの7割くらいはたまに座る人へのおもてなしということで。
やっぱり純正シートとは格段に違いますからね。
体が左右に振られるたびにふんばって支えるのは大変ですからね。
ドライバーの運転のしかた次第ですが、
高速のレーンチェンジのときでさえ体が
振られることもありますからね。
あと、座りつづけても疲れないし。
快適なドライブのために。

今月末には買おうかなぁ?

テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク

レーダー探知機が欲しい
レーダー探知機ってのは、
車に取り付けて、オービスだとか、
お巡りさんの接近だとかを警告してくれる、
スピード違反をする人にはありがたい装備。
それ、欲しい。

何でそんなのが必要なのかっていうと、
スピードを出そうという気満点だからに他なりません。
スピード、出したいんです。
お巡りさんにいえないくらいのスピードを。

仕事が忙しくってね。
仕事が忙しいと、なかなか自分の時間がとれません。
折角の休日も、やりたいことに
やらなきゃならないことがたくさん。
それなのに一日は誰にも等しく24時間しかないわけで…。
どうしたら一つでも多くやりたいことができるのかと考えると、
移動時間を短縮するという結論に
達したわけなんですね。

まぁ、街中じゃあとばしたくても飛ばせませんけれどね。
でも、郊外ならばそれなりにスピードが出せます。
そうするとお巡りさんが恐いから、
レーダー探知機が欲しいんです。
お巡りさんなんかに捕まってもいいことはないですからね。
むしろ、時間もお金も損するし。

でも、そんなに飛ばして一体何時間短縮できるの?
ってところなんですけれどね。
もちろん距離にもよるけれど、一日数分から、十数分くらいかな?

とりあえずユピテルの一番高いの買っておけば
間違いはないのかな?と。
調べている時間ももったいないはずなのですが、
どれを買おうか迷うのは買いものの楽しみのうちですね。
4万円弱くらいかな?
それでも数分を節約したいくらい、
残業ばっかりで忙しいです。

うっかりオービスに引っかかってしまうリスクを考えれば、
決して高くはないとも思います。

まぁ、休日出勤をさせてくれないのと、
ノー残業デーがあるからずいぶんと良いのですが。

でもレーダー探知機があっても
事故は防げないのでスピードの
だしすぎも程々にしないとですね。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク

三脚を買ったので
新しい三脚を買いました。
SLIKのプロ700 DX IIIって言うやつです。
価格.comで21000円くらいで買いました。
値段の割りにしっかりとした作りで満足しています。
やっぱりでっかいカメラとでっかいレンズをのせて、
安定させようと思うと、
それなりに大きな三脚が必要になってしまうので…。

とは言え、届いた商品を見てびっくり。
でかっ!って感じでした。
思っていたよりも大きかったです。
そして少し重いです。
足を最大まで伸ばして立てると私の身長と
同じくらいの高さです。
まぁ、そんな細かいことは別にいいんですけどね。

で、早速試し撮りをしてきました。
いつもの様に旧豊郷小学校に行って。
前からここでパノラマ写真を撮りたいと
思っていたんですよ。
パノラマ写真撮るには三脚が必要なので。

パノラマ写真って結構撮るのに時間がかかります。
撮影するのにも、帰って画像を加工するのにも。
撮影はね、校舎のまん前っていう特等席を
しばらく占拠して撮影していました。
三脚の水準器と睨めっこしながら。
あれ?ひょっとして三脚の水準器、
少し狂ってないかな?とか思いながら。

パノラマ写真の撮影っていろいろ大変ですね。
例えば、撮影に時間がかかっているうちに
人がわらわら湧いてきて写っちゃうとか。
パノラマ写真って複数枚の写真を合成して
一枚の写真にするから、
結構時間がかかるんですよね。
ずれたりすると合成がうまくできないし…。

で、そうして撮影した画像を家に持ち帰って
合成ですよ。
まぁ合成の前にそれぞれの写真に
前処理を加えたりするんですけどね。
キヤノンのカメラに付属していた
パノラマ写真が作れるソフトを試してみたんですよ。
その結果がこれです。



ダメですね。
ぱっと見た感じ悪くないのですが、良く見るとダメです。
原寸大で見ると一目瞭然です。
画像のつなぎ合わせ部分がダメすぎます。
操作が簡単という点は高く評価できるんですけどね。
でもできあがった画像のクオリティがダメすぎます。
コンパクトデジカメとか、
デジ一入門機くらいのカメラに付属しているソフトならば、
これくらいのクオリティでも許されると思うんですけどね。
簡単にパノラマ写真が作って遊べるし。
でも、EOS 5Dに付属するにはあまりに
クオリティが低すぎるんじゃないかと思います。
いくら無料の付属ソフトだと言ったところで、
これならないほうがましだとさえ思います。
何のために何十万も払って高いカメラを買っているのか
理解してるのかと疑問に思ってしまう程。
まぁソフトの方はそんなでも、
カメラの方は十分に十分に素晴らしいんですけどね。

まぁ、そうは言っても、
始めから付属ソフトなんかに期待はしていなかったわけですよ。
使いものになったらいいなぁ、
くらいの気持ちで試しただけですから。
本命は「hugin」ってソフト。
フリーソフトウェアです。
それで合成したのがこれ。



期待通りの仕上りです。
継目がきれいに処理されています。
まぁ、この画像はカメラのキタムラで
プリントするために縮小したものなんですけどね。
縮小した際に若干画像が汚くなってしまいましたが…。

huginは良いソフトです。
まぁ、使い勝手は決して良くないですけれどね。
それでもこのクオリティが得られるならば、
許せてしまいます。
まぁ、使い勝手が悪いのははフリーソフトだししかたないかなと。
huginはいろいろと面白い使いかたができそうなので
ぼちぼち勉強していこうかと思います。

でもこの写真を作るのに数時間かかってしまったので
それは又今度。
本当は、講堂の中を360度撮影したパノラマ写真も
用意する予定だったのですが…
撮影が悪かったみたいで合成がうまくできませんでした。
講堂のはまた今度ということで。

それにしても、キタムラでプリントした
写真が汚れていたのが気になる…。
汚れがとれないし…。
1枚80円くらいもしたのになぁ…。
よくそんな製品を客に渡すよなぁ…。
普通、それは廃棄してプリントしなおさない?
富士総合火力演習に行ってきた
青少年部のシート席から見てきました。
午前7時頃に御殿場駅に到着。
そこからバスの行列に並ぶこと15分くらい。
会場に着いて、A席がお薦めだと言われたから、
素直にそれに従ったらシート席でした。
要するに地べたに座ります。
シート席の最前列は演習場にもっとも近いので
とても良い場所です。
でも私が会場に着いた頃には既に
最前列は埋まっていました。
座ったのは真ん中くらい。
それでも前の人の頭が邪魔です。
雛壇状のスタンド席が良かったなぁとちょっと後悔。
スタンド席はシート席のさらに後方にあるので
演習場からは遠いですが、
雛壇状になっているので前の人の頭が邪魔になることはないはず。

まぁ初めてなのでこういうことがあるのはしかたがありませんね。
満喫するには何回か通う必要があると思います。

以下の写真はそんなシート席から撮影したものです。
掲載しているものはましなものばかりですが、
本当に前の人の頭とか邪魔です。
しばきたくなるくらい邪魔です。
今度からもっと早く行かないとダメですね。

なお、持ち込んだカメラはEOS 5D mk2と、
400mmの単焦点レンズだけです。

AH64D アパッチ・ロングボウ
ボーイング社製で
陸上自衛隊ではわずか10機しか調達していないようです。
非常に高価な機体です。



機関砲射撃中。



これは82式指揮通信車だったはず。
小松製作所製で、
1億円くらいじゃないかとWikipediaが言ってます。
大抵の駐屯地で見れますね。



上の写真は演習が始まる前の風景です。
そして、これも。
演習場の整備中です。



自衛隊は戦闘以外のこともこなせる、
それが大きな特徴です。



道路工事だってするんですよ。



演習は、まずF2支援戦闘機の攻撃で始まります。
演習唯一の空自機ですね。



今回の演習ではF2は実際に実弾を発射せずに、
演習場に仕掛けられた爆薬を爆発させる演出です。



これも82式指揮通信車。



これは203mm自走榴弾砲。
初めて見ました。



これは87式砲側弾薬車かな?
自走砲の弾薬輸送のための車両ですね。
当たり前ですが、砲撃するには弾薬がいるわけですね。
これも初めて見ました。



これは99式自走155mm榴弾砲かな?
三菱重工業と日本製鋼所が開発したらしいです。
お値段は約10億円です。
射程は30km以上あります。
これも初めて見ました。



これはFH70。
これは大抵の駐屯地でお目にかかれますね。



着弾の様子。



後方の見えない位置に配備された特科部隊の
一斉射撃の様子。
空中で爆発させるデモンストレーションです。
狙いやタイミングを合わせるには
それ相応の訓練が必要なようです。



応用すると、富士山型を宙に描くこともできます。



撤収。



81mm迫撃砲L16…かな?



89式装甲戦闘車のはず。
三菱重工業製。約7億円。



79式対舟艇対戦車誘導弾発射。
川崎重工と三菱自動車工業製。
その名の通り、対戦車用としてだけでなく、
上陸してくる敵の船を攻撃し、
水際で阻止するためにも使われるようです。



小さくてみにくいですが、飛翔中。



01式軽対戦車誘導弾かな?



飛翔中。



飛翔中2。



対戦車地雷敷設中のUH1。



ヘリボーンをするCH47。



降下中。



降下した部隊を回収するときはこんな感じで。



軽装甲機動車+軽MATかな?



発射。



着弾。



対人狙撃銃。M24 SWS。
アメリカ製。



96式装輪装甲車。
96式40mm自動てき弾銃を装備。
小松製作所製。1億円程度。



40mm自動てき弾銃射撃。
銃は豊和工業製で、弾はダイキン工業製。



8人の戦闘員を輸送できます。



意外に迫力で。



110mm個人携帯対戦車弾。
パンツァーファウスト3とも。



84mm無反動砲…かなぁ?



二度89式装甲戦闘車。



機関砲射撃中。



命中。



AH-1Sコブラ。



こっちは87式自走高射機関砲。
ガンタンクという愛称もあるようで。



たぶんTOWミサイル発射。



87式高射機関砲の射撃。
なかなか迫力がありましたよ。



命中するとこんな感じ。



いよいよ真打ちの登場。
90式戦車。
近所には90式戦車は配備されていませんからね。



そして自由降下。



これはOH-1。
川崎重工業製。25億円です。



主に偵察用です。



これはUH-1。
偵察用バイクを積んでいます。
ホンダか川崎製のほぼ市販車両らしいです。
ちなみに、この後バイクのエンジンが
かからないというトラブルがあったのですが…。
会場の真ん中から隊員さんが押していきました。
比較的軽い車体とは言え、
オフロードでバイクを押すのは非常に体力がいりますね。
やったことがある人はわかるはず。
さすがに鍛えているんだなぁと感心しました。



これはUH-60。



CH47と軽装甲機動車。



ヘリボーンで大切なのは、輸送後、
如何に迅速に行動に移れるかだそうです。



軽装甲機動車が機関銃を射撃中。
たぶん5.56mm機関銃MINIMIかな。



CH47から出てくる高機動車。
高機動車はトヨタ自動車開発の
日野自動車が製造しているようで。



87式偵察警戒車。



これは特科部隊の一斉砲撃の様子。



これは74式戦車。
まぁ近所の駐屯地でもよくお目にかかれる戦車です。



そしてこれは92式地雷原処理車。
派手で、いちばん大きなロケットを打ち上げていますが、
攻撃用兵器ではありません。
地雷原の地雷を発破し、突破口を切り開くための装備です。



ロケットにワイヤーが着いています。
そのワイヤーには小型爆弾がいくつも付いていて、
それで地雷を発破します。
割と迫力の爆発だったのですが、
タイミングを逃してしまったので撮れませんでした。



最後に、突撃風景です。
こんなに沢山の戦車と戦闘へりと
装甲車にはそうお目にかかれませんね。



帰りのバスはとても混んでいました。
バスの中は人数調整のおかげで座れてよかったのですが、
乗るまでが大変でした。
1時間くらい並んでいたと思います。
自家用車で会場に入れたら、
もっと楽だったのかなぁ?
駐車場付の観戦券が当たればいいのですが。
来年は四人で応募しようかと思います。

あと、コミケの暑さに比べると、
ずいぶんと快適でした。
御殿場だから涼しいのか、
朝から曇っていたせいなのか。
雨降らなくてよかった。
行ってよかったです。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。