mooの雑記 FC2ブログ
バイクとか車とか アニメとかコミックとか 日記とか 妄想記とか コンピュータ関係とか 等について。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そこに道があるから、さ
これは便利な言葉ですよね。
おい、お前。なんでそんな道を通ろうとするんだよ?
馬鹿じゃないか?って言うか、馬鹿だろう?
きっと、そう言われるに違いないです。
そんなときに便利な言い訳がこれなんですよ。
「そこに道があるから、さ」
そもそも、馬鹿という言葉は
この上ない称賛以外のなにものでもないはず。

酷道めぐり、してみたいなぁ、と最近思うんです。
酷道とは、読んで字の如く酷い道(特に国道)です。
どれくらい酷いかというと、
対向車とすれ違いが不可能であったり、
舗装されていなかったり、
外灯が皆無であったり、
そもそもこれって道なの?というような道です。
ちゃんと地図に載っているんだから道なんです。
ましてや、それが国道だったりすることもあるくらいですから。

その道を通らないと家に帰れないとか、
迂回すると何時間もかかるとか、
その道を回避できない理由がない限り
まともな人間なら通ろうとしない道です。
それをあえて通ろうとするんだから、
馬鹿ですよね?
でも、楽しそうだと思いませんか?
普通、思いませんよね。
でも、私は思っちゃったんですよ。
楽しそうだな~って。

幸いにして、探してみると家の近所には
酷道と呼べるようなところがたくさんありました。
なので、難易度の低いところから
攻略してみたいなぁ、と思ったのですよ。

まずは、私の車で通行可能な道から。
狭いだけとか、舗装されていないだけとかなら、
私の車でもいけますからね。
そこを走っても、懲りずにまだ行きたいと思ったら…
もっとレベルの高いところに行くかもしれません。
登山装備を揃えたりして…。
車をダート走行用に改造したりして…。

私の車は一応インプレッサですから。
改造パーツは豊富にあるんですよ。
インプレッサでダート走行する人が多いですからね。
競技仕様のアフターパーツは豊富にありますから。
まぁ、車高をあげて、アンダーカバーを装着して、
ダート用のタイヤを装着すれば、
林道くらいは走れるはずです。
一応機械式LSDの入ったフルタイムAWDですから。
まぁ、私にそれだけの腕があるかどうかはともかく…。
まぁ、そんな予算があるかどうかもともかく…。
ダート仕様にしちゃうと、高速道路を走るときの
安定性が低下しちゃいますからねぇ…
どちらをとるか悩むところですが…。
酷道走破用に、スズキのジムニーとか
購入できればいいんですけどねぇ…。

でも、過去に図らずも酷道に迷い込んだことがあります。
まぁ一つは府道でしたが。
府道は、腐道と字を当てることがあるようですね。
しかし、私的には腐道という字からは乙女ロード的な
腐った道を連想してしまうので、
もう少し別の字を当てるべきではないかと思うのですが…。
まぁ、そこは手始めに今週末にでも行ってきます。

もう一つの酷道は、本当に酷道でした。
あれは名阪スポーツランドからの帰りでした。
ナビに案内されて何度か通った頃。
片道2時間近くもかかるし、
もうちょっと近い道はないのかな?
と地図を眺めていると、
明らかにショートカットできそうな道があったんです。
今までどうしてこんなに迂回させられていたのか不思議なくらい。
山の中を貫くように通っているのでこれを通れば
今までよりも時間が短縮できるはずだと思ったのです。
地図上では、それは間違いのない事実だったのですが…。
ナビのルートを編集してその通るように
セットしようと思ったのですが…
ナビがかたくなにその道を拒むんです。
経由地点をその道路上にセットしても、
Uターンしてまで避けさせようとするんです。
しかたがないので、その道の入口からはナビを
無視して、突入しました。
すると次第に道は狭くなって行き…。
でもまぁ、対向車がくれば端によってすれ違えばいいだけだから、
なんて甘く考えていました。
幸い対向車は来なかったと言うか、
通行車両が他に全くなかったというか…。
進めば進ほど道が狭くなり…
ついには私の車が辛うじて通れる程の狭さに…。
ちょっとでもずれたら脱輪しそうなほど。
おまけに日が暮れてきてしまい、
建物も外灯もないどころか、
道の両サイドは木が茂っていて真っ暗。
ヘッドライトの灯りだけを頼りに、
道を踏み外さないように慎重に慎重に…。
まるで山の中を走っているかのよう。
当たり前ですが、スピードなんて出せるはずもなく、
徐行です。
そんな狭い道は走っても走っても狭いままで…
対向車がきたらどうやってすれ違うんだろう?
と不安でした。
真っ暗な長い道のりをバックで戻るなんて、
考えただけでも気が遠くなりそうです…。
一箇所だけ、辛うじてUターンできそうなスペースが…。
でもこんな辛い道をまた引き返すのも嫌でした。
大丈夫、もうすぐこの道も終わるはず!
と思って突き進むことにしました。
そうしたら、本当に道が終わったかと思いました。
しばらく、進むべき道を見失ってしまいました。
あれ……?道路はどこ??って感じで…。
窓を開けて、きょろきょろ見回していたら、
なんとか見つけて前進しました。
ようやく外灯を見つけたときは、心底ほっとしました。
そして、ようやくナビが案内を再開してくれたので、
もうそれ以上逆らうことはしませんでした。
結構恐かったです。
この道は異界に通じているんじゃないかと思うほど、
夜の霧のでた道は恐かったです。
それが私の初めての酷道体験だったわけですが…。

そして今、わざわざその道にリベンジをかましてやろうなどと
考えているわけですよ。
リベンジしたところで何があるわけでもないのですが…。
しかし、無性に走ってみたい衝動が…。
車で行けなければ、歩くまでです。
そこに道がある限り、進みつづけるのです。
そんなぷち冒険がしてみたいんです。

まぁ、WEBで猛者の体験を読んでいると、
熊とかスズメバチとか危険キーワードが
出てきたりしているのですが…。
でも、行ってみたいんです。

と、言うことで現在Google Mapで下見中です。
地図を見て、面白そうな道を探すのって楽しいです。
とりあえず、雪が降る前に何箇所か攻略したいです。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク

防錆処理、他車のメンテナンス
今日も車のメンテナンスをしていました。
今日は、ブレーキフルードの交換。
ブレーキパッドの点検。
下回り後側の防錆処理。
デフオイルの注油をしました。

まずは、ブレーキフルードの交換。
なんだかフルードが変色していたような
気がしたのですが…
どうやら気のせいだったようです。
リザーバータンク内のフルードの色は正常でした。
ただ、リア側のブレーキラインから排出された
フルードは、茶褐色に変色していました。
だから、まぁ交換してよかったのでしょう。
こまめにエア抜きしていればよかったのでしょうが…。

それから、ついでにブレーキパッドの点検。
取り外してパッドの残料チェックです。
まだ半分くらい残っていそうです。
ついでに、シムにグリースを塗っておきました。
鳴き止めのグリースです。
ついでにパッドの清掃も。
ダストが非常に多いパッドですからね。

それから、デフオイルに注油…
しようと、ボルトを外したらオイルが溢れてきました…。
つまり、もう満タン。これ以上は入らないってこと…。
てっきりデフオイルの量が足りなくて
異音がしていたと思ったのに…
これが原因でないとすると、あの異音はなぜ…?

それから、下回りの後側の防錆処理です。
錆をワイヤーブラシで落として、
それから汚れをきれいに拭き取ります。
洗い流すと乾かすのが大変なので。
その後、シャシーブラックを塗ってみました。
ボルト部分や、スプレーが入らないところには
グリスをてんこもり塗っておきました。
まぁ、有効な対策かどうかは不明なのですが、
とりあえずこれで様子を見てみようと思います。
錆が広がっていなければ、
今後のこの対策を続けることにします。
とりあえず、今年の冬、これで試してみます。

メンテナンス中に日が暮れてきたので、
防錆処理は適当に切り上げてしまいました。
隅々までやろうと思うと、
ものすごく時間がかかっちゃうので…。
でも、こんなときのために工事用の
ハロゲン照明買っておいてよかったです。
車のヘッドライト並に明るいです。
なんとか作業を完了させることができたので、
試運転しました。
いつものことですが、メンテナンス後の試運転は
ちょっとドキドキですよね。
特に、今回はまとめてたくさんメンテナンスをしたので。
ボルトの締め忘れとか、
何か大切な部品の付け忘れとか、
エア抜き不足とか、オイル漏れとか…。
不安なことはいっぱいありますが、
無事に動きました。
ミッションオイルを高いのに交換したおかげで、
シフトフィールがとても良くなっていました。
軽々と、すこすことギアが入って、
運転するのがますます楽しくなります。
それから、ブレーキに鳴き止めのシムグリース
塗った効果は絶大でした。
ほとんど鳴かなくなりました。
おかげで違和感ありすぎて、
ちょっと戸惑ってしまいましたが…。
クラッチの操作感が若干変わった気が
するようなしないような…
ブレーキはいつも通りです。
異音も解消しました。
ひょっとしてミッションオイルが
劣化していたのが原因だったのでしょうか?
とりあえず、トラブルもなく、
むしろとても快調に走っています。
こんなとき、メンテナンスしてよかったって
思うんですよね。

試運転でホームセンターに行って、
ワイヤーブラシを買いました。
錆おとしで重宝するので。
今回の作業で歯がボロボロになっちゃったので。
それと、防塵マスク。
やっぱり錆びた粉を吸い込むのは
よくない感じじゃないですか?
あとは、グリースガンが欲しいですね。
ペースト状のグリースを一箇所ずつ指で塗っていくのは
面倒なので…。

とりあえず、今後のメンテナンスの課題は、
錆との戦いです。
いろんなところが錆びてきますからねぇ…。
どういう対策がいいのか、手探り状態です。

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

ミッションオイル交換、他車のメンテナンス
をしました。
今日のメンテナンスメニューは、
ミッションオイルの交換。
それからクラッチフルードの交換。
それと、下回りの防錆処理。

今日は有給でお休みを取ったので、
車のメンテナンスをしました。
寒くなる前にやるべきメンテナンスを
済ませてしまいたいところです。

ミッションオイルは、前回交換から
1万5千kmくらいです。
正確に記録していないのでわかりませんが、
たぶんそれくらいです。
排出したオイルはきれいな飴色をしていました。
特別変色している様子もなく、
ヘドロが出てくるでもなく…。
ちょっと交換時期が早かったかな?
と思いつつ、交換。
まぁ、劣化具合は見た目だけでは
判断できないと思いますが。

インプレッサのミッションオイル交換は、
まず下から排油の排出。
STIモデルは二箇所から排出しなければ
いけないのですが…
ボルトが硬くて外れないので一箇所だけで排出です。
インパクトレンチとかあればいいのでしょうが…。
で、排出した量はちょうど3Lくらい。
整備書には4.4Lって書いてあったので、
古いのが1.5L残ってるわけですね…。
まぁ細かいことは気にしない。
頻繁に交換すれば問題ないですよね。

注入は、オイルのレベルゲージから。
ものすごく頑張れば、
長い長い漏斗で注油できるのですが…
ものすごく大変なので、インタークーラーの取り外し。
外したついでにクラッチフルードも交換。
エアコンプレッサーにつないで使う、
ブレーキフルードのエア抜きツールがあるので、
一人でも楽々です。

それから、長めの漏斗を差し込んで、
ミッションオイルを注入。
ミッションオイルを缶に入ったまま、
あらかじめ40度のお湯につけて温めておくと、
硬いはずのオイルがサラサラと流れて
楽にできます。
でも、水分がオイルと混じらないように要注意。
まぁ、十分に拭き取ったあとに、
エアガンでエアを吹いて水をとばせばすぐに乾きます。
エアコンプレッサーは買ってよかった便利ツールです。
それにしても、ミッションオイルは臭いですね。

それから、前側半分の下回りの防錆処理。
錆びているところをワイヤーブラシで落として、
きれいに拭いて、それから下回り塗装用のスプレーで塗装。
どの辺にどんな風に塗装すればいいのかわからないので、
適当に。
とりあえず、ドライブシャフトの錆が酷かったです。
それとマフラー。
本当は錆びる前に塗装するのが理想的なんでしょうけれど…。
あと、錆びたボルトは、錆を落としてから
ペースト状のグリースを塗っておきました。
この対策が有効かどうかはわかりませんが…。
まぁ、ぼちぼち様子をみながら良い方法を見つけたいと思います。
本当は、ボルトとか外して、
パーツ一つずつを丁寧に手入れできればいいのですが…
私にはそんな力はありません。

明日はメンテナンスの続きをやりたいです。
どうもデフオイルの量が足りない気がするので、
余ったミッションオイルを注油。
ミッションオイルとデフオイルは共通のものを使っているので。
それから、ブレーキフルードの交換。
後側の防錆処理をやりたいです。
寒くなる前にやってしまいたいですね。

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

採血は恐いですね
今日は健康診断でした。
健康診断といえば、採血ですね。
恐いですよね、あれ。
私大嫌いです。
みんな嫌いだと思います。

3本文も血を抜かれるんだから
恐いですよね。
注射の針をさしたまま、
上のカートリッジを替える感じで。
そりゃ、針を3回も刺されるよりかは、
痛さもましなのですが…。
でも恐いですよね?
針がささったまま、上のを取り替えるんですからね。

でも、血管が見付かりにくい人って大変ですよね。
私の前にいた先輩がそのタイプの人だったみたいで。
右腕に針を5回以上刺しても血管が見付からず、
左腕に変えて3回ほどトライしてもまだ血管が見付からず、
結局左腕のちょっとずれたところから採血をしていました。
恐いですよね?
うしろで見ているととても恐いです。
先輩もこわったみたいで、目を逸していたから、
実際何回針を刺されたかはわからないらしいのですが。
血も涙もないから血管もないんですよ、
などと笑ってなんていられませんよ。
私も同じ目にあわされたらと思うと恐くて恐くて…。
先輩は、腕に包帯巻かれてましたからねぇ…。

採血担当の人は若い子でした。
基本的に私は若い子が好きです。
若ければ若いほど良いのは言うまでもないのですが…
しかしこんなときばかりはベテランの人の方がいいです。
「あれ~?血管ないですね~」
なんて言いながらずいぶんと手間取っていました。
チェンジ!って言いたいくらいだったのですが…
そんなこと言ったら、仕返しに痛くされちゃうと嫌なので…。

先輩はどうも血管が見付かりにくいタイプの人らしく、
過去7回受けた検診のうち、
5回は血管が見付かりにくかったらしいです。
右腕がダメで、左腕でも見付からないと、
ベッドに寝かされるらしいですね。
横になった方が見付かりやすいとかって。
それでもダメなら手の甲の辺りに刺すらしいですね。
手の甲に注射なんて聞いただけでも、痛そうじゃないですか?
実際、格別に痛いらしいです。
痛い上に、血の流れが良くないので時間もかかるらしいです。
さんざん刺された挙句、痛いのに長いって、もう最悪です。

もしも、新人の隣でベテランが「一回千円」の料金箱を置いて
座っていたらどうしますか?
払いますか、払いませんか?
先輩は、迷わず払うそうです。
まぁ、そんなに痛い目にあわされるくらいなら、
千円なんて安いものかも知れませんけれどね。
ちなみに、私は健康診断は最後の方にいくようにしています。
不慣れな採血担当者でも、他の人で何人も練習したあとなら、
少しは上達してるんじゃないかな?と期待して。

しかし、世の中痛いことが好きな人がいるらしいですね。
献血が好きなんだそうで。
見つけるとすぐに飛びつくくらいの物好きがいるらしいですね。
前回の献血からしばらく日をおかないと、
次の献血ができないらしいのですが、
それすらも無視して血を抜いてもらいにいくんだから、
相当な物好きですよね?
って言うか、マゾですか?
まぁ、それで助かる人がいるのかもしれませんが…。
私も、痛くなければ献血くらいいくらでもするんですけどねぇ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

車のメンテナンスをしないと
今日は浜松基地の基地祭に行く予定をしていましたが、
天気予報が微妙な感じだったので止めておきました。
早起きして片道200km走っていって、
お目当てのサンダーバーズが飛ばなかったら
嫌なので…。
最近出かけすぎなものだから、
千円になったとはいえ、高速代にガソリン代が
ばかにならないので。

それはそうと、最近車の調子が悪いです。
変な音がします。
うなるような音というのか…。
デフあたりが怪しいんじゃないかと思います。
デフオイルを交換したあたりから
音がするようになったので、
そのあたりが原因じゃないかと思うのですが…。
オイルの量が足りてないとか?
漏れてはいないようなので、
注入量が少なかったのかな?
そうでないとすると原因がわからなくて厄介なのですが…。
停車時にも異音がするなら、
サウンドスコープで探せるんですけどね。
走っているときの音となるとちょっと見つけにくいですね。
でも、変な音がするのは明らかなので。
コーナーでアクセルを踏み込んだら特に音が目立つので
デフかと思うのですが、
でも交差点じゃそんな音がしないし…。
とりあえず、試しにオイルを注ぎ足してみようと思います。

あと、ミッションオイルもそろそろ交換しないと。
心なしか、ギアの入りが少しばかり悪くなった感じなので。
まぁシフトフィールはデフの影響も受けるようなので、
異音と関係があるのかもしれませんが。
でも、前回交換してから1万kmを超えたので、
交換しようと思います。
交換時期が早いのかどうかは…
抜いたオイルの色を見て決めてみようと思います。

オイルがちょっと高いので
無闇に交換したくはないんですけどね。
3300円/Lくらいするので。
でもあまりケチって摩耗を早めては
本末転倒なので、
いい具合のところを見極めたいのですが…。
ブレーキフルードとクラッチフルードはタンク内の色で
すぐに判断できていいんですけどね。
ちなみに、ちょっと黄色っぽくなってきたので
そろそろ交換しようと思います。

冬になると寒くなってやる気が出なくなるので、
早いうちにやってしまおうと思います。
来週、父親に手伝わせようかと思っているところです。

あと、冬のシーズンが到来する前に、
下回りの塗装をしておきたいので。
防錆処理です。
まぁ、既に錆びちゃってますが…。
錆をできるだけ落として、塗装しようと思います。
冬になると、凍結防止剤が一段と錆を発生させますからね。
その前に防錆処理を。

そう言えば、デフオイルを注入する工具を探しに、
アストロプロダクツへ行きました。
実は今まで使っていたもの(アストロで購入)があるのですが、
使用時のオイルの漏れが激しくて…。
デフオイルの注入量不足があるとしたら、
この漏れが原因ではないかと思っているところです。
なので、別の工具ないですか?って
店員さんに相談してみました。
アストロの店員さんはいろいろ知っているので頼りになります。
でも、前回これを買いましたよね?とか
しっかり覚えられちゃってましたが。
数年前に買ったはずなのですが…。
私ってそんなに常連ですか?
でもアストロで取り扱っている中では
この程度のものしかないらしく…。
いろいろと裏技を教えてもらった結果、
別の道具を買ってきました。
来週、実験してみようと思います。
とりあえず、デフオイルはやたらと硬いので、
温めると少しは作業制がアップするんじゃないかと
アドバイスしてもらいました。
オイル缶をお湯に沈めて温めればいいかな?
湯煎ができればいいのですが…。

とりあえず、明日は関西コミティアに行ってきます。

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

空自の基地祭に行ってきました
航空自衛隊岐阜基地の基地祭に行ってきました。
と、言うことでその写真です。

4発のターボプロップエンジンということは、
C130でしょうか?



太陽、撮っちゃいました。
眩しいっ(>_<)
それ以上に、CMOSがぁっ、シャッターが焦げる!
太陽の中に突っ込まれると困ります。
ついつい夢中になって追いかけてしまって…。



異機種編隊飛行です。



空自のUH-60J。
陸自のとは色が違いますね。
陸自のは緑色の迷彩色。
空自のは空色の迷彩色ですね。



ここからはブルーインパルスの飛行。
やっぱりこれが目玉なんですね。
そして面白かったです。
白と青の機体もきれいですね。

























来週は浜松基地祭に行こうかな?
と思っているところです。
こちらはブルーインパルスの変わりに、
米軍のサンダーバーズが飛行するらしいです。
とりあえず、駐車場をどう確保するか、
検討しておこうと思います。


月曜日は有給をとってお休みにしようかと
思っていたのですが、
いつの間にか出張の予定に組み込まれていました…。
別に私が行かなくったって良さそうな気がするのになぁ…。
とりあえず、今年中に頑張って有給9日消化します。
と、いうことで今年は来週から週4日出勤になります。

テーマ:自衛隊機 - ジャンル:写真

自衛隊の駐屯地に行ってきました
行ってきました。
八尾駐屯地の記念行事に行ってきました。
八尾駐屯地は大阪にあります。
家から100km、1時間30分くらい、
高速道路使って片道1500円使って行ってきました。

開場は8:30からだけど、
式典は10時からだし、
お目当ての祝賀飛行などのイベントは
10:50からだから、そんなに急がなくてもいいかな?
なんて、甘いことを考えていたのが失敗でした。
どうせ空飛ぶんだし、人が多くても見えるよね?
なんて甘いことを考えていたのですが…。

とりあえず、人が多かったです。
軍事オタクみたいな人が多いのかと思いきや、
家族連れの多いこと、多いこと。
不景気なご時世、ただで楽しめるイベントということで、
人気だったのでしょうか?
それとも、ヘリコプターとか、
戦車とか、非日常な世界を間近で楽しめるからでしょうか?
とにかく、予想以上に楽しかったです。

八尾駐屯地は、八尾空港に隣接しているだけあって、
陸上自衛隊の航空隊がいます。
つまり、ヘリコプターがいるんですね。
考えてみれば、私ヘリコプターをこんな間近で、
しかもこんなに大量に、
そして武装したのを見るのは初めてです。

とりあえず、写真を撮るのが目的だったので、
頑張って撮ってきました。
でも、逆光だったので難しかったです。
カメラの測光がまともに機能しないので…。
だから撮りそこないも結構ありました。
あと、シャッターを切りすぎたので、
コンパクトフラッシュの容量が6GBじゃ足りませんでした。
もっと買わないと。

対戦車ヘリコプターのAH-1S コブラです。


ヘリコプターの機動性がこんなに高いとは知りませんでした。






20mm機関砲です。




この4本の筒に、TOWミサイルを装備するのかな?
その隣の19穴の筒が、
ハイドラ70ロケット弾のランチャー。
もちろん、19連装です。
これが、機体の反対側にもついています。





こちらはUH-60JA。
多用途ヘリコプターと言うことで、
積極的に戦闘するわけではない模様。
状況によって機関砲が装備できるらしい。



これはUH-1。
UH-60JAよりも古いモデル。
UH-60JAが高すぎるから、
古いこっちも併用中って感じらしいです。
水を放出して消化作業の展示。
逆光で暗くなっちゃいましたが…。


隊員を輸送中。11人運べるらしいです。


そして降下。


キャビンから機関銃を掃射中。





これはAH-64D アパッチ・ロングボウ。



これはOH-6D。
偵察、連絡用らしいです。





陸上自衛隊と言うことで、
もちろん戦車もありました。
一台だけですが。
74式戦車です。
105mmライフル砲を装備しています。
砲塔がまるっこいのは、弾をはじく目的だそうです。
全ての弾をはじくことができるわけではなく、
APFSDSみたいな砲弾の前では無力なようです。




隊員が手に持っているのは、空薬莢でしょうか?
この前に行われた模擬戦闘で主砲を撃っていたはずなので。



87式偵察警戒車です。
2億5千万円もする高級車です。
25mm機関砲と7.62mm機関銃を装備しています。
威力偵察などに使われるようです。
軽く敵を攻撃をしてその出方を伺い、
敵の戦力を調べるという高度な偵察です。











地対空ミサイルのホークのダミーです。
敵を欺くために実践で使われる想定なのでしょうか?







これは82式指揮通信車



あと、その他の車両など、とはしょります。
そろそろ疲れてきました。











ヘリコプターの展示飛行の他に、
地上では某大学のチアリーディングや、
模擬戦闘などが行われていたのですが…。
出遅れたため、後ろからでは見えませんでした…。
やっぱり、脚立はカメラ小僧の必須アイテムですね。
人だかりの最後尾からでも悠々と撮影できる
最強のアイテムです。
こういうイベントも、特等席で見ようと思うと、
やっぱり開場前行列くらいしないとダメなんですね。
でも、カメラ小僧的には一箇所に留まって
写真を撮りつづけることは普通なくて、
ちょろちょろと場所を変えて撮影するものです。
故に、脚立は必須装備ですね。
私も脚立買わなきゃ。

模擬戦闘はほとんど見えませんでしたが、
音だけは迫力がありました。
機関銃だか機関砲だかの音は、
かなり大きな音がするんですね。
74式戦車も参加してましたし、
主砲が火を吹いていたはずです。
見えませんでしたが…。
すごく大きな音がします。
それ以上に大きな音がするのは
155mm榴弾砲 FH70です。
写真撮り忘れてましたが…。
目の前で特大の花火が炸裂したような音です。
お腹に響く音です。
主砲から煙が立ちのぼるのは見えたのですが……。
姿が見えなかったのは残念です。
次は、開場前から並ぶか、
脚立を装備しようと思います。

次は、11/8に別の駐屯地にいきます。
宇治か明野のどちらかです。
日が同じなので、どちらにしようか検討中です。
また模擬戦闘とか、あるかな?

そう言えば、朝、どういうわけか道が混んでいました。
高速道路が渋滞していました。
みんな連休だからどこかにお出かけなのでしょうか?
帰りは空いていました。
朝は時間に遅れそうなので急いでいたのですが、
帰りは空いているのにのんびり帰ってきました。
そのせいか眠くて眠くて…。
やっぱり眠け覚ましに飛ばした方がいいのでしょうか?
最近導入したリポビタンDも無力でした…。
少しくらいの眠気なら解消するんですけどね。
1週間分の寝不足の前では無力でした。
やっぱり、運転する前はちゃんと寝ないとダメですね。

テーマ:自衛隊機 - ジャンル:写真

古いカメラ、どうしようかな?
数ヶ月前に新しいカメラを買って以来、
すっかり使わなくなった古いカメラ、
どうしようかな?と現在悩んでいます。

新しいカメラを買うときは、
別にカメラが二台あったって困らないよね?
って言うか、二台くらい使うでしょ、普通?
って思っていたんですけどね…。
どういう使い方をするかというとですね。
どちらもデジタル一眼レフカメラなわけなので、
それぞれに別のレンズを付けるのですよ。
一方は望遠レンズ。一方は標準レンズ。
二つのカメラを同時に首から下げて
出かけるわけなんですよ。
F1みたいなイベントの場合、
こういう使い方がとても便利なんですよ。
サーキットの写真を撮るときは望遠レンズで。
サーキット周辺のブースの展示物とかを取る場合は
標準レンズで。
群集に囲まれてステージの上のレースクイーンを取る場合は
遠くから望遠レンズでと。
頻繁にレンズを使い分ける必要があるイベントなんですよね。
でも、その度にレンズを付け変えるなんて
現実的じゃないんですよね。
埃の大いところで交換したらカメラに埃が入り込むし。
うっかりレンズを落としてしまおうものなら
大変ですからね。
そんなわけで、二台のカメラに別々のレンズをつけて、
二つを使い分けるなんて憧れだったわけですよ。
だって、高いカメラですからね。
で、ようやくその憧れのカメラ二台になったわけですが…。

新しいカメラのあまりの高性能ぶりにですね、
もう古いカメラなんて使ってられないんですよ。
折角のシャッターチャンスを、こんなちゃっちいカメラで
撮影するなんてもったいない!
ってな感じで、もう古いカメラを使う気にならないんですよ…。
単純なカメラの新旧の違いというよりも、
エントリーモデルとハイアマチュアモデルの違いってところですね。
まぁ、そんな違い、
拘っている人にしかわからないものだと思うんですけどね。
写真なんて映ればいいじゃない?
なんて思っている人にはまずわからないであろう違いなのですが、
拘っている人には雲泥の差があるんだと思います。

じゃあ、古いカメラ、どうしようかな?と。
赤外線カメラに改造しちゃおうかな?
なんて思ったりもするんですけどね。
デジタル一眼レフカメラって、
赤外線カメラに改造しやすいんですよね。
コンパクトカメラよりもはるかに。
でも……赤外線カメラで何を撮ろうかな?
と考えると……。
天体写真? 風景写真? それとも水着の少女??
天体写真は、可視光じゃ写らない星雲とかが観測できるんだそうで。
風景写真は、植物とかが白く写って不思議な絵になるんだそうで。
それから、つねづね、本当に赤外線カメラって水着が透けるのかな?
なんて疑っていたわけなのですが、
透けるんだってこの間新聞に書いてありました。
赤外線カメラで水着の少女たちを撮影していた人が
逮捕されたんだそうで。
カメラにはしっかりと透けているのが写っていた、
と図らずも赤外線カメラの威力を証明していたわけで…。
でも、赤外線カメラに改造しちゃうと、
普通の写真が撮れなくなっちゃうんですよね。
まぁ、別にもう使う予定のないカメラなんだから、
壊すつもりで改造しちゃってもいいんですが…。
どうせ古いカメラなんで売ったって二束三文にしかならないはず。
しかし…赤外線カメラに改造したならば、
ひょっとしたら某オークションとかで
新品価格よりも高く売れるかも…とか思っちゃったりして…。
改造に必要なフィルターなんて、
耐久性を気にしなければ千円くらいで買えるんだし。
キヤノンのカメラを赤外線カメラに改造したことはないので、
成功するかどうかは不安がまったく無いわけではないのですが…。
ニコンカメラなら十台くらい改造したことがあるので、
まぁカメラなんて大して構造は変わらないはずだと
思うのですが。

さて…どうしようかな?
会社のクリーンルームで改造してこようかな?
どうせなら耐久性のあるフィルターを入れたい気もするけれど…
ちょっと値段が高いから…。
あ、そういえば古いカメラだから赤外線カメラに改造しちゃったら
オートフォーカスが効かなくなっちゃうや…。

うん、やっちゃおう。
会社から余ったフィルターの切れ端を拝借してきて
改造しちゃおう。
できたらまた写真でも載せることにします。
もちろん、透けた写真じゃないですけどね。
まぁ、もう水着シーズンも終わりですしね。

テーマ:デジカメ - ジャンル:写真

中秋の名月なんだそうで
と、言うことで写真撮ってみました。


200mmの望遠レンズで撮りました。
70-200mmの望遠ズームですが。
撮ったのを、手を加えて現像したものです。



左は手を加える前で、
右が手を加えたやつです。
手を加える前はちょっとぼやけた感じなのですが、
ちょっと調整するとくっきりとなりました。

もっと、望遠のレンズで撮ったら
どうなるのかな?
って気にはなるのですが…。
高くて手が出せません。
200mm程度のレンズならなんとか
買えるのですが…
それ以上の望遠となると、とても手がでないです。

ライブビュー + コントラストAFで撮影してみました。
ISO感度が高かったのに加えて、
いじったせいでノイズが強調されてしまいましたが…。
曇っていたのですが、
雲のすき間を狙って撮影していました。
1時間くらい粘っていたら、
雲が途切れたのその隙に撮影したのが上の写真です。



どうでもいいけれど、C77の受付確認ハガキが届きました。
当選していればいいな~。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

ナビは据え付け型よりポータブルだね
と、最近は思います。
最近は、ポータブルなナビが高機能化していますね。
特に気に入っているのがSANYOのGORILLAですが。
PNDとか言ったりするみたいですね。

別に高価な据え付け型ナビを買わなくても、
ポータブルなナビで十分じゃないかと思います。
って言うか、むしろそっちの方がいいんじゃないかと。

まだ機能的には車載型の方が勝っている部分も
あることはあるんですけどね。
例えば自律航法機能では、
まだ車載型の方が正確だと思います。
GPSの電波が受信できなくなったときでも、
より正確に現在値を更新しつづけられるのは、
車載型の方であるということです。
車から直接いろんな信号をもらっていることに加えて、
エンジンを切る直前の現在位置や方向まで
覚えているはずなので、
次回使用時も正確に現在位置が把握できるわけですね。

最近、GORILLAなどのポータブルナビも
ジャイロセンサーとかを搭載して、
自律航法機能を持たせたりしていますが、
まだ車載型にはかなわない部分があると思います。
まぁ、その差は、価格の差ほど大きくはないと思いますが。
そして、近い内にその差はなくなるんじゃないかと
思っています。

で、なんでポータブルナビを勧めるかというと…。
やっぱり、ナビって新しいものの方がいいじゃないですか?
地図はもちろん、機能だって、表示方法だって。
わかりにくい交差点でも、わかりやすいように
立体表示したりとかね。
どうせなら、新しい方がいいですよね?
地図データは更新できるけれども、
安くないわりに、手間もかかりますしね。

でも、据え付け型なら頻繁に買い替えられる価格ではないけれど、
ポータブルなら数年に一度買い替えることも
不可能ではない値段ですしね。
この地図もちょっと古くなりすぎてもう使えないな、
と思ったときに買い替えるのに、
ちょうど良い価格じゃないかと思うんですよ。

そして一番のメリットは、
車から取り外しができることですね。
使わないときは取り外し。
最近は高性能な純正ナビも車上荒しに
狙われたりするらしいですからね。
ポータブルなら、車から持ち出せばその心配もないですしね。

あと、他の車にも取り付けられること。
自分の車以外に、親の車、友達の車、
古いナビしか付いていないレンタカーなど。
一応、ポータブルナビは車が移動中は
操作ができないように、車との配線作業が
必要ということになっているんですけどね。
それでは不便でしかたがないということで、
それをキャンセルするアイテムが売っています。
オートバックスでナビを探していたら、
店員さんに勧められました。
簡単に手に入ります。
GORILLA用もあります。
これがあれば、車への配線作業が不要になるので、
ポータブルナビの真価が発揮されます。

ちなみに、お薦めはSANYOのGORILLAです。
GARMINのナビも持っていますが、
断然GORILLAがお薦めです。
確かに、GARMINにも良いところはあるんですよ。
GPSの受信感度が素晴らしいとか、
軽量コンパクトとか、
窓ガラスにも取り付けられるとか。
でも、ナビとしての総合評価では
断然GORILLAです。
操作性とナビゲーション機能が
圧倒的に素晴らしいです。
GPS受信感度はちょっと悪いので、
東京などの都会を走るときは、
外部GPSアンテナを取り付けた方がいいです。
外部GPSアンテナがあれば辛うじて走れますが、
なければ大変です。

そんなわけで、新しいGORILLAのナビが
欲しいなぁと思う今日この頃。
http://www.sanyo-car.co.jp/gorilla/nv-sb541dt/index.html
これが欲しいです。
旧型は持っているんですけどね。
やっぱり新しいのが欲しいです。

テーマ:カー用品 - ジャンル:車・バイク

日帰り横浜出張
に行ってきました。
眠いです。朝早くて眠いです。
朝ご飯は新幹線の中で食べようかな?
なんて思っていたんですけどね。
眠くて眠くて…食欲がなかったです。
でも朝ご飯食べないと頭の回転が
ますます鈍くなるよね~?
とか思ったんですけどね。
まぁ別に今日は頭を使うような仕事じゃないからいいや
って事で。

大きな会社でした。
やっぱり儲かっているところは違いますね。
まず建物が一つじゃないっていうのがすごいです。
そして建物一つずつに受付嬢がいて、
それとは別に、受付からエレベーターまで
案内してくれるお嬢さんがいて、
エレベーター降りてから部屋まで案内してくれる
お嬢さんがいて…。
儲かっているところはお金の使い方が違いますね。

で、通された会議室が広いこと広いこと。
学校の教室以上に大きい感じです。
40人くらい座れそうな、
巨大な楕円形の会議机があって、
プロジェクターがあって、
50インチ近くある大きなディスプレイが三つも…。
こんなに巨大な会議室よりも、
さらに会議室があるっていうんだから、
儲かっているところは違いますね。
あと、部屋に入るなり、
「お飲物は何になさいますか?」
ってドリンクのメニューが出てくるんですよ。
ここは喫茶店ですか?って感じですよ。
装置の納入業者にまでそんなサービスをしてくれるなんて、
儲かっているところは違いますね~。

と、言うことで、今日はお客さんのところに
買ってくれた装置の納入に行ってきました。
疲れました。
3時間くらいで終わったのですが…
知らない人と話していると本当に疲れますね…。

でも、まぁ、こんなシンプルな装置でも、
「すげ~」を連発してもらうと、
嬉しいものですね。
それを聞けただけでも行ってよかったのかもしれません。

12:15に出発してお昼ご飯食べて、
帰ってきたら18時くらいでした。
一日の大半を電車の中で過ごしていたわけですね。
そう言えば、朝の電車混んでいなくてよかったです。
あっちの方の朝の混雑は相当に酷いのかと
思っていたのですが、
東京とは逆方向だったらしくて、
大して混んでいませんでした。
離れれば離れる程椅子に座れた位でした。

帰りの新幹線は、
修学旅行と思しき、高校生らしき集団と
同じ車両になってしまいました。
どういうわけか、この学校の女の子は
大きい子が多かったです。
がっちりした足というかんじで…
決してぶよぶよって感じではないものの、
細いわけでもなく…
身長が大きい子が多かった気がします。
だから足もその体を支えるのに相応しい
太さになっているって事なのかな?
個人的には…細い方が好きだなぁ~。
座席がね、最前列のトイレの近くだったので、
出入りが多くて多くて…。
おかげで足がよく見えたわけなんですよ。
本当は眠かったから寝たかったのですが…
ちょっと騒がしかったので…
仕方がないので、
社内の景色を楽しんでいた次第なのですよ。
とりあえず、足は細い方がいいよね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。