mooの雑記 FC2ブログ
バイクとか車とか アニメとかコミックとか 日記とか 妄想記とか コンピュータ関係とか 等について。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
会社で食中毒発生
家の会社で食中毒が発生しちゃったんだよ。
って言っても、家の会社で何か食べ物を
作ってるわけじゃなくってね。
うちの会社で買っている業者のお弁当。
それで食中毒が発生したらしいんだよ。
ノロウィルスが検出されたとかで、
その業者さんは営業停止だって。
で、どの料理に問題があったのかは
現在調査中らしいんだよ。

で、当日の問題のお弁当、
私も食べたんだよ。
いつものように残さず食べたんだよ。
けれども、私は全くもって異常なし。
お弁当の種類は三種類あって、
私が食べている一番安いものには
問題が無かっただけなのかな?
それとも、私が丈夫だったのかしら?

うちの会社でも何人かそれで休んだと噂を
聞いたんだけどね。
噂だから真偽のほどは確かではないけれど・・・。
まぁ何にしても私の体は丈夫でよかった。

なんて思っていたんだけどね・・・
馬鹿は食中毒にもならないの?
みたいな感じになっちゃって・・・
これじゃあ、おなか壊して
休んだほうが良かったのかな~?
なんて思っちゃったりして。

まぁそれにしても、
思えば前から少し怪しい業者ではあったんだけどね。
弁当箱から虫が飛び出したと苦情を言っている人がいたし、
私のは髪の毛が入っていたこともあったけど・・・。
まぁ私は、髪の毛の一本や二本くらい
気にしない性質なんだけどね。
見つけちゃったら食欲は萎えるけど・・・。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

転職で重視すること
今転職しようかな?と思って、活動中です。
とりあえずいろいろ応募しているのですが、
書類選考が通りません。
まぁ今のところ焦ってなりふり構わずに
転職する必要がないので、
のんびりと気に入るところを探します。

しかし!
重大な問題に一つ気づいてしまいました!
有給休暇は入社後半年以降でないと
取得できない会社が結構多いということに…。
それは何を意味するかというと、
夏コミ、または冬コミに3日間参加するために
有給がとれないということ!
冗談じゃなくって、私には結構深刻な問題です。
もしも受かっても、これを理由に辞退しようかと
真剣に悩んでいるほどです。
タイミングが悪いと、
夏も冬も有給がとれないと言うことに…。
逆算すると、転職するのにベストな時期は
1,2月だけということになりますね。

こうなれば、入社直後から有給を
とらせてくれるところを探すか、
あるいは内定を承諾する前に
交渉してみようと思います。
思えば、今の会社は休みたい放題だったんですね…。
「今日雪なんで休みます」
を認めてくれるところがどれだけあるでしょうか?

ちょっとくらいお給料がやすくても、
転職を真剣に考え直した方が良さそうな気がしてきました…。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

赤外線カメラに改造する
普通のデジタルカメラから
赤外線カットフィルタを外して、
赤外線を撮影できるように改造したんだよ。

結構簡単だったよ。
まぁきっとカメラの選定がよかったんだね。
SONYのCyber-shot DSC-H50っていったかな。
これはね、ナイトショットっていう機能がついていて、
実はボタン一つで赤外線カットフィルターを
外すことができるんだよ。
じゃあ、わざわざ改造する意味ないんじゃないの?
って感じなんだけどね。
私も、最初このカメラを買ったときはそう思ったんだよ。
これで、赤外線が簡単に撮れるんだな~って思って。

でもね、そうじゃなかったんだよ。
ナイトショットモードにすると、
撮影は自動的にオートモードに切り替わっちゃうんだよ。
ISO感度とか、露光時間とか、
ほとんどオートモード。

これじゃあ私の目的が果たせないんだよ。
微弱発光している赤外線を観測するには、
ISO感度を高くして、
露光時間も最長にしないといけないんだから。
でも、オートモードに邪魔されてできないと。

だったら、赤外線カットフィルターを外しちゃって、
ナイトショット機能をオフにして撮影すれば、
撮影はマニュアルでできるよね?
と思って、改造。

4,5時間くらいかかっちゃったけれど、
大して難しくなかったよ。
必要なのは、1mmの精密ドライバー。
螺がかなり堅かったから、力を加え易いものが良いね。
安物なんて使わないで、いいものを選んだ方が良さそう。
それと、ピンセット。
細かい作業に向いているもので、
傷が付き難いもの。ケーブルをつまんだりしたときに
傷つけて切っちゃったら大変だしね。
あと、はんだごてとはんだ吸い取り。

ドライバーで螺を外していって、
ケーブルを抜いていって、
バラバラにするだけ。
一箇所、途中でハンダ付けされているのを
外さないと分解できないところがあったんだけどね。

あと、ケーブルが切れそうになっちゃったり、
部品がかけちゃったり、
何故か螺が一本余っちゃったりしたけれど、
とりあえず改造は成功したよ。

赤外線がばっちり映るようになったよ。
もっとも、それでもまだ感度が弱かったから、
別のカメラを検討しないといけないんだけどね…。

カメラのレンズ駆動系とかのメカニカルな部分が
心配だったんだけどね。
複雑な機構だったら分解したら直せないかも…って。
でも、難しいところは無くてよかった。
電気的な部分は、静電気にさえ気を付ければ問題ないしね。
きっとこのカメラが簡単だったんだな。

次は一眼レフカメラで改造する予定。
NikonのD70。
これは、赤外線フィルターを振動させて
ダスト処理をする機構がついているみたいだから、
ちょっと面倒なのかな?って心配。

一眼レフカメラだったらシャッタースピードも自由自在だしね。
微弱発光でもなんとか観測できるかもって思ってね。

でも…D3にすればよかったかも…
って思ってる。
だって、ISO感度が25600もあるしね~。
これだったら露光時間が短くて済むかも…
って思ってね。
まぁ40万円くらいして、D70の10倍くらい高いわけだし…
改造に失敗しちゃうと困るしね…。
いくら会社のお金だとは言っても、
この不景気だし…。

でも私がカメラを分解していたら、
面白そうだな~ってみんな寄ってくる。
こっちの仕事の方が面白そうだな~なんてね。
何か手伝うこと無いですか?なんていう子がいるんだよ。
モデルになってあげてもいいですよ、
なんて言っちゃうんだよ。
水着持ってきたら撮ってあげるんだけどね~。
私も昔から気になっていてね、実験してみたかったんだよ。
赤外線は薄い布を透視するという噂を。
一時期は水着の透視盗撮なんて騒がれたらしいけれど…
本当にそんなに透けるのかしら??
って思ってね。
ぼんやりと透けた感じに見えるだけじゃないのかな?
言われてみれば透けているような、透けていないような…。
紅白歌合戦を騒がせた全裸に見えるスーツ、
たぶんあんな感じに見えるんじゃないのかな?
って私は勝手に想像しているんだけれど…。
しかも、カラーじゃないしね。

で、少し実験してみたんだけれど…
わからない。
可視光をカットするフィルターをまだ付けていないんだよ。
だから、暗室内で光をカットして、
赤外線LEDx8個で赤外線を布に照射して、
それを改造カメラで撮影するっていう実験。
全然透けないじゃん!
光が弱かったのかな?
太陽光並の赤外線を照射しないといけないのかな?
それとも布が悪かったのかな?
ガーゼ四枚重ねだったんだけど…。
一枚や二枚じゃ既に透けちゃってたくらい薄いんだけど…。

それに、赤外線カットフィルター外しちゃうと、
オートフォーカスが効かないんだよね。
外したフィルターの代わりに、
同じ厚みの透明な板を挿入すれば
オートフォーカスが使えるらしいんだけど…
そんなの用意していなかったしね。
そもそも、私の用途的にはマニュアルフォーカスで十分だったし。

今度、発注している可視光カットフィルターが来たら、
それを取り付けて屋外で実験してみるよ。
車のスモークガラスくらいなら透けるんじゃないかと
思っているんだけど、どうなんだろう?
あと、ブラウスとかも透けるかも?
って既に半分透けているから、
本当に透けたのかどうか確かめようがないけれど…。

ところで、赤外線カットフィルターを取り外す改造を、
有料でやったら儲かるんじゃないの?
なんて言われたんだけど、儲かるのかしら?
こんな簡単なことで儲かるならうれしい。
需要は多そうかも。
お小遣い稼ぎにどこかのオークションで売ってみようかな?

テーマ:いろんな写真 - ジャンル:写真

海洋堂のフィギュアはもはや芸術だ
と思うほど感動しました。
海洋堂ミュージアム黒壁、
行ってきました。

海洋堂のフィギュアが展示してあります。
スペース的にはそんなに広くないのですが、
フィギュアは小さいものが多いので、
数はたくさんあったと思います。
ここが楽しめるかどうかは人それぞれですかね。
軽く眺めていくだけならばすぐに
終わってしまうと思います。
でも、じっくり一つ一つ眺めて、
その造詣の深さに感動できるのならば、
数時間くらいは楽しめそうです。
写真を撮ろうと思うと、
数が多すぎて大変です。

まずは場所から紹介しましょう。

大きな地図で見る
市役所に車を止めて、
海洋堂ミュージアムまでは歩いて移動しました。
「市役所に御用のない方の駐車はご遠慮ください」
と書いてあったのですが、休日だし
お休みみたいだしいいかな?と思ってとめちゃいました。
そしたら職員さんに見付かっちゃいました。
「観光ですか?」
と聞かれて、地図までくれました。
「ここから歩いていけますよ」と。
わざわざ出てきて教えてくれるとは、
良い仕事してますね。

海洋堂ミュージアム
大人800円、子供500円です。
もれなく一つフィギュアが付いてきます。
休日はこの辺一帯、人が多いです。
田舎なので秋葉原の混雑と比べるまでもありませんが、
それでも、のんびり写真が撮れるほどではないと思います。

館内はさぞかし我々のような人種が多いのかと思いきや、
全然そんなことはありませんでした。
まぁ、セーラームーンに付いて
語っていたお兄ちゃんたちがいたことは否定しませんが。

いろんな種類のフィギュアがありました。
主に、恐竜、ミリタリー系、北斗の拳、美少女系、エヴァ
などでした。
この中にピントくる分野があった人もそうでない人も、
一見の価値はあると思います。

写真撮影はしても良いようだったので、
撮ってきました。






なんとこれ、ジュラシックパークの撮影に使われたそうです。


とてもリアルで、今にも動き出しそうな感じがしませんか?


これはカッコいいの一言です。


このピッコロの存在感は隣の悟空を食っていました。


キャラは知らないけど、
とりあえず胸撮っときゃいいんだよ!胸!!


さくらたん!
欲しい!2,3万くらいなら買いたいな…。


写真撮影中の竜馬殿です。


こ、このちぃは…
エロすぎる…。
私的に一番です。

素晴らしい!
二番かな。

フィギュアの完成度も素晴らしいのですが、
ジオラマになっている展示物は圧巻です。
まるで映画のワンシーンの様。
今にも動き出しそうなほどです。
小さくても迫力があります。

私は海洋堂を見くびっていました。
しょせんはフィギュア、
リボルテックとかお手頃な価格だけれど、
やっぱり安いしね。
figm○みたいなものなんでしょ?
なんて思っていました。
それはとんでもない誤解でした。
この値段でこの完成度は、安い。

興味がある人はぜひ一度行ってみることをお薦めします。

ちなみに、大阪の天保山でも期間限定で
やっているようです。
海洋堂のサイトをチェックしてみましょう。

他の写真はここにあります。
http://moox.dyndns.org/photos/2009/kaiyodo/thumbnail_p1.html

*注意*
写真の権利は然るべき権利者に帰属します。

テーマ:フィギュア撮影 - ジャンル:サブカル

赤外線カメラを作ろう
赤外線を撮影したいということになったんだよ。
うちの会社でね。
で、赤外線を捉えられるカメラは高いんだよ。
可視光から赤外まで撮影できるカメラの場合、
露光時間が長くなるんだよね。
で、露光時間が長くなると
ノイズがのる訳なんだよ。
その対策のためにCCDの冷却機能を備えた
カメラを使うんだよ。
-70度まで冷却してくれる、
500万円くらいのカメラ。

どうせ可視光線はとらないんだし、
赤外線に特化したカメラはどうかな?
という事で、別の500万円位するカメラも検討。
すごい!赤外線がばっちり取れる!
露光時間も短くてすむし。
暗室が作れるほどの遮光シートも
ばっちり透けて見える!
と思ったら、実は透けていなくて、
直射日光で暖められた黒色の遮光シートが
熱くなっていただけで、
その熱によって発せられる赤外線を
捉えていただけのこと。
でも、その遮光シートの裏の温度差が
ばっちりカメラには映っているんだよね。
それを透けていると
表現できなくも無いような・・・。
でも解像度は20万画素程度と低いんだよね。
これも-50度まで冷却できるカメラなんだけど。

でも、こんなカメラは高いからね、
安いカメラが使えないかな?
と検討を始めたところ。

候補に挙がっているのが、
ナイトショット機能を備えた
ソニーのサイバーショット15倍ズームモデル。
これはCCDの前にあるローパスフィルタ
(赤外線カットフィルタ,IRフィルタ)を
ボタン一つで外す機能を備えているらしい。

もう一つは暗闇でもばっちり映ると
謳っているWEBカメラ。
130万画素のモデルがあったんだよ。

それから、デジタル一眼レフカメラの改造。
CCDまたはCMOSの前にある
ローパスフィルタを取り除く改造。
これをNikonのD60で試してみる予定。

どれがばっちり赤外線を
捉えられるかな?というのを
実験してみる予定。

でも、このことをインターネットで調べたら、
使用目的は大きく三分されるみたいだね。
天体写真を撮る目的の人。
ちょっと変わった風景写真を撮る人。
カメラに透視能力を開眼させようと考える人。
まぁ今時だと、透視能力の有無に関わらず、
海岸なんかでカメラ振り回してたら
怪しまれるんじゃないのかな?

とりあえず、今カメラを手配中。
来週中に実験をして結果が出せると良いな。
それにしても、会社のお金でこんなに面白そうな
実験ができるとは思わなかったよ。
まずは、何はともあれ透視という超能力の
真偽のほどを確かめてみたいところ・・・。
実験用の布をこっそり会社に持ち込むかな?

テーマ:写す - ジャンル:写真

一眼レフカメラは難しい
一眼レフカメラは、
性能もとても高く、
コンパクトデジカメなんかと比べると
自由度の高い写真が撮れると思います。
でも、やっぱりそれなりに
使えるようになろうと思うと、
難しいものなんですね。
今日、海洋堂ミュージアムに行って、
改めて実感しました。

28-70mmのF2.8で77mm口径の
高性能なレンズなのですが…
大口径ゆえにきれいにぼかした写真を
撮ることもできるのですが…。
撮りたいものをしっかりイメージして、
どこにピントをあわせるのか
意識して撮らないと酷い写真に
なっちゃうんですよね。

これは、顔にピントを合わせたかったんですけどね~…。

これは体全体を写したかったのですが…
まぁこれはこれで悪くないような気も…。


これも頭部にしかピントが合っていなくて…。
まぁ、ようは被写界深度が浅いんですね。
しぼりをもっとしぼればいいのですが、
暗かったのでこれ以上シャッタースピードを
遅くすることができませんでした。
円偏光フィルターまで付けて
ただでさえ暗くなっていたので。

だから、結構手ブレもしちゃいました。


三脚を使えればよかったんですけどね~…
人が多かったのでちょっと厳しい感じでした。
平日とかだと人が少なくて
じっくり三脚使えたでしょうか?
写真撮りたい人は、
空いている時間を狙った方がいいでしょう。
休日は混んでいるはずです。

あとは、家に帰って見直してみると
気に入らない写真もいくつか…。

アングルが悪くてよくわからなかったり…。

迫力に欠けていたり…。

でもまぁ、ものすごく楽しかったです。
写真も撮っていいみたいだったので、
頑張って撮りまくってきました。
やっぱり同じフィギュアでも、
ファインダーを通してみると違うんだな~
なんて思いました。
他の比較的ましだった写真もあります。
http://moox.dyndns.org/photos/2009/kaiyodo/thumbnail_p1.html

とりあえず、詳しいことはまた今度書きます。
今回のところは、もっともっと写真を撮りまくって
修練しないと、
カメラを使いこなせいないという反省でした。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

お給料が減っちゃった
減っちゃったんだよ、私のお給料。
会社の経営状態が危なく、
全社員給料カットだって。

減らす量は、もらっている年収次第。
もともと私の年収は少なかったから、
7千円/月くらいのカット。

これくらいで済んでよかったって
思っているよ。
もっと減らされるんじゃないかと
心配してたんだけどね。

まぁ、去年の昇給額の
半分にも満たない額だから、
まぁいいかって思っているよ。

って言うか、もうこの会社には
期待していないしね。
もう長くないだろうしね。
会社がつぶれるのが先か、
私が転職先を見つけるのが先かって
気がするよ。

でもボーナスが出なかったら困るな~。
せめて10万円は手取りでほしいんだけど・・・。
なぜって、ボーナス月は
車のローン返済額が+10万円だしね。
別に、たくわえがあるから、
返済に困りはしないけれど・・・
でも貯金を崩したくないんだよね・・・。

でも給料カットするなら就業時間も
カットしてほしかった。
三十数分程度減っても中途半端だから、
なんて理由で減らされなかったみたい。
中途半端だろうと何だろうと、
減ったら嬉しいことには変わりないんだけどね。
一日三十分労働時間が減ると、
結構大きいよね?
アニメが一本見れるよ。
まぁ期待していないから文句も言わないさ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

25才になりました
この間、25才になりました。
誕生日だったのです。
順調に老けていっています。
嫌です。
もうそろそろ年をとるのは遠慮したいところ。

でも、年をとった人を指して
「大人」だとか「訳のわかった年」
等と表現されるのを見かけます。
年をとると今の私には見えないもの、
分からないものが分かるようになるのでしょうか。
そうだとすると、
年をとるのも悪くないような気もしますが・・・
まぁ、でも無駄に年を重ねるだけで
会得できるものでもないでしょうけれど・・・。

でもまぁ、誕生日だったので、
プレゼントをもらわないわけにはいきません。
と、いうことでもらったプレゼントが、
カメラの三脚。
30cm弱のローアングルから
撮影可能なもの。
水準器が三つもついていて、
カメラを縦向きにして撮影することもできて
便利です。
雲台の交換もできます。
実は家に昔買った2万円弱の雲台が
眠っていたのです。それが利用できるのです。
とても便利なのですが、
カメラの重量が2kgまで・・・。
私のカメラとレンズだと
ぎりぎりアウトかも・・・。
でもまぁとりあえず便利に使えているのでOKです。
三脚のケースまでついていました。
結構便利です。
今まで使っていた三脚は、
安物だったせいで、カメラの重さに耐えられず、
傾いてしまっていたので、
新しいのがほしかったところなのです。

で、早速、試しに撮影してみました。

実はこの被写体のフィギュアも
プレゼントだったりします・・・。
鉄道娘というものらしいです。
でも・・・私の趣味を誤解してるんじゃないのかな?
と思いつつももらっておきました。
だってこの子見ても萌えないんだよね・・・。
まぁ萌という概念を理解できない人に
言ってもしかたのないことか・・・。
とりあえず、新しい三脚はとてもいい感じです。
三脚に使われているオイルとかで、
手が汚れるのがちょっと残念ですが・・・。
秋葉原で職務質問されました
冬コミの頃の話だから、
もうずいぶんと経つんですけどね。
職務質問をされてしまいました。

3日目が終わって、秋葉原UDX駐車場に戻って、
日が暮れた頃。
帰ろうと思って駐車場を出て、
一つ目の交差点を左折したところで
信号待ち。
そのときパトカーが
「前の車端によって止まって」
って言ったんですよ。
誰か何かの違反でも見つかっちゃったのかな?
って思っていたんですよ。
だって、まさか自分だ何て思わないでしょ?
心当たりなんて何も無いんだから。
で、もう一度言われてバックミラーで確認。
あれ、パトカーが後ろにいるよ?
とやっと気づく。
ひょっとして前の車って私のこと??
と思いつつ、端によってみる。
端に寄ったらパトカーが後ろをふさぐように
ぴたっと止まっておまわりさんが降りてきたんですよ。
まぁ来てくれるなら待っていればいいかな、
と車内待機。
何かと思えば、
「ちょっと車の中見せてもらっていいかな?
この間この辺で殺傷事件あったでしょ?
あの関係で変なものとか持っていないか調べさせて」
見たいな事を言われたんですよ。
まぁ変なものは持っていたんですけどね・・・
コミケ帰りだし、
秋葉原でお土産いっぱい買ったし、
変なものだらけと言えなくもない。
まぁ窓にまでいろいろ貼ったりしてたくらいだから

隠すつもりも無いんですけどね。
で、おまわりさんは二人いて、
一人が私たちの話し相手をしながら、
もう一人が調べていました。
トランクの中は鞄とか袋とか、
荷物がいっぱいだったんですけどね。
一応中を開けて簡単に確認するんですね。
量が多かったせいか、
中を開けてチラッとのぞく程度だったようです。
荷物が少なかったら入念に
調べたかもしれませんね。
その後車内も調べていたけれど、
幸い何も発見されず。
「木刀とか持ってない、木刀?」
とか言ってました。
そんなかさばるものあるわけ無いでしょ!?
って思ったんですけどね・・・
持ってる人もいるのかな?
って言うか、そもそもおまわりさんは
コミケを知らなかったようです。
「他府県ナンバーだから声をかけたんだよ」
とか言ってました。
まぁ東京まで500kmほど走ってきたわけだから
珍しいのかもしれないですが・・・。
でも、コミケシーズンは他府県ナンバーって
珍しくないような気もするのですが・・・。
「何しにきたの?買い物?」
とか言ってたくらいだし、
やっぱりコミケは知らないようでした。
とりあえず、万世橋署にドナドナされなくて良かったです。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

車の運転は誰がするべき?
これは、先輩と後輩、上司と部下といった
縦の関係が存在する場合の話。
友達同士のような横の関係の場合の話ではない。

さて、縦の関係が存在する中で、
車の運転をするのは誰の役目か?
ということ。
これは、意見が二分するんじゃないかと私は思う。
下っ端のものがやるべきという意見と、
下っ端は遠慮するべきという意見。

まず、下っ端が運転するべきという場合。
そういうことを言う人は、
車の運転が好きじゃないことが多いのではないかと思う。
そんな面倒なことは、下っ端がやるべきだと。

じゃあ、逆に下っ端が遠慮するべき場合はどんなときか。
それは、車の運転が好きな人の場合。
こんな面白いことをほかのやつにやらせてたまるか、
と考える場合。
ちなみに、私はこちらの考え。

乗り物は乗っているよりも、自分で運転したいタイプ。
ましてや、運転が楽しそうなスポーツタイプならなおさら。

で、この場合、問題になるのは、
自分が一番下っ端の立場になった場合。
私が車を運転するべきなのだろうか?
それとも、遠慮するべきなのだろうか?
と。
人によって判断が大きく変わるから難しいところ。
車好きの上司がいるとわかっている場合は、
大人しく遠慮する。
先輩がさも当然のように後部座席に座ったなら、
私は運転手ですか?と疑問を心に抱きながら
ステアリングを握る。
じゃあ、運転が好きなのかそうでないのか
わからない人の場合は、ちょっと困る。

もしも、仮に社用車がポルシェだとか、
フェラーリだったらと仮定してみましょう。
きっと運転したいと思う人は
かなり多いのではないかと思います。
こんなものの運転を下っ端にやらせるとは、
車の運転が嫌いな人だとしか思えません。
じゃあ、これがほかの社用車としてふさわしい
車だった場合…
下っ端は運転するべきなのか?
遠慮するべきなのか?
そんな疑問がふと浮かんだ次第。

ちなみに、判断基準はもうひとつあって、
それはスピードを出すか否か。
私は基本的に安全で低燃費な運転を心がけるタイプ。
運転のときは時間のことを忘れるようにしている。
だって焦ると判断ミスの元だから。
急いでいるとき、私が運転していいものかどうか、
悩む。
私、急いでいてもマイペースだから。
安全第一だもん。
そもそも、それで事故とか、取締りとかあっても、
結局は自己責任だしね。
急いでいるときは誰かに任せて、
ご愁傷様でしたね~と知らん振りをする。
時間に遅れたくらいでがたがた言う人は駄目。

ちなみに、運転が荒い人の車には載りたくない。
同乗者のことを考えないような運転をする人。
アクセル操作、ブレーキ操作、ステアリング操作、
少しでも雑だと気になってしまうタイプ。
私が寝不足でなきゃ自分で運転するのに…
眠れないじゃない!
と不満に思うことも…。
そう思うと、スポーツカーは
同乗者は決して快適ではないんだろうね。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

バイクの保険更新
バイクの任意保険を更新したんだよ。
ゴールド免許割引とか
あるのかな?と思ったら
なかったよ。残念。

でも、とりあえず保険料を見直したら
ずいぶんと安くなってびっくり。
4万円から2万5千円まで下がったんだよ。

まぁ、去年更新したときは
私も景気がよかったしね。
とりあえず保証は手厚い方がいいんだよ~
って感じでやってたんだけどね。
今年は景気が悪いから、
必要最低限に削ることにしたんだよ。
そしたらこれだけ安くなったんだよ。

こんなに安くなると思っていなかったから
びっくりしちゃったよ。
って言うか、バイクの保険料って
こんなに安いものだったんだね~。

でもあまりに安くなりすぎちゃったものだから、
浮いたお金で何を買おうかしら?
なんて早速考えちゃってたよ。
これだからお金が減る一方なんだよね~…。

でも、カメラ用の円偏光フィルターとか
欲しいんだよね~…。

そう言えば、私のバイクリコールの
対象になっていたんだよ。
そんなお知らせの葉書が家に届いてたの。
じゃあ、今度暇な時にバイク屋さんに
もって行こうかな?って思ってたんだけどね。
先週電話がかかってきたんだよ。
リコール対策をしたいので、
バイクとりに行ってもいいですか?
終わったらまた持っていくので、
って言われたんだよ。
びっくりしちゃったよ。
だって、バイク屋さんは隣の県にあるんだよ。
高速使ったって45分くらいかかるんだよ。
それを、無料でとりにきてくれて、
また持ってきてくれるなんてびっくり。

ウィリーとかしたときの衝撃で、
フレームにクラックが入る
欠陥だったらしいんだけどね。
そんなに急ぎの処置が必要だったのかしら?

でもね、先週私のバイクは調子が悪かったんだよ。
とりあえず、バッテリーあがり。
で、バッテリー交換しようと思って
シートを外そうとしたら螺の頭をなめちゃって…。
いろいろしたけど外せなくって…
ドリルで頭を飛ばしてやる!
って頑張っている最中だったんだよ。
一日で終わらないから、
続きはまた今度って感じで中断していてね。
そこへ、バイク屋さんからの連絡。
じゃあ、それもサービスでやっておきますよ、
って言われちゃったんだよ。
自分のスキルをのばすためには
自分で解決したかったけれど…
でも正直、ラッキーだよ。
バッテリーはまだ大丈夫だけれど、
次あがったら交換だって言われちゃったよ。
そんなわけで、工賃無料。
だから、ラッキー。
最近温かくなってきたし、
来週あたりバイクでお出かけしようかな?

それにしても、いいバイク屋さんだ。
スズキワールド京都南店。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

小説を投稿しました
しばらく前から言っていた
FC2小説の、コンテストに投稿するという件です。

昨日書いていた小説が完成したので、
今日投稿しました。

FC2小説の利用はこれが初めてなのです。
で、使ってみた感想なのですが、
不便ですね。
1ページで最大2千文字しか書けないなんて…。
5万字を超えた私の話の場合は、
33ページに分割して投稿しなければいけませんでした。
面倒です。
でも、とりあえず投稿もできて、
応募もできたのでこれで一段落です。
とりあえず間に合ってよかったです。

実は私小説を完結させたのはこれが初めてだったりします。
今まで書いていた話は、
途中で飽きちゃったり、
現在も連載中で終わりが見えなかったりと、
そんな感じのばかりなのです。
なので、今回のコンテストは、
初めて私に完結まで書かせてくれる機会を
与えてくれたものなのです。
そういう意味では、結果にかかわらず
投稿してよかったと思います。

あとは面白いとか言ってくれる人がいれば理想的なのですが…
でも書いた自分で面白くないと思っているのですから、
結果は絶望的でしょう…。

とりあえず、ここから見れます。

http://novel.fc2.com/novel.php?mode=tc&nid=21541

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。