mooの雑記 FC2ブログ
バイクとか車とか アニメとかコミックとか 日記とか 妄想記とか コンピュータ関係とか 等について。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週休三日はうらやましい
うちの会社のお客さんの某社。
そこがこの不景気で、
ワークシェアリングみたいのを始めたらしいのですよ。
週休三日。土日と水曜日がお休み、
もちろん残業なんて論外。
正直、うらやましいです。

給料が20%カットになるわけですが、
それでもうらやましいです、
今はお金よりも自分の時間がほしいのです。

と、会社で言ったら、
その時間で何するの?
と聞かれてしまいました。
まぁいろいろと…
と言う答えでは納得してくれず、
食い下がる。
本を書いているのですよ、
と答えました。
もしかして同人誌?
と聞き返されました。
何でわかっちゃったのかな?
と思いながらも、
そうですよと言っておきました。
そんなわけなので、
夏は何が何でも休みますよ、と。

私の趣味は別に秘密にしているわけでは
ないのですが、
同人誌という単語が飛び出してきたことが
意外でした。

これでも私、技術職なのですから、
技術系の解説書を書いているの?
という発想にならなかったのかな?
と少し思わないでもありませんでしたが…。
スポンサーサイト
小説コンテストに向けて執筆中
FC2小説というものがあるなんて
最近知りました。

FC2のサービスで、
小説の投稿ができたり、
読んだりすることができるものらしいのです。
そして、無料なのです。

それが、小説コンテストをやるらしいのです。
商品はiPod nanoとか、
商品券三万円分とか、
特に魅力的なものではないのですが。
むしろ、執筆という労力に
到底見合うものではないと思うのですが。
でも、そんなの関係ないのです。
書くのが面白くて、
好きでやっていることなのですから。

で、そのコンテストに応募してみようかな?
なんて思ってしまったのです。
別に商品が目当てな訳ではありません。
ただ、応募が簡単そうだったので。
ジャンル、テーマ、ページ数などの分量に関して、
一切の制限が無いのです。
これなら、応募も簡単かな?
と思って、してみることにしました。

でも、締め切りが迫っているのです!
3/3が締め切りです。
もうあと数週間しかないのです。
ひょっとしたら間に合わないかもしれないけれど・・・
でも、いけるかもしれない、と思って
挑戦してみることにしました。

昔から考えていた話があるので、
それを書くことにしました。
ただ、そのまま書くと、結構長くなりそうな話で、
数週間の間に書き上げるのは到底無理そうです。
なので、短く削って書くことにしました。
コンテストが終わってから書き直せばいいかな、
と思って。

私が、今春休み中の学生ならば、
数週間という期間も決して短くは無いのですが、
残業もありえる社会人ということを考えると、
ちょっと厳しいです。
かなり頑張らないと締め切りに間に合わないかも・・・
と思いつつも、
その緊張感がまた面白かったりするのですよ。

締め切りが無いと、いつまでもだらだらと
完成しなかったりしますからね。
締め切りがあるといい刺激になります。

そんなわけで、私頑張ってます。
とりあえず、大まかな流れは考えたので、
後は書き上げるだけです。
土日も平日も、
しばらくはこれに専念したいと思います。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

次はゴールド免許です
ようやく、私にも運転免許証の更新がやってきました。
免許を取ってから6年目くらいでしょうか?
ようやく、更新です。
そして、いきなりゴールド免許になりました。

実は、今まで免許の更新というものを
したことが無いのです。
最初にとったのが一種自動車運転免許。
それから1年後くらいに、普通自動二輪免許取得。
そして書き換えに行ったことで、
数年間更新が延長されました。
その2年後くらいでしょうか。
次は大型自動二輪免許取得です。
書き換えに行って、
さらに数年間更新が猶予されました。
そして数年が経過して今年。
初めて更新が訪れたわけです。

次の免許証の色は金色だと
通知のはがきに書かれていて
うれしかったです。
思えば、今まで無事故ではなかったけれど、
無違反でしたから。

ゴールド免許は
優良運転者の証しということ以上に、
経済的メリットがあります。
それは自動車保険の割引が
適用されるということです。
バイクの保険、自動車の保険、
二つ契約しているだけに、
ゴールド免許はなおさらうれしいのです。

バイクの更新の時期が3/3に
迫っているので、
それまでに免許を更新し、
ゴールドになったところで
保険を更新したいと思います。

しかし、やっぱりゴールド免許を得るためには、
運も必要なのだなと思うのも事実です。
安全運転を心がけてきたものの、
全く違反が無かったとはとてもいえません。
それでもゴールドなのはやはり運が良かったからと
いわざるを得ません。
しかし、もちろん慎重な運転を心がけていた努力を
否定するつもりは全くありませんが。
周りの交通状況がどうであっても、
煽られようとも、抜かされようとも、
危険(事故、取締り両方の意味で)
と判断したところではかたくなに安全運転を続けた
賜物であるとも思っています。
つまりは自己責任なわけですね。
後ろが煽ってくるからスピードを上げたんだ!
と、取締りのおまわりさんに訴えたところで、
聞き入れてくれる人がどれほどいるでしょうか。
この努力のおかげでおまわりさんの取締りを
やり過ごせたことも数知れず、
またありえないタイミングで飛び出してきた子供を
轢かずにすんだこともあり、
これからもより一層の安全運転を
心がけたいと思うところです。

何よりも私の愛車の、車、バイクとも、
有り余るパワーとスピードを
制する心を要求されるものですから。

160km/hで前の車に追突するんじゃないかと
ひやりとしたり、
追突事故をやらかしてしまったり、
止まりきれず曲がりきれずに
壁にぶつけたり、
スピンして制御できずにあわてた経験を積んでもなお、
安全運転ができなければ
学習能力が無いとしかいえないじゃないですか。

サーキットとは、
私に車の厳しさを教えてくれるところです。
頭をなめてしまったねじ…
私の愛車、GSX-R1000の
シートを固定している螺。
バッテリーがあがってしまったから、
シートをはずそうと思って、
その螺を緩めたかったんだけれど…
どういうわけかなめてしまったんだよ。
全然硬い螺じゃなかったはずなのに…。

六角の頭の螺ね。

かろうじてひっかかり感があるうちに、
ぎゅうぎゅうと押し付けて
回そうかと思ったけれどもだめだった。
って言うか、やりすぎてもはや
ひっかかるところがなくなるくらいまで、
完全になめちゃった…。
どうしよう?

昔、オートメカニックで、
頭をつぶしてしまった螺を外す工具が
紹介されていたのを思い出したんだよ。
逆螺が切ってある工具で、
押し込んで回していくと、
その工具がどんどん螺に食い込んでいって…
そのうち問題の螺も回って
外すことができるというもの。
近所のアストロプロダクツに見に行ったら、
ちょうどそれが置いてあったんだよ。
でも、実は使いかたがうろ覚えで、
よくわからなかったんだよね…。

だから、店員さんに相談。
なめちゃった螺を外したいんですけど、
どうしたらいいですか?って。
溶接機を持っているなら、
ボルトをなめた螺に溶接して
回すとはずれるかもしれませんよ、
って言われちゃったよ。
溶接か~…そんな工具ないよ…
って言うか、そもそも奥まったところの螺だから、
溶接とか無理そう。
回りの樹脂を融かしてしまいそう…。

次に勧められたのが、私の考えていた
逆螺の切ってある工具。
まず、ドリルで下穴を開けてくださいって
教えてもらったよ。
じゃあ、安いドリルもくださいって事で、一緒に購入。
ちょうどセール期間中で2千円台だったよ。
もっとも、エアコンプレッサーが必要だけれど、
既に持っているから問題無し。
ポンチで、センターに印を打つんですよ?
と教えてもらったから、ポンチも購入。
その他、ドリルの歯とか、爪ブラシとか、保護眼鏡とか、
液体ガスケットとかも購入。
お金使いすぎちゃった…。

で、家に帰って早速挑戦。
安物のドリルはオイルが吹き出してくるよ~…
と思いながらも、気にせず挑戦。
きっとこういう仕様なんだろうね。
こまめに注油をしながら使ったけれど、
壊れちゃっても、安物だからしかたないであきらめるよ。
でも、とりあえず、穴開けは簡単にできたよ。
さすがに、金属を削るだけあって、
穴が空くまでに時間かかっちゃったけど。
切削油に556を使ってみたんだけれど、
問題なさそうな感じ。

それにしても、ドリルって結構うるさいね。
耳栓とか欲しいかも。
って言うか、近所迷惑?
まぁ、コンプレッサーの作動音も
なかなかうるさいけどね。

で、問題はこの後。
開けた下穴に逆螺が切ってある工具を
ねじ込めばよかったんだけど…
入らない…。
穴の大きさはちょうどいいんだけれど…
ねじ込めない…。
力いっぱいねじ込もうとしたら、
あろうことか工具の螺が潰れてる!
なんて事!?
安物の工具を買っちゃったせい??
それとも、こんな硬い螺に差し込むことを
想定していなかったの??
あるいは、単純に私の使いかたが悪いだけ??
何度やってもねじ込めず…。
結局、螺に穴を空けただけで外せず…。

インターネットで調べてみたら、
螺の頭の外周部あたりにポンチとかで
ひっかかりを作って、
それで回してみるという手段があるらしい。
今度試してみようと思う。
ポンチで十分なひっかかりができなかったら、
ドリルで穴開けてひっかかりを作ってやるさ。
そこに何かをひっかけて、
緩む方向に回るように、
ハンマーで叩いてやれば緩むかも…とね。

最悪の場合…
螺の頭をドリルで削り落として外そうかな?
残った螺の部分は、
プライヤーかなんかではさんで回すとか…。
樹脂の部分だから、
割っちゃうっていう手もあるんだけど…
少しくらいなら、プラリペアで修復できるし…。

これは成長する上で乗り越えないといけない試練なんだね!

テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク

それは貧乳に非ず、膨らみかけだ!
貧乳とは、本来あるべきものがない、
または非常に乏しい状態のことを指す
言葉だと思うのですよ。

それなのに、小学生とか中学生とか、
そんな娘たちを貧乳と表現するのは
いかがなものでしょうか?

もう一度言いましょう。
貧乳とは、本来あるべき胸が非常に
乏しい状態を指す言葉です。
では、小学生の場合はどうでしょうか?
小学生の胸は本来ぺたんこなのがあるべき姿であって、
大きいということこそが驚きに値いすることなのです!
すなわち、本来ぺたんこであるべきものを、
あえて貧乳と称するのはいかがなものなのでしょうか?

それは、中学生でも同じことが言えると思います。
中学生という年代は、今まさに成長している時期なのです。
大きくなろうとしている、まさにその時期なのです。
それを敢えて貧乳と呼ぶのはいかがなものでしょうか?

私は、もっと相応しい言葉があると考えるのです。
それこそ、膨らみかけ、なのです。
今はまだ小さい、けれども将来大きくなる可能性を秘めた
胸なのです。
ただ単に小さい事とは決定的に違うのです。

貧乳とは、夢も希望も脂肪もつまっていない
ちっぽけな胸を称する言葉であると考えます。
膨らみかけとは、似て非なるものなのです!

では、何歳から貧乳と称するべきなのかというと、
個人差もあるので一概には言えないところです。

狭義では、スク水の似合う年頃の胸を膨らみかけと
解するようですが、
私個人的にはそれを支持したいと思います。
だって、スク水って膨らみかけ特有の胸の形に
とても合っているからです。

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

バイクのバッテリー上がり
バイクのバッテリーが上がっちゃったみたい。
そう言えば、買ってからもう三年。
一度も交換していなかったし、
そろそろ寿命なのかな?
しかも、ちょうど冬だったしね。

しかたないから、バッテリー新しいの買おうかな?
って思ったんだよ。
まぁ、お金が厳しいんだけれど、
買わないとしかたがないからね。
で、バッテリーのサイズって
なんだったかな??
って思って、実物を見てみようと思ったんだよ。

シートの下に収納されているみたいで、
そのシートは螺二本で固定されていたんだよ。
六角の螺ね。
でもね~…
外そうとしたら、頭なめちゃったんだよ…。
片方は外れたんだけれど、
どういうわけか、もう一本の方が、
驚くほど簡単になめちゃったんだよ…。
なんで!?って感じ…。
頑張れば頑張るほど、頭が削れるばかりで
ちっとも緩まなくて…。
どうしよう??って感じだよ…。

で、とりあえず今日のところは
バッテリーの交換は諦めたんだよ。
って言うか、それどころじゃ
なくなっちゃったしね…。

どうやって螺をはずそう?
って言うか、もう無理だよね~…。
頭がもう完全につるつるなんだもん。
でも、エンジンがかからないんじゃ
バイク屋さんに持っていくこともできないし…。
押しがけ…なんてやったら
こけそうな気もするし…。

しかたがないから、アストロプロダクツに
相談にいくことにするよ。
頭をつぶしちゃった螺はどうやって外すんだろう?
そんな工具があるんじゃないかしら?
と期待して、店員さんに相談してみるよ。
最悪、ドリルで螺ごと穴開けて、
もう一度螺穴を切り直すとかかな?
ドリル高そうだし、
あんまりそういうことはやりたくないんだけれど…
いずれにしても、新しい螺は買っておかなきゃ。

とりあえず、オートメカニックの
バックナンバーを調べてみようっと。

テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク

ツンデレの黄金比
ツンデレとは、最初はツンツン、
そのうちデレデレという心情の変化を表すもの
というのは周知の事実。
出会った当初は本当にツンツン。
けれど共に時を過ごすうちに心が揺れ、
内心はデレデレしたいところなのに、
素直になれずツンツンしてしまう女の子に
萌えるわけなんだけれど。

本来であればある程度の時間をかけて
変化するものだけれど、
それを短時間で、しかも自分で体験できるところが
ツンデレ喫茶。
と言っても、ツンデレ専門店というわけではなく、
期間限定というところが多いのかな。
行ってみたいけれど、行ったことのないところ。
オタクならみんな大好きなツンデレ、
という思い込みは間違っていたらしいことに
最近気づいたんだよ。

ツン:デレの比率。
それが0:100、つまりデレ100%じゃないと嫌だ!
という人がいるらしい。
正直驚きだったよ。
ツンとされると傷ついてしまうほど
デリケートな心の持ち主なんだろう。
そんな人は従順なメイドさんのいる喫茶店か、
妹喫茶なんかがいいのかな。

一方で、ツンデレなんていらん!
ツンツンをくれ!!とややMっぽいことを
言う人もいるらしい。
まぁそれはそれで悪くないって言うか、
面白そうな気もするけれど…
繊細な人はショックで立ち直れなくなる??

ツンデレの黄金比は9:1だ!
と断言する人もいたよ。
基本はツンツンで、帰り際に「また着てよね…」
と言ってくれるくらいがいいらしい。

しかし、コップに入れて持ってきてくれた水を、
ツンとぶっかけてくれて、
デレっと拭いてくれるサービスも悪くはない気がする。
もっとも、そんなことで怒り出してしまうような
趣が理解できぬ卑しきものは豆腐の角に頭ぶつけて
碇げんどーの息子まえって感じだよ。

私的には、ツンデレよりも、
内心でれでれなのに素直になれずに
ツンツンしてしまう子と言うのに萌を感じるよ。

行ってみたいな、ツンデレ喫茶。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。