mooの雑記 FC2ブログ
バイクとか車とか アニメとかコミックとか 日記とか 妄想記とか コンピュータ関係とか 等について。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミッションオイル交換完了
やっとミッションオイルの交換が終ったよ。
ついでにリアデフのオイル交換もね。
新車で買って初めてのミッションと
リアデフのオイル交換。
ついでに私自信も自分でするのは初めての経験。
やってみると難しいことじゃないんだけれど、
慣れないといろいろと困ったことになっちゃうね。

ミッションオイルのドレンボルトが
またしても人力じゃ回せない程固く
締まってたんだよ。
サービスマニュアルによるとドレンボルトは
二つあるはずなんだけどね。
一つは地面と水平に刺さってるボルト。
これはガレージジャッキを使って
無理矢理回したんだよ。
ガレージジャッキってやっぱり便利だよね。
車の下にもぐり込んだまま、スピンナハンドルから
ジャッキがずれないようにおさえつけながら、
伸ばした足でジャッキのハンドル部分を
引っかけるようにして上下させると簡単に
固いボルトが回ったしね。
ガレージジャッキはちょっと高かったけれど、
買った価値は多いにあるよ。
おかげでいろんな整備ができるようになったしね。

でも、もう一つのドレンボルトは地面と垂直に
刺さってたんだよね~…。
だからジャッキで緩めるっていう手段が
使えなくってね~…。
諦めてそのボルトは外さないで、
何とか緩められたドレンだけから
排出することにしたんだよ。
でも、一方のドレンボルトだけでも3.5L程度も
排出できちゃったんだよ。
つまりそれってほぼ全量。たしかサービスマニュアルには
3.5Lって書いてあった気がするし。
フロント部分を少し高めに
ジャッキアップしていたせいかしら?
何にしても十分にオイルが抜けて良かったよ。

で、オイルの注油。
これはちょっと大変だったよ。
だって注油口はレベルゲージの穴だからね。
でもそれってエンジンルームのずいぶんと
底の方にあるんだよね。
ちょうどインタークーラーのずっと下の方。
外そうかしら??って思ったけれど、
相当大変そうだったからすぐに断念。
ブレーキフルードのリザーバータンクの
隣にあるタンク、何のフルードが
入っているのか知らないけれど、
それを外したら少しスペースができて
何とか作業ができたよ。
ボルト二本で簡単に外せたしね。
で、アストロプロダクツで買った
上戸と、注射器みたいなのについていた
ゴムホースを連結させて何とか
レベルゲージの穴に固定できたんだよ。
ゴムホースと上戸の穴の大きさが
ぴったり良い感じだったんだけどね。
それでも隙間からオイルが洩れるから、
隙間をエアツール用のシールテープで
塞いだんだよ。
このシールテープもアストロプロダクツで
買ったんだけどね。
油圧計を取り付けるときに使ったもの。
だから、オイルのシール効果も十分にあるみたい。
でも、上から注入って面倒だよね~…。
いちいち上戸を抜いて、レベルゲージを刺して
オイルの量を確認しなきゃいけないしね。
横のフィラーボルトから注入するタイプだと、
フィラーボルトから洩れるまで注入するだけだから
わかりやすくて良いんだけどね。
私ってオイルを入れすぎちゃう癖があるから…。
まぁでも注油は無事にできたんだけれどね。

でも、ミッションオイルは思った程
汚れていなかったよ。
ドレンボルトから抜けてくるのをみてみても、
まだ透明な感じだったしね。
少なくとも、リアデフのヘドロみたいな
オイルと比べたら遥かにね。
リアデフのオイルを抜いたらびっくりしちゃったよ。
とりあえずオイルは真っ黒。
ドレンボルトにはヘロドみたいなぬるぬるのが
くっついてたしね。
それをおとしたらボルトの磁石に鉄粉が
びっしりくっついてたしね。
たった1万km強でこんなに汚れるのかしら??
って感じ。サーキット走行したせい??
もっともっとこまめにオイル交換しなきゃいけないね。
オイルの量もミッショオイルの3.5Lに比べて
ずいぶん少ない0.8Lだしね。
だから余計に汚れやすいんだろうね。
でも、リアデフのオイル交換は
ミッションオイルよりも楽だったよ。
注入は横向きのフィラーボルトから溢れるまで
入れるだけだしね。

そう言えば、アストロプロダクツの
セール価格800円で買った注射器が、
不良品かと焦っちゃったよ。
いざオイルを入れようと注射器を使ったのに、
全然オイルを吸い上げてくれないんだよ。
500ml吸引できるはずだったのに…。
なんで??って思いながら何回か
しゅこしゅこしてたらやっと
吸引してくれるようになったんだよ。
きっとオイルを吸ったことで内部の隙間が
塞がってようやくまともに機能するような
構造だったんだろうね。
まぁ800円の安物だしね。
けれども十分に使えたよ。
特に注射器とセットになってたホースが、
ミッションオイル交換のときにも役立ったしね。

そう言えば、ガスケットを準備し忘れちゃったけれど、
まぁ良いやって事で液体ガスケットで代用。
まぁリアデフは液体ガスケットを使えって
サービスマニュアルにも書いてあったしね。
でも液体ガスケットってうっかり手につけちゃうと
なかなか落ちないね~…。
オイル汚れよりも遥かにしつこいよ………。
これもアストロプロダクツで買ったんだよ。

そういえばミッションオイルとかデフオイルって
やっぱり固いね。
流し込むのも注射器で注入するのも一苦労だったよ。
まるで水飴みたいにどろどろだしね。
あ、でもドレンボルトからでてくるオイルは
それほどどろどろじゃなかったな…。
柔らかいオイルが入ってたのかしら??
へたって粘度が落ちちゃってたのかしら??

で、交換したのはELFの1800円/L程度のオイル。
ミッションオイルが80W90だったかしら?
ちょっと柔らかすぎかしら??
リアデフは80W140くらいだったかしら??
乗ってみた感じは、あんまり変わらない感じ。
アイドリング状態でのシフトフィーリングは
全く違いを感じられなかったよ。
でも走り出すと若干渋くなったような…?
シフトダウンするときに
しっかり回転を合わせないと
まったくギアが入らないような…
冷えていたせいかしら??
しばらく乗ってたら全く気にならなくなったんだけど…。
まぁ大した変化は無いのかしら??
次もこのオイルにしようかしら?
次はもう少しだけ高いオイルの方が良いかしら??
まぁとりあえずしばらく様子みてみようっと。
インプレッサはシフトフィーリングが
素晴らしいらしいしね。
やっぱり安物は使っちゃダメかしら?

年明けにエンジンオイルと
オイルエレメントの交換しなきゃ。
でも、エアコンプレッサー欲しいな~…。
アストロプロダクツでまた買っちゃおうかしら??
すっかり店員さんに顔覚えられちゃったよ。
今日は何をお探しですか?
あれはどうなりましたか??なんて。
あそこは何でも揃うし、店員さんは親切だし、
ホームセンターなんかよりも遥かに頼りになるよ。
スポンサーサイト
ミッションオイル交換に挑戦
今日はミッションオイル交換をしたんだよ。
まだ終ってないんだけどね。
本当は今日中に終らせたかったんだけどね~…
思ったように全然捗らなくってね~…
結局オイルすら抜けなかったんだよ。
今日は下準備だけで終っちゃったんだよ。

今日はね、朝からタイヤ交換に行ったんだよ。
それが終ってからオートバックスにお買物。
交換用のミッションオイルとデフオイルを買いにね。
全部で5L。割引が適用されて7000円くらいで
買えたんだよ。
本当は1万円弱くらいしたんだけれどね。
やっぱりこういう高いお買物はこういう機会に
まとめ買いしておかないとね。
それから、ドレンボルトとか、フィラーボルトを
外すための工具を買ったんだよ。
KTC製の32mmのコマとスピンナハンドル。
それからT70のトルクスのコマとね。
やっぱりKTCの工具は高いね。
スピンナハンドルが3000円ちょっと。
まぁ使ってみると良いものだから
趣味で楽しむなら払う価値はあると思うんだけれど。
でも、32mmの工具は高いね!
コマが1000円以上。
32mmのコンビネーションレンチなんて、
たった一本で5000円もしたんだよ!!
びっくりしちゃったよ。

で、家に買えって車の下にもぐり込んで、
早速買った工具でボルトを緩めようとして
間違いに気づいちゃったんだよ。
32mmのコマが入らない…。
サイズは違ってないんだけどね…。
フィラーボルトに油温センサーらしきものが
付いてるんだよ。
それが邪魔でコマが入らなくってね…。
ディープタイプのコマがいる!!
って思って再びお買物に行ったんだよ。
32mmのKTC製ディープソケットは2800円。
ホント、高いね~~~。
で、家に帰ってもう一度挑戦したら
今度はデイープソケットが大きすぎて
入らないんだよね…。
だから邪魔になってたリアディフューザーを
取り外そうと思ったんだけれど、
私としたことが12mmのソケットを
もってなかったんだよ…。大変だ!!
って事で再びお買物に。
KTC製9.5sqの12mmソケットは500円弱。
安いよね。
で、帰ってきたら無事にリアデフューザーは
外せたんだよ。ボルト外すだけで簡単だったけどね。
でも、今度はリアデフのボルトが
ちっとも緩まなくってね~…。
フィラーボルトもドレンボルトもね。
買ったばかりのKTC製12.7sqの
長いスピンナハンドル使ってもびくともしなくってね。
やっぱり車の下にもぐり込んでいると力を入れにくいね。
どんなに頑張ってもびくともしないから
仕方が無いからハンマーでスピンナハンドルを
がんがん叩いたんだよ。
それでもまだ緩まなくってね~…。
パパ~~~を呼んでみたけれど、
それでも緩まなくってね~…。
役に立たない家の親父は無理だよ、
ボルトを嘗めたらどうするの?諦めよう、だって。
失敗を恐れていちゃ成長しないんだよ!
と言ってもう一度頑張らせてみたけれど、
それでも緩まなくってね~…。
どうしようかしら??って悩んだ挙げ句、
ジャッキを使うことにしたんだよ。
スピンナハンドルにぶら下がって
体重をかけても緩まないなら、
下からジャッキでスピンナハンドルを押し上げて
回してみようかしら??って思ってね。
スピンナハンドルをボルトにかけて、
したからハンドルを押し上げて回そうとしたんだよ。
下からジャッキでそ~~~っと
押したらちょっとずつ回ったよ。
何回かやったらね、やっとがくんってボルトが緩んでね、
ようやく手で回せるようになったんだよ。
なんて固いのかしら!?って感じだよ。
こんなの人力じゃ回せないでしょ??
エアツールとかがあると回るのかしら??
ドレンボルトも同じようにして緩めたんだよ。
新車だからかしら??締めすぎじゃないのかしら??
って言うか、私の力じゃどんなに頑張っても
そんなに締められないよ。
でも、やっとリアデフのオイルが
排出可能になったところで日が暮れちゃったから
今日はそこでおしまい。

続きは明日。
明日は朝からリアデフのオイル抜いて、
液体ガスケットでボルト締めて、
注射器みたいなのでオイルを注入して
それで終りかしら?
ミッションオイルのドレンボルトも
また固く締まってるのかしら??
せめて人力で回せるくらいだと良いんだけど~…。
でもミッションオイルはオイルの注入が大変そうかも。
エンジンルーム内のミッションオイルの
レベルゲージから注入しなきゃいけないんだけどね。
そのために長い上戸を買ったんだけど~…。
レベルゲージの穴が奥の方にあるものだから、
なかなか差し込むのが難しくってね~…。
失敗したら上戸が外れちゃってオイルが
洩れちゃうかも…。
それが一番心配…。
うまく入れられると良いんだけど…。
作業しやすいように回りの部品を外すべきかしら??
って、外し方もわからないし、重労働だろうしね~…。
うまくできると良いんだけど…心配だよ。
VMWareって便利だね
最近ね、使ってみたんだよ。
VMware Playerをね。
会社のパソコンで試してみたんだよ。
Linuxを使いたいんだけど~…
新しいパソコン買ってくれないし~…
って事でね、試してみる事にしたんだよ。
Cygwinも昔試してみたんだけどね、
どうも使いにくくてね~…。

WindowsにVMware Playerをインストールするのは
簡単だったよ。
で、その上で動かすOSも簡単に見付かったんだよ。
VMwareのサイトからリンクがはってあったしね。
で、私の使いたいLinuxを探してたんだけどね。
どれも英語版ばっかりね。
じゃあとりあえずUbuntuのDesktop版を
使ってみようかな?って事で試してみたんだよ。
Ubuntu Linuxの日本語版VMWareイメージも
Ubuntuの日本のサイトで公開されていたことに
あとで気づいたんだけどね。
でもまぁ既に英語版インストールしちゃったし
良いやって事でそのまま使う事にしたんだよ。
Ubuntuの日本語サイトから日本語パッケージが
apt-getでインストールできるみたいだったしね。
わざわざ日本語イメージを使わなくても良いやって
思ってね。
でも、日本語入力できるようになるまで
ちょっと設定をいじらなきゃいけなかったけれどね。

Debianって便利だよね~…。
特にパッケージ管理システムが。
aptでなんでもかんでも簡単にインストール
できちゃうんだしね。
依存関係も勝手に解決してくれるしね。
ちょっと使ってみた感じだけれども、
とっても優秀だよね。
パッケージの数も豊富らしいしね。
Vine Linuxのaptとか、Fedoraのyumとか
いまいちな感じだしね。
何故か使ってるうちに調子がおかしくなっちゃうし…。
そんなのだと逆に面倒なんだよね…。
そんな中途半端なものに煩わされるなら、
いっそのことソースからインストールした方がましだよね。

でも本当にUbuntuのaptは便利だよね。
ダウンロードしたDesktopイメージには
大したパッケージが入ってなかったんだけどね。
他に欲しいものは何でもaptで
がんがん追加できるしね。便利だよね~。
昔から試してみたかったdebianだけれど、
VMwareなら気軽に試せるね。

で、aptで前から試してみたかったScribusって言う
DTPソフトをインストールしたんだよ。
でもどういうわけか日本語が入力できなくってね~…
表示すらしてくれないんだよ…。
Scribusのソフト自体は日本語化できたのにね。
私的にはメニューとかは英語で表示してくれても
全然問題なかったんだけどね。
でも、日本語の文章が作成できないと
無意味だよね~…。
これも設定がちゃんとできてないって事なのかしら??
どうしたらScribusで日本語が扱えるのかしら??

ちなみに、私はUbuntuよりも、
Kubuntuが使いたかったんだけどね。
GnomeよりもKDEの方が好きなんだもん。
特にKDEを終了するときにセッションを保存して
次回そこから再開してくれるところが。
まぁそれもaptでKDEをインストールすれば
良いだけかしら?
でもVMwareで動かすとやっぱり動作が重いから
ウィンドウシステムはもっと軽いのが良いかしら?

それにしても、私ったら最近お仕事してないわね~…。
最近もVMwareで遊んでばっかりだし…。
私のお仕事を手伝ってくれるって言う便利な人が
現われたものだから、ほとんど押しつけちゃってね~…。
気を引き締めてお仕事頑張らなきゃ。
このままさぼってたら来年の昇給に
影響しそうだしね~…。
来年って言うか再来年かしら?
今年の評価は既に決定しちゃったみたいだから、
来年の昇給額は決まってるらしいしね。
まぁLinuxもお仕事に使うからVMwareの
導入からしたんだけれど…
何だか遊んでるような感じしかしなくて困っちゃうよ…。
まぁ実際遊んでるようなものなんだけれど。
今のところまだ直接成果を
生み出しているわけじゃないしね。
やっぱり成果がでないとお仕事したって気分にならなくて、
まるでさぼっているか給料泥棒でもしているみたいな
気分になっちゃって落ち着かないよ。
再来年の更なる昇給に向けて頑張らなきゃ。
ブレーキのメンテナンス
今日はね、車のブレーキのメンテナンスしたんだよ。
とりあえずいつものブレーキフルードの
エア抜きね。
エア抜きにもだいぶ慣れてきたよ。
昔みたいに地面にオイルをこぼしちゃうことも
なくなったしね。
あとは慣れてきたせいで気が緩んで
ずぼらな事してミスしないようにするだけだね。

で、今日はそれに加えてブレーキパッドのお掃除。
時間がなかったからフロントの
パッドだけなんだけどね。
目測パッド残料5mm以上。まだ半分くらいある感じ。
インプレッサはどうもフロントブレーキの
負担が大きい感じだしね。
フロントのブレーキダストが激しいことからも
わかるんだけど。
だからフロントがまだ大丈夫ならリアも大丈夫だよね?
って事で省略。
で、外したパッドは柔らかめのワイヤーブラシで
お掃除。歯磨きするみたいにね。
そしたら面白いように汚れがどんどん落ちるんだよ。
こんなに汚れてたんだ!?ってくらい。
それからブレーキパーツクリーナーで
しゅ~っと吹いて、ブレーキシムグリースを塗って、
元に戻すだけ。
そうそう、キャリパーにパッドを固定している
ピンとかプレートとかも外して
ワイヤーブラシで綺麗にお掃除。
おかげでちょっとだけブレーキのひきずりが
解消した感じ。
今まではタイヤを回すとしゅ~しゅ~と
何だかブレーキがひきずっているような音が
してたんだけどね。
今日はその音がすっかりしなくなっちゃったよ。
でもブレーキを踏んだ感じは特に変わらなかったけど。

で、今日はついでにミッションとデフオイル交換の
下調べ。
ミッションオイルのドレンボルトはどこかな?って
探したんだよ。
サービスマニュアルによるとドレンボルトが
二つあるらしいんだよ。
でも下にもぐり込んで探してみたんだけれど、
一つしか見付からなかったんだよ。
どこかに隠れているのかしら??
サービスマニュアルのイラストって不親切ね。
あと、リアデフのドレンボルトしかわからなくって…
どこから入れるんだろう??って感じ。
そういえば、ミッションオイルも入れるところが
見付からなくってね~…。
サービスマニュアルによるとミッションオイルの
レベルゲージの穴から入れるらしいんだけれど、
そのレベルゲージが見付からなくってね~…。
エンジンルーム内にあるはずだとは思うんだけど…
下の方に隠れているのかしら??
あんまり下の方じゃ見付けても注油するの
大変そうだよね?
オイルが回りに付着しちゃっても手が届かないと
どうしようもないし…。
まさかミッションオイル交換程度で
他のパーツを取り外さなきゃいけないだなんて事
ないよね??
来週もう一度探してみようっと。
ギアオイルって高いね
ギアオイルの交換してない!!
って重大な事実に気づいちゃってね、
慌てて交換することにしたんだよ。
インプレッサ用の。
街乗りなら2,3万kmくらいは交換しなくても
良いんだろうとは思うんだけどね。
メーカー指定の半分の距離で交換すれば
安心かしら??
でもジムカーナにサーキット走行にと
激しい走りをする場合はそんな長い期間じゃ
ダメだったんだね。
知らなかったよ。って言うか、気にしてなかったよ。

で、インターネットで調べたら数千kmくらいで
交換だって書いてる人もいたしね。
私もそれくらいで交換することにしたよ。
エンジンオイルのエレメント交換毎に
ミッションオイルとデフオイルも
交換することにするよ。
デフは機械式LSDが入ってるから、
本当は気を使ってお手入れしなきゃ
いけないはずなんだけどね~…。
まぁ最悪LSDくらいなら10万円くらいで
交換できるかしら??
でもミッションはそうはいかないしね~…。
今からでもマメにオイル交換することにするよ。

オイルエレメント交換のタイミングだと
距離的に6000km程度とちょうど良い感じだしね。
それに、エレメント交換のために
ジャッキアップしなきゃいけないし、
そのついでにミッションとデフのオイルも
交換できるしね。

で、ギアオイルをいろいろと調べてみたんだよ。
ギアオイルはやっぱり高くてもそれなりに
良いものを使わなきゃいけないかしら?
って思ってね、探してみたんだよ。
で、候補がCastrolのSAF-XJっていうやつ。
3600円/Lくらいだって。
インプレッサはミッションオイルとリアデフオイル
合わせて5Lくらい必要だから、
18000円もかかっちゃうんだよね…。
ホント、車ってお金かかるね~…。

ブレーキフルードは安いのを使ってるんだけどね。
2000円/Lの。一応DOT4だし。
ハード走行毎にエア抜きしてるしね。
これは安いオイルを
こまめに交換ってところなんだけど。
ブレーキフルードは潤滑のためじゃなくって、
油圧を伝達するためのものだしね。
でもミッションオイルは潤滑のためのものだしね。
安物を使って摩耗しちゃったら困るしね~…。
頑張ってお金稼がなきゃね~…。
今日のサーキット走行
今日はね、また有休で会社を休んで
サーキットに走りに行ってきたんだよ。
平日だし空いてるかな?って期待してたのに
少し混んでた感じ。
2時間走ったうちの1時間は一人で貸切り状態で
走れたんだけどね。
もう1時間は5台もいたから走りにくかったよ。

それにしても私はなかなか上達しないよ。
華麗に滑べらせながら走れるように
なりたいんだけれど、なかなか難しいね~…。
って言うか、思い切って滑べらせる勇気が
なかなかでなくってね~…。
ちょっと速めのスピードで
強めのブレーキを踏んだまま
コーナーに侵入すれば簡単に滑べるっていうのは
わかってるんだけれど~…
なかなか思い切って突っ込めなくってね~…
スピードが足りないと軽く滑べりそうになるものの、
それじゃあすぐに止まっちゃう程
スピードが落ちちゃうしね~…。
まぁ次回こそは思い切って何度もスピンしてみなきゃ。

一人で走ってるときはまぁ良いんだけど、
他の人と一緒のときはなかなか練習しにくいよ。
滑べらせやすいようにってグリップの低い
タイヤを履いているものだから、
どうしても他の人よりも明らかに遅いんだよ。
2時間ガソリンをもたせようと思うと
エンジンも半開くらいまでしかできないしね。
不用意にブレーキを頑張りすぎると
思わぬところでスピンしちゃって
ぶつけられても困るしね。
せっかく平日を選んだのに、残念。

そういえば夫婦でS2000に乗って走りにきてた
人達がいたよ。
2台で一緒に走ってたんだよ。
S2000を2台も買うなんてお金持ちな人も
いるんだね~。
で、その人に1年で1万km程度しか走ってないって
少なくない?って言われちゃったんだよ。
ひょっとしてセカンドカーもってるの!?って。
それってそんなに少ないのかしら??
私は多い方だと思ってたんだけどね~…。
もっと走り込んで練習しなきゃいけないのかしら?
まぁ、サーキットには月に1度程度しか
走りに行けてないんだけど~…。
でもそんなに走り込める程お金も時間も
ないしね~…。
でも滑べらせる練習のできるところって
サーキットとかしかないしね~…。

それにしても疲れた。
2時間も連続で走るのは大変だね。
今度から1時間だけにしようかしら?
1日にまとめて走った方が
料金的には安いんだけどね。
でも2時間目は集中力が落ちちゃうよ。
やっぱり集中して走らないと
効率的じゃないよね?
それに腕も足も本当に疲れちゃうしね。

今週末はメンテナンスしなきゃ。
ブレーキフルード交換して。
デフとミッションのオイルもそろそろ
交換しなきゃいけないし。
エンジンオイルはどうしようかな?
東京から帰ってからにしようかな??
タイヤもちょうど使いきっちゃったしね。
左フロントのタイヤにスリップサインが
でるまで減っちゃったから
今週末くらいには買わなきゃ。
他のところはまだ少し溝が残ってるんだけれど、
まぁしかたないかしら?
タイヤのサイドにも傷がついていることだし
本当に早く交換しなきゃ。
こんなタイヤで東京まで走っていくのは
心配だしね。
さて、次のタイヤは何が良いかしら?
完全に町乗り用の耐久性と燃費重視のタイヤにするか、
滑べらせるための練習用タイヤにするか…
ハイグリップタイヤは別にあるから
買う必要はないんだけど。
何が良いかしら?
もう1万kmくらいローグリップタイヤで
滑べらせる練習を頑張ろうかしら?
祝!?残業解禁っ…
家の会社はね、残業時間の制限があってね、
平日は月45時間以内、休日出勤は月3日以内って
決まってるんだよ。
緊急事態があれば平日60時間以内、6日以内まで
許されるんだけどね。ただし、緊急事態は
年に6回までしか許されないんだよ。
で、私はもう既に6回以上緊急事態宣言が発令されてね、
もう45時間以上、3日以上残業できないんだよ。
でも残業はできなくてもお仕事は減らないんだよ。
だから先月まで3ヵ月くらいね、
計画的に残業してたんだよ。
1日3時間残業で、時々定時帰宅の日を決めね。
45時間きっちりを狙ってたんだよ。
オーバーしちゃうと課長に怒られちゃうしね。
誰に何を言われようと仕事を放っておいて
帰れって言われても、文句言われるのは私であって
課長じゃないしね~…。
課長も文句言う前に私の仕事減らしてよって
思うんだけどね~…。
でも狙っててもどうしても数時間くらい
オーバーしちゃうんだよね。
まぁ文句言われるのも嫌だし、
数時間くらいなら良いかな??って思って
サービスしておいたんだよ。
44時間59分って。
でも、人事の人ってきっちりチェックしてるんだね。
44時間59分って何それ?
サービス残業させてるんじゃないの??
って課長が文句言われたんだって。
でね、課長に言われちゃったんだよ。
残業が必要ならもっとして良いから、
サービスはダメだよって。
残業時間制限をオーバーするよりも
サービスの方が罪は重いんだね?
まぁそんなわけで、
残業が解禁されたわけなんだけど~…。
残業代が増えて嬉しいと言うのもあるんだけれど…
解禁されたって事は
次の60時間制限まできっちり残業して
働かなきゃいけないのかな?
60時間は何があっても超えちゃ
いけないらしいんだけど…。
でも、残業はほどほどにしておきたいんだよね~…。
遅くても9時には会社をでたいんだけどね~…。
そうでないと睡眠時間が減っちゃうしね…。
少なくとも6時間は寝たいんだけどね~…。
家帰ってからいろいろしてるとどうしても
時間がなくなっちゃうんだよ。
ブログ書いたりアニメ見たり、その他いろいろね。
睡眠時間削りでもしないと遊ぶ時間もできないしね~…
困ったものだよ。
残業代いっぱいもらっても
浪費する癖が付いちゃったら困るし…。
お買物でストレス発散だ!!ってくらい
お金使っちゃってるし…。
冬コミに向けて貯金始めたとたん
ストレスも溜ってきちゃったし…。
困ったものだよ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

ライトウェイトスポーツが欲しい
と思って探してみたんだよ。
ライトウェイトって言うからには
軽くないといけないよね?
で、どれくらいを軽いかって言うと、
やっぱり1000kgは下回って欲しいじゃない?
って思ってね。

ライトウェイトスポーツって言ったら
マツダのロードスターが思いうかぶんだけどね~…
あれは軽くないよね。
1100kgもあるしね。
FRっていうのは楽しそうな気がするけれど…。
でも何よりも気に入らないのがデザインなんだよね。
あのデザインは好きになれないよ。
ちょっと不細工になった??
私は先代のNB型のデザインが好きだったよ。
NBの1.6L辺りが良いかしら?
まぁそれでも1000kgは
超えちゃってた気がするけれど…。

他に軽い車…。
ロータスのエキシージなんて
900kgを切る程の軽い車体に、
1.8Lのトヨタ製エンジンをミッドシップに搭載した
本格的なスポーツカーだしね。
ライトウェイトスポーツカーって言うか、
もはやレーシングカー?って気もするけれど。
私も欲しいわけなんだけど、
でも安くないよね~…。
理想的なライトウェイトスポーツカーなんだけどね。
ライトウェイトなんだから、
徹底的に軽さを追求して欲しいところ。
だから、重量を増す余計な装備は省いて欲しいよね。
エアコンすら付いていないエキシージは
まさに理想的。
軽ければ良いんだよ、軽ければ。

あとは、YES!Roadstarの1.6Lターボとか。
これも900kgくらいの軽い車重でね、
280ps以上のパワーを発生する
1.6Lのターボエンジンを、
これまたミッドシップに搭載してるんだよ。
3.2Lターボもあるみたいだけれど、
1.6Lターボでも十分な感じじゃない?
軽いことが大事なんだから。
パワーがなくても軽ければ良いんだよ、
非力でもがんがん回すのが
楽しいエンジンなら良いんだよ。
1.6Lターボはどかんな感じでピーキーで
楽しいらしいって話だしね。
でもね、これまた高いんだよ。
安いポルシェなら買えちゃうくらい。

じゃあ現実的なライトウェイトは…
軽自動車??って、いくら軽くても
それはね~…。ライトウェイトだけど…
元気に走ってくれそうにないし…
エンジン回しても楽しくなさそうだし…。
スイフトスポーツとかもね、3ドアで1000kgを
下回る車重だったら合格なんだけどね。
でもね、そう言えばあったんだよね。
FFだけど、ライトウェイトスポーツって言うか、
ホットハッチ?
日産のマーチ12SR。
これは車重1000kgを下回ってるから合格なんだよ。
エンジンも、1.2Lだけど、ノーマル90psなところを
メカチューンを施して110psにまで
パワーアップしてるしね。
マフラーも交換済み、エアロで武装してるしね。
これならパワーはなくても回して楽しいはず。
そして何よりも、コーナリングが速いらしい。
やっぱり軽いとコーナリングが速いよね?
それにマニュアルだしね。
170万円くらいならお手頃な価格だしね。
1000kg未満なら税金も安いしね。
1.2Lなら税金も安いしね。
一応マーチだし、車両保険も安いはず。
何だかライトウェイトスポーツって
感じじゃないけれど~…
でも楽しそうだよね??
何だか欲しいな~とか思っちゃってね。
買っちゃおうかな??っていう危険な衝動が…。

テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。