mooの雑記 FC2ブログ
バイクとか車とか アニメとかコミックとか 日記とか 妄想記とか コンピュータ関係とか 等について。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Caffeのインストールメモ
Caffeのインストールに手間取ってしまったので、
メモを残しておきます。

Windows8上に、VirtualBoxをインストールして、
そこに、Ubuntu16.04をインストールした環境です。

CaffeのサイトにUbuntuへの
インストール方法が書いてあったので
それを参照しました。

http://caffe.berkeleyvision.org/install_apt.html

まずはaptを使って必要な必要なものをインストール。
書いてある通りにコマンドを打つだけ。
sudo apt-get install libprotobuf-dev libleveldb-dev libsnappy-dev libopencv-dev libhdf5-serial-dev protobuf-compiler
sudo apt-get install --no-install-recommends libboost-all-dev
sudo apt-get install libgflags-dev libgoogle-glog-dev liblmdb-dev

ここまでは順調。
さて、問題はこの次。
CUDAのインストール。
aptでインストールしたものでは
うまくいかなかったので、
CUDAのサイトからダウンロードしました。
https://developer.nvidia.com/cuda-downloads
このサイトにもdebパッケージのものが
提供されていますが、
結果から言うとこれを使用して失敗しました。
どうやら勝手にグラフィックのドライバが
インストールされるらしく、
再起動したらログイン画面から
先に進めずそこでループするというトラブルが
発生してしまいました。
復旧方法がわからず……。

けれど、VirtualBoxのありがたいところは、
スナップショットをとっておけば、
その時点の状態にすぐに復旧できることで。

CUDAは「runfile[local]」をダウンロードします。
sudo sh cuda_8.0.44_linux.run
とタイプすればインストールが開始されます。
途中、ドライバをインストールするかと
質問されるので、拒否しましょう。

そして、Caffeのダウンロード。
git clone https://github.com/BVLC/caffe
とタイプすればカレントディレクトリに
caffeディレクトリが作成されて、
その中に必要なファイルが入っています。

caffeディレクトリに移動して、
中にあるMakefile.config.exampleというファイルをコピーして、
Makefile.configというファイルを作成します。

そして、Makefile.configファイルを
適当なエディタで一部修正。

# CPU_ONLY := 1

と書かれている行の「#」を消します。
よく知らないけれど、
GPUのサポートを使わない場合や、
VirtualBoxのようにGPUサポートが使えない(?)環境では、
こうしたほうが良いらしい。

それから、
「INCLUDE_DIRS := 〜〜〜」
から始まる行と、
「INCLUDE_DIRS := 〜〜〜」
から始まる行を環境に合わせて適切に修正。
私の環境の場合、
デフォルトで
INCLUDE_DIRS := $(PYTHON_INCLUDE) /usr/local/include
LIBRARY_DIRS := $(PYTHON_LIB) /usr/local/lib /usr/lib
となっていたものを、
INCLUDE_DIRS := $(PYTHON_INCLUDE) /usr/local/include /usr/include/hdf5/serial
LIBRARY_DIRS := $(PYTHON_LIB) /usr/local/lib /usr/lib /usr/lib/x86_64-linux-gnu/
hdf5/serial
と変更しました。
これは、make all中にhdf5.hファイルがないんだけど?
ってエラーが出るので、
hdf5.hのありかを教えてあげるためで。
じゃあ、hdf5.hファイルってどこにあるの?
という時は、
locate hdf5.h
コマンドをうてば、それらしい候補の場所が
表示されるので、その中から適切なところを選びましょう。
同様に、hdf5のライブラリがないんだけど?って
make all中にエラーが出るので、
その場所をLIBRARY_DIRSに書いて教えてあげましょう。

あとは、
make all
make test
make runtest
とタイプすれば無事にインストールできました。

ちなみに、CentOSでもインストールを試みましたが、
途中で断念しました。
yumコマンドで必要なソフトが全て
インストールできない。
だから、個別に各サイトから
ダウンロードしてきて
./configure && make
の繰り返し。
その途中にあのソフトもいるよ、
このソフトもいるよと言われて、
それを個別にインストールする作業にうんざり。

Linuxってソースからコンパイルするものでしょ?
って拘りがないのであれば、
Caffeを使うだけなら、
Ubuntuでやったほうが楽なんじゃないかなぁ。

ちなみに、私はこの本を読んで、
Caffeの存在を知りました。

この本の通りにやってもすんなりと
インストールはできませんが、
まぁ、Linuxってそういうものですよね。
常に変化し続けるものに対して、
出版物の情報が既に古いというのは仕方のないことです。
ただ、ディープラーニングとは何かという
基本的なことさえ知らなかった私には、
勉強になる本でした。
スポンサーサイト
HDDを4TB程増やした
動画やら写真やらを保存し続けているせいで、
定期的にHDDの増設が必要なわけですが。
またしても残量がなくなってしまったので、
新しく1台買いました。

私的には日本メーカー製がお気に入りです。
海外メーカーのものと比べると、
カタログスペック上同等でも割高感は
否めないのですが……
私の経験上、やはり耐久性や信頼性を重視すれば日本製です。
十何年もパソコンを使いつづけていれば、
HDDの故障なんて珍しくもないわけですが。
やっぱり海外製のHDDは寿命が短いように感じます。
24時間365時間常時起動が私の基本的な使用方法です。
海外製は、3年程度で壊れます。
ところが日立GSTは驚きの3年保証!
初めて買ったときは本当に驚きました。

こういった電子機器は熱に弱く、
熱くなればなるほど寿命を縮めますから、
もちろんHDDクーラーなどを装着して、
冷却には配慮しているつもりなのですが……
3年程度で壊れてもらっては困ります。

なので、私は日立GST製のHDDを愛用しています。


実はパソコンには既に7台のHDDを搭載しているので、
これ以上内蔵は出来ないわけで……
そのため、バックアップ用のHDDは
HDDスタンドを利用してつないでいます。



HDDの利点は、手軽にHDDを交換できること。
このスタンドに、裸のHDDをガチャリと差し込むだけの手軽さ。
パソコンとの接続はUSB。
使い終われば引っこ抜いて、また別のHDDを差し込むだけ。
バックアップ用ですから、常に電源を入れておく必要もなく、
必要な時に必要なHDDを手軽につなげるので重宝しています。

高画質なデジタル一眼レフカメラなどで
写真や動画で撮影するとどうしても容量がかさんでしまい、
そのバックアップとなるともはやDVDやブルーレイでも
追いつかないくらいです。
HDDのバックアップはHDDにとるのが
お手軽でコストパフォーマンス的に優れていると思うわけです。
ただ、まぁ、HDDですから、
光学メディアよりも丁寧な扱いが必要ではありますが……。
重要なデータが入ったHDDなら、
静電気防止の袋に防湿剤と一緒に入れて、
耐火金庫に入れてもいいし。
そこまでしないなら、静電気防止の袋に入れて、
カメラ用の防湿ボックスに除湿剤と一緒に入れておいてもいいし。
まぁ、その状態で、何年持つかはわかりませんが。

話は戻りますが、HDDスタンドを使っていると、
HDDがどれくらい熱くなるか、
正に手に触れて実感することが出来ます。
海外製の比較的安価なHDDであれば、
結構熱くなります。
手で触れると驚くほどに。
HDDに読み書きしている最中はもちろんのこと、
そうでないときも常に熱いです。
ところが、日立GST製は格段に温度が低いわけです。
連続で読み書きしている最中はそれなりに
熱くなりますけれどね。
待機中はあまり熱くならないです。
海外製と触って比べてみれば体感出きるほどに明かです。
とは言え、やっぱり冷却対策は必要なので、
HDD使用時は冬でも扇風機の風で冷却しています。

熱は寿命に直結するので、
発熱が少ないのはそれだけで素晴らしい事です。
どうしても速度とか容量に目が行きがちですが、
私としては信頼性を重視したい所です。
むしろ、バックアップ用途なら速度が遅くても
大した問題ではありません。
頻繁に壊れてパソコンが止まっては困りますし、
データ消失のリスクもありますからね。

使いたいときにパソコンが使えないって、
本当に困りますからねぇ。

十数年以上前に買ったパソコンの40GBのHDD 2台は、
10年使いつづけてもついに一度も壊れず、
容量の少なさから使用を止めるまで、
現役で働きつづけてくれました。
多少高くても、それくらいの耐久性が欲しいのですが。

ちなみに、HDDと同じ程度に故障頻度が高いのが、
電源です。パソコンが突然動かなくなったら、
とりあえず電源を疑う程度には壊れます。
原因がわからなければとりあえず電源を
交換してみる程度には壊れます。
だから、容量よりも値段よりも信頼性が大事かと。
安いと1,2年で壊れるし……。

あと、ファン関係の外れ品の寿命の短さは異常です。
1年保ちません。
外れでなければ、割と長く使えますが。
故障の度にパソコン止めて、
蓋開けて交換する手間を考えれば……
高くても耐久性の高い物が欲しくなるわけです。
別に修理するのが好きでパソコン
使っているわけではないので。

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

UQ WiMAXが予想以上にすごかった
UQ WiMAXが予想以上につながってビックリです。
C83の3日目。
22万人の入場者があったとされる
コミケの3日目です。
入場規制が解除された12時頃のことです。
入場規制が解除されるということは、
入場待ちの待機行列が全て会場内に入った時間であり、
おそらくもっともビッグサイト内に
人が溢れる時間だと思います。

その時間でありながら、
UQ WiMAXはビッグサイトの東3ホールから、
快適にインターネットにつながりました。
YouTubeも全くストレスなく見られたし、
コミケのWEBカタログの閲覧もサクサクです。
つながり憎いといわれている携帯電話とは違いますね。

DoCoMoの携帯のメールなんて、混雑のせいで
なかなか送受信できない事も
珍しくないくらいなのに……
まさかYouTubeが見られるとは思いませんでした。

ただ、まぁ、UQ WiMAXの利用者が、
携帯電話利用者に比べて少なかったから、
快適に通信できただけなのかも知れませんね。

あるいは、その時間はみんな宝の地図を便りに、
買い物に走り回るのに忙しくて、
通信している暇がなかった、だけなのかもしれませんが。

まぁ、いずれにしても、UQ WiMAXは十分に使えるものだと
確信しました。
スマートフォン買ってテザリング機能を利用して、
インターネットに接続しようかとも
思っていましたのですが、迷いは断ち切れました。
UQ WiMAXを使い続けます。

テーマ:インターネット - ジャンル:コンピュータ

ホットスポットのセキュリティが気になります
私、気になります。
ホットスポットのセキュリティが、気になります。
ユーザー認証を必要としない類の、
誰でも無料で使えるホットスポットのセキュリティです。

普通、セキュリティの観点からは、
ユーザー認証を行って、
利用者を特定できる状態で利用させるべきなんじゃないかと
思うんですよ。
まぁ、通信事業者の提供してくれるWiFiスポットとかは、
課金の観点から、
抜かりなくユーザー認証を行っているはずですけれどね。

ただ、世の中、利用者のためにと
無料で使わせてくれる大変ありがたいホットスポットが
あるじゃないですか。
最近、私もお世話になっているわけですが。

ただ……それって、セキュリティ的に大丈夫なのかな?
って疑問に思うわけなんですよね。
だって、利用者が特定できないってことは、
何やってもばれないってことじゃないですか?
詐欺・脅迫・他人のアカウントの不正利用・
不正アクセスの類などのインターネット経由の違法行為が
やりたい放題じゃないの?と気になってしまいます。

ユーザー認証を行っていれば、
警察が令状でもって通信記録を調べれば、
個人が特定できてしまうわけですが、
ユーザー認証をしない類のホットスポットだと、
通信記録をとっていても、記録されるのは通信端末のMACアドレス
だけのはず。
MACアドレスから端末を特定するなんて、
事実上不可能じゃないですか?
端末を粉砕してしまえば証拠隠滅も
できてしまうと思うのですが、
そんなことないんですかねぇ?

無線LANが普及し始めたころは、
市販の無線LANのアクセスポイントのパスワードが
デフォルトで非常に脆弱な状態で出荷されていたせいで、
ご近所の電波にただ乗りさせてもらうことも
不可能ではなかったのですが。
最近では、メーカーもそんなことにならないように、
まともなパスワードを設定して出荷しているはずですが。
それなのに、便利でありがたいホットスポットですが、
大丈夫なんですかねぇ?
私、気になります。

テーマ:インターネット関連 - ジャンル:コンピュータ

パソコンを、買いました
パソコンが、壊れました。
2008/10/18に買ったノートパソコンです。
当時、13万円ほどで買ったものでした。
と、ブログに書いていました。
それが、壊れました。
さようなら、Windows XP。
別に特別使いやすかった分けでもないけれど……。
Windows98依頼久しぶりに使った
Windowsだったけれど、
98よりも多少マシになっていたけれど、
やっぱりWindowsはWindowsでした。
安定性が悪い。
たった1週間も安定して連続稼働を続けられない。
使っていくうちに動作が遅くなっていく。
ちょっと負荷をかけると著しく反応が悪くなる。
等、気に入らない点はたくさんあるのですが……。

できることなら、Windowsと決別したいのですが、
もはやインフラと言っても過言ではないほどに
はびこってしまったせいで、決別できない苛立ち。
Windows8を買ったけれど、Windowsの持病が
治っているはずはないと確信しています。
Windowsの病は今までのWindowsを捨てて、
一度新しく生まれ変わらないと治らないと思っています。
でも、それはできない。
それをやったら過去の資産も捨てることになるから。
それではもはや世間がWindowsだと認めてくれなくなるから。
Windowsが売れているのは、現在のWindowsに特別優れた
点があるからではなく、Windowsがないと動かないものが
たくさんあるからだと私は思っています。
だから、WindowsがWindowsとして存在するためには、
過去の資産と共に持病という負の遺産を抱えて
生きていかなければならないのだと思います。
たとえ、マイクロソフトがはるかに優れた革新的なOSを
開発しても、過去の資産が動かなければ、
今のWindowsほど売れるはずはないに違いない。
それは、WindowsXPから移行したがらないユーザーが
たくさんいたのと同じ様に。

ま、そんな訳で私もWindowsを使わざるを得ないわけなので、
新しいパソコンを買いました。モバイルパソコン。
やっぱり出先で使えるパソコンが必要なので、
モバイルパソコンが一台は必要なんですよ。
ただ、Windows8はパソコンに新しい可能性を
示してくれたという点においては評価できると思います。
それは、タブレット。
一時期、過去にもWindowsタブレットパソコンが
存在したはずですが、あまり普及せずに消えちゃいましたね。
なぜでしょう?
やっぱりもともとマウスとかキーボードで操作する
前提で設計されたものを、
ペンでどうにか操作しようとしたことに
無理があったのでしょうか?
そう思えば、タッチパネルを前提とした
Windows8であれば、反ってマウスを使うのが
不自然に感じられるほど。
逆にタッチパネルを操作すれば、
とても自然に感じられました。

ただ……ノートパソコンの画面をタッチパネルで操作できたとして、
それで何が嬉しいんだろう?と
思ってしまうわけですよ。
それなら普通にマウスで良くない?と。
それが、ソニーのVAIO Duo 11を見て、
これだ!と心惹かれてしまいました。
これなら、私のやりたいことが全部できそう。
Windowsが必要な作業はもちろんこなしてくれるし。
タブレットの様に持ち歩ける。
無線で出先でもインターネットにつなげる。
撮った写真がどこにでも持ち歩けて、
どこででも見せられる。
スマートフォンは便利そうだけれど、
通信費が高すぎてバカらしいなぁ、
と思っていた私には願ったり叶ったりの製品で。

ただのノートパソコンなら、3万円も出せば、
私の要求に十分に応えてくれるものが買えるはず、
と思っていたのですが……。
このバイオにときめいてしまったせいで、
14万円も払って買ってしまいました。
ちなみに、入荷待ちです。
売れているのか、生産の遅れなのか知りませんが、
3週間待ちだそうで。
えぇ?そんなに長い間パソコンがないと困るなぁ、
とか言っていたら思いがけず値引いてくれました。
価格コムと同じ値段で、5年保証まで付けてくれました。
よかった。
さて、早く来ないかな?と楽しみです。

UQ WiMAX申し込もうかなぁ?とか思ったのですが、
やはり通信費が高いですね。
年間の支払額は自動車保険よりも高い……。
と思っていたところ、Docomo Wi-Fiが
月額315円で使えるようなので、
通信エリアに制限があるものの、
とりあえずこれを試してみようかな?と。

さて、問題はこのバイオが何年動きつづけるか……。
5年もたないだろうと思ったから、
5年保証付けてもらったのですが。
14万円もするものが、
数年で壊れるとかおかしくないですか?
14万円のスピーカーなら軽く10年は使えそうですよ?
14万円のレンズなら、一生使えるかもですよ?
数年で買い替えが当たり前とか、正気とは思えない。
道具に求めるものは最新ではなく、
安定と耐久だと思うんですよね。
パソコンが壊れる度にお金と時間をとられるのは困る。

テーマ:Windows8 - ジャンル:コンピュータ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。