mooの雑記 FC2ブログ
バイクとか車とか アニメとかコミックとか 日記とか 妄想記とか コンピュータ関係とか 等について。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SLKで車中泊
SLKで2度目の車中泊をしてきました。
やっぱりこの車は車中泊には適さないですね。
そんなのは前回試したときに十分に
分かっていたのですが、
それでも車中泊は止められないのです。

単純に宿泊費用を浮かしたいなんていうのも
あるんですけどね。
それ以上に大きいのは、やっぱり時間に縛られない自由です。
宿を予約してしまったら何としてもそこまでは
たどり着かなくてはならなくなってしまうし、
チェックイン時間に遅れそうになったら連絡も必要になる。
そういうのは、自己中な私には耐えられません。
何時に到着するかなんて成り行き次第。
他に面白そうな事があれば、そっちにフラフラ、
こっちにふらふら。
予定は変わるもの。気分も変わるもの。
計画は、行動の目安。
大事なのはその時の気分と楽しいこと。
眠くなったら寝たいし、疲れているのを無理して走っても
面白くないし、そもそも危ない。
車中泊の醍醐味は、そんなフリーダムな旅ができることだと
思っています。

SLKで車中泊をして改めてV60の快適さを実感したわけです。
まぁ、やる前から分かっていたことですけどね。
やっぱり横になって、足を伸ばして眠れるのは良いですね。

寝ようと思うと本当にSLKの車内の狭さを痛感します。
ものを置く場所がないし、身動きをとるのも窮屈だしで……。
暑い夏場なら問題はないのですが、冬場は当然寒いので、
寝袋などを使いたいところなのですが、
それに包まるのも非常に難儀するほどの狭さ。

シートはほぼリクライニングせず、
シートを倒そうとすれば足を伸ばすスペースが減ってしまい、
足を伸ばそうと思うとシートはほぼ直立状態……
2座の車なので仕方がないですね。
なので、トラベルピローは必須です。
私にはこの枕が合わないのか、決して快適とは言えないものの、
しかし、この枕がないと寝れないのも事実。
ほぼ直立状態では、首を支えることができないから、
とても眠っていられないですが、
この枕は首を支えてくれるので、とりあえず眠れます。



それでも足が自由に動かせなかったり、
寝返りが打てなかったり、お尻が痛くなったりで、
何度か目が覚めて、良く眠れたとは言い難い状態でした。
ただ、日頃の寝不足が溜まっているにも関わらず、
それでも日中はさほど眠くなることもなく、
8時間以上ドライブができたのですから、
まぁそれなりには眠れたのでしょう。
決して快適ではありませんが。
そうと分かっていても、SLKで車中泊をしようと思うのは、
やっぱりV60では味わえない楽しさがあるからですね。

しかし、いつも思うことですが、どうしてだか、
私は旅の荷物が増えてしまうんです。
たった一泊の車中泊だというのに……
家でお風呂に入ってからの車中泊だから、
特に着替えをする必要もないというのに……
なぜかトランクがいっぱいになってしまいました……。
まぁ、ひょっとしたらこれも必要になるかもしれない、
あれも必要になるかもしれないと、
何でも荷物を積み込んでしまう性格のせいでも
あるんでしょう。
だって、使いたくなったときになかったら
悔しいじゃないですか。
持っていないならともかく、
家にはあるのに持って来ていないって。
公共交通機関の旅なら、何でもかんでも
持っていくことはできませんが、
自家用車の旅はそれが出きるのが醍醐味の一つですから。

V60で行くときは、いつも玄関が埋め尽くされる程に
荷物が出来てしまいます。
なんでこんなに必要なんだろう?と思いながらも、
まぁ、狭い狭いといいながらも、V60は軽々と
飲み込んでくれるから積載性は割と良いのかもしれません。
それだけ荷物を積み込んでいれば、
旅先で不自由を感じることもなく、
とても快適な車中泊の旅が出きるのですが。

SLKではそうはいかないので荷物を減らした
つもりなんですけどねぇ……。
こんなことでは……夏の有明遠征が心配になります。
一般道を走って東京まで。
行きに1泊車中泊をしようかな?と
思っているところです。
その後ホテルで3泊なので、やっぱりそれなりに荷物が
増えてしまいます。たった一泊の車中泊で
トランクがいっぱいになっているのに……
どうすればいいのか……。
まぁ、そんなこともあろうかと、
先日グローブトロッターの鞄を買ったわけですよ。




これなら助手席に載せて屋根を開けて走っていても、
変じゃないかな?って思って。
荷物が一杯になろうとも、
屋根を開けるのは譲れませんからね。
そのための車ですからね。
そうでなければ、わざわざ苦労してSLKに乗る理由が、
なくなってしまいますからね。

Eクラスのカブリオレなら、もう少し居住性が
改善されるかな?なんて思いつつも、
やっぱりMTで乗りたいなとか、
明らかに運動性能が落ちるだろうなとか、
目立ち度はやっぱりSLKの方が上だろうなとか、
エンジンを回したときのワクワク感とか、
そんなのを考えると、
まぁ少々苦労をするのはいたしかたなしかと思うわけです。
低い着座位置、後輪の上に座っているかのようなポジション。
もうそれだけで幸せな高揚感に包まれるんですよ。
スポンサーサイト
車中泊用に新しいクーラーバッグを
新しいクーラーバッグを買いました。
SLKで車中泊するために。
V60で車中泊する用にはすでに
クーラーボックスがあるんですけどね。
でも、ちょっとサイズが大きいせいで、
SLKには厳しいんです。
トランクに入らないことはないのですが、
入れたら屋根が開けられなくなってしまう
サイズなので。

そこで、SLK用に小さいサイズの
クーラーボックスが欲しいなぁと思っていたところに、
面白そうなクーラーバッグを見つけました。
保冷性能では断然クーラーボックスだと
思っていたのですが……
過去の経験ではクーラーバッグでは一日保たないものも、
クーラーボックスなら2~3日程度冷たい状態を
辛うじて維持できる程度の差はあるのですから、
とても大きな差です。
だから、クーラーバッグなんてのは、
せいぜい半日程度冷やす用途に使うもので、
車中泊で長時間冷やすには向いていないかなと
思っていたのですが……

このクーラーバッグならもしや……
と思って買ってみました。
保冷性能の高いクーラーボックスですが、
欠点は使い終わった後もたためないこと。
広い車ならいざ知らず、SLKみたいに、
非常に小さな車なら、そのわずかなスペースすら
貴重です。
中身が空になって折りたたんで空いたスペースに、
お土産が積めるかどうかの瀬戸際ですからね。



このクーラーバッグ、アイスを11時間も
冷たい状態に保持できる、と書いてあったので、
それなら保冷力も十分だろうかと、
値段は割高であるものの、試しに買ってみました。
確かに、作りはただのクーラーバッグとは違いますね。
十分に厚みのあってがっちりとした作りのバッグです。
がっちりしている分、折りたたんだときもそれなりに
厚みがありますが。

ただ、まぁ、SLKにのるサイズの、
保冷力十分なクーラーボックスの代わりとしては、
これで十分でしょうか。
夜が寒くなるまではSLKで車中泊を
使用と思っているので、
近々試してみます。
久しぶりの車中泊
久しぶりに車中泊をしました。
と言っても、3ヶ月ぶり程度ですが。
いつもの様に、家から秋葉原まで
片道500km程を一般道を走りながら、
車中泊を楽しみながらで。
片道12~15時間程度なので、
一日で行こうと思うと、
少し疲れるのですが、
一泊入れるとだいぶ疲れもマシになります。

さて、これからの時期は寝る場所を選びますね。
暑さという問題があるので。
特に熱帯夜になれば最悪ですね。
エアコンを効かせて寝るなんて贅沢はできないので。
窓を開けられればまだいいのですが、
場所によっては、虫が入り込んできたり、
騒音が入り込んできたりしますし、
雨なんかが降っていたら
蒸し暑いことこの上ないですからね。
なので、できれば標高の高い涼しいところを
選びたいですね。
スキー場のような標高の高い所は、
麓は熱帯夜で苦しんでいても、
山の上は寒いくらいに涼しいですからね。

私の場合、いつも道の駅ふじおやまで一泊します。
冬場は寒いですが、夏場は涼しくて快適です。
秋葉原から片道100km程度。
一般道を走って3,4時間程度。
ただ、ここに限らず、都会に近いところは、
休日の前夜とかだとかなり車が止まっているので、
早めに場所を確保しておかないとですね。

最近、車中泊以外に乗ることのなくなったV60ですが……
久しぶりに乗ったせいで、バッテリー電圧低下とかいう
警告が表示されていました。
いつもは、USBメモリにたっぷり詰め込んだ
アニメを持ち込んで、夜を過ごすのですが、
そんなメッセージが出たせいで、
見られませんでした。
家を出るときは問題がなかったのに、
4時間ほど走って道の駅についてからの警告でしたから、
明日の朝エンジンかかるかな?
と不安になってしまいました。
しかも、4時間も走ったのに充電されてないなんて、
バッテリーが寿命なのかな?
年末の車検の時は問題ないって言ってたはずなのに……
と、思っていましたが、翌朝は問題なくエンジンが始動しました。
寒い冬の朝ならともかく、夏場ならまぁ大丈夫ですね。
ちなみに、その後10時間走り終えた後は、
警告は出なくなっていました。
やっぱり街中の信号に引っかかってばかりの道よりも、
愛知、静岡のバイパス区間を走り続けた方が、
充電には有利だったのでしょうか。

しかし……いつも都内で車中泊している場所は……
とても熱かったです。
おそらく30度は超えていたんじゃないでしょうか。
外は涼しいのに場所が悪かったんですね。
車中泊をするだけなら、場所は探せばいろいろあるのですが、
目的地が秋葉原なので、
あまり遠方で車中泊をするわけにもいかず……。
冬は暖かくて快適なのですが、
夏はとても寝られません。
この時期でも、かなりの汗をかいてしまって、
なかなか寝られなかったばかりか、
脱水症状で死ぬんじゃないかと割と本気で心配になるくらいで。

来月も、また秋葉原に行こうかと思っているのですが、
その時は都内では車中泊を諦めて、
どこかに泊まろうかと思っています。
寝るだけなら安い所で良いかななんて思ってしまうのですが。
ネットカフェかな?カプセルホテルかな?
ビジネスホテルかな?

車中泊をしないのであれば……
SLKで行きたいなぁなんて思っている所です。
さすがに、居住性は劣悪ですが……。
後部座席が無いどころか、
シートも傾く程度にしかリクライニングしませんからねぇ。
ただ、飛行機や夜行バスの中で寝ることもあることを考えれば、
回りに他人がいない分快適かな?なんて思っているのですが……
行くときに一泊。都内ではどこかに一泊。
帰りにまた一泊。
荷物があまり乗らないので、
お買い物は程々にしないといけませんが……。
以前一度冬に試したときは、
スペースが狭くて足元にまで寝袋を詰め込めずに寒くて、
おまけに足が存分に伸ばせずに足が痛くて、
良く眠れずに、夜に目が覚めてしまって、
このまま寝るのを諦めて家に帰ろうかと
迷うほどには寝心地が悪かったのですが……。
おまけに車中泊するには必要以上に
目立ってしまいますからねぇ……。
そうは言っても、乗りたいのだから仕方がないんです。
かと言って、高速をとばすだけなのは
やっぱりつまらなくて嫌なのです。

明らかにV60の方が快適なんですけどね。
一般道の走行も、ACCのおかげでだいぶ疲労が
低減されているんですけどね。
荷物の事を心配せずに買い物も出きるんですけどね。

それでも乗りたいのだから仕方がないんです。
とは言え、さすがに家から遠く離れた所で、
眠れずに帰りたくなってもどうしようもないので、
来月の秋葉原行までに、
どこか近所で車中泊をもう一度試してみようと思います。

あと、これからの時期、夜間走行を控えて、
早く寝ないとダメですね。
日が登ると熱さでどんなに眠くても
叩き起こされてしまうので。
夜の方が快適に走れるのですが、
睡眠時間を削ると危険なので仕方がないですね。
夏の車中泊に備えて冷蔵庫を
V60で車中泊の話です。

そろそろ夏ですね。
熱いですね。でも車中泊はやります。
個人的には暑い夏よりも寒い冬の方が
車中泊には向いているんじゃないかと思うんですけどね。
熱いのはどうにもなりませんが、
寒さ対策は何とでもなりそうな気がするので。

それはそうと、冷蔵庫です。

真夏でも、1泊2日程度ならば、
クーラーボックスで充分だと思っています。
クーラーバッグじゃなくて、ボックスの方です。
保冷効果に雲泥の差があります。
クーラーバッグの方は1日も持ちませんでしたが、
クーラーボックスであれば、
隙間に目一杯保冷材を詰め込めば、
一日経っても中のものはまだ凍っているくらい。
二日経っても中は十分に冷たいです。
さすがに三日経つと冷たさも薄れてきます。
冷たさを保つなら、二日程度が限界かなと思います。
それは、真夏の炎天下の車内の中に置いておいても、
私の場合、その程度は持ちました。
ただ、光を遮ってくれるスモークフィルムを張った
ラゲッジスペースにおいて、
念のために、サンシェードでクーラーボックスの回りを
覆ってはいますが。



ただ、三日以上の車中泊の旅になると、
さすがにどうしようもないんですよね。
どこかで氷でも買って
冷やせばいいのかもしれませんが……。

そこで、気になるのが冷蔵庫です。
冷温庫ではなくて、冷蔵庫です。
その気になれば冷凍もできるレベルの冷蔵庫です。
もちろん、車載用です。


もちろん、冷蔵庫を動かすために常時エンジンを
かけつづけるわけにはいかず、
かと言って、それ用にバッテリーを搭載すると
スペースが減ってしまうし……。
運用方法としては、運転中に冷蔵庫を稼働し、
保冷材を凍らす。
エンジンを止めたらクーラーボックス内に
凍らせた保冷材を詰め替えて保冷すれば、
そこから二日は冷やし続けられるわけですから、
ドライブがメインの車中泊の旅ならば、
問題ないかなと思うわけです。

とは言え、冷蔵庫も安くはないし、
小さくはないし、軽くもないし、
クーラーボックスに追加で積み込めばただでさえ狭い
V60の車内がさらに狭くなるし、
夏場以外に活用することはなさそうだし、
三日以上の車中泊をする頻度はそんなに高くないし、
ましてや保冷が必須になる事もそんなに多くないし、
コスト的には氷を買った方が安上がりなのは
間違いないのですが、
それでも、欲しいなぁとか思っちゃうわけです。

これが、スペースに余裕のある車なら、
迷わずに買うかもなんですけどねぇ……。
居住性で言えばキャンピングカーは素晴らしいのですが、
しかし、走行性能を考えれば、ちょっと悩みものですね。
氷点下の車中泊
今年も相変わらず車中泊、しています。
明け方には氷点下近くまで気温が下がりそうな
寒さにも負けず、車中泊、しています。

私的には車中泊は真夏よりも冬の方が
比較的快適じゃないかと思っています。
暑いのはなかなかどうにもなりませんが、
寒いのなら、重ねればなんとかなりますからね。

さて、今回は去年までの車中泊に比べて、
ちょっと工夫を加えて、少しだけ快適になった
車中泊についてです。

静岡県の道の駅ふじおやま。
ここは標高が高いおかげか、
夏場は比較的過ごしやすいのですが、
冬はとても寒いです。
ここで快適に車中泊をするために私の
揃えている装備は、
下に敷いているものから順に、
・アルミマット
・低反発マット
・氷点下まで耐えられる厚手の寝袋
・春秋用の薄手の寝袋二つ
・バスタオル
・アルミ毛布
・ブランケット
そして、カイロです。

まず、アルミマット。

これはキャンプなんかでも使う代物ですね。
車のサイズに合わせて適当なものを。
ボディの床面からの断熱用です。

低反発マットは、寝心地改善のために。
車のサイズや好みに合わせて。


寝袋。
氷点下まで耐えられるという謳い文句の寝袋を
買ったはずなのですが、
それだけでは無理でした。
寒すぎて辛いです。
その上に、薄手の春秋用の寝袋を重ねても
まだ寒いです。
なので、アルミ毛布と併用します。

まず、一番厚手の寝袋にくるまります。
その両サイドの、体とボディの隙間を埋めるように、
薄手の寝袋を被るというか、詰め込むというか……。
思うに、如何に隙間を埋めて、
冷気が入り込む空間を減らすかが大事なのです。
体とボディの間に寝袋を詰め込んで、
ボディに体温が奪われないようにすることも
大事だと感じています。

その上に、バスタオルを被せます。
これは、アルミ毛布が結露するからです。
かなり結露する上に、それが体に触れるとかなり寒いです。
聞くところによるとその結露した水滴が
凍ることさえもあるようで。
なので、バスタオルに水分を吸収させます。

アルミ毛布の断熱効果は非常に高いのですが、
結露対策は大事です。
くれぐれもアルミ毛布を体に近づけないことです。
ちなみに、私の寝袋は撥水なので、
寝袋の外側で結露しても構わないのですが……
起きてから拭くのが面倒なので。

さて、そして最強のアイテム、
アルミ毛布です。

軽くて薄くてかさばらなくて、断熱性抜群です。
だから、体温が逃げにくく、暖かいです。
この一枚で寒さがだいぶ和らぐどころか、
気をつけないと汗をかいてそれが冷えて
寒くなってしまうほど。
なので、着る服は汗を吸ってくれるものがいいですね。

その上にブランケット。
これは、あまりに軽いアルミ毛布が
ズレないようにするための重り代わりです。

あと、防寒対策ではありませんが、
座席の足元の空間を埋めてフラットにしてくれる
便利アイテムも気に入っています。


以上が、去年までの装備です。
が、しかし、これでもまだ少し寒かったんです。
明け方近くになると足元が冷えるようで、
気がついたら縮こまって寝ているのですが……
ずっと縮こまっていると体が痛くなってくるんですよね。
足を伸ばせずに一晩寝るって、結構からだが痛くて
かなり辛いんですよね。
でも足を伸ばすと足元が冷たくて……。
もともと寝袋にアルミ毛布を被っているので、
断熱性は悪くないと思うのですが、
足元という覆いにくい部分に加えて、
体温も低くなりがちだということもあるのでしょうか。
そこで今年の冬から、足元にカイロを仕込みました。
とりあえず、カイロを二つ。
寒さは大分改善されました。
と、言うよりもカイロが直接肌に触れると
熱いくらいなので、その対策が必要かもですね。
なので、今度から冷える足元にはカイロを詰め込みます。

ただ、冬の車中泊で一番辛いのは、
朝起きて、エンジンかけるまでの車内の寒さですかねぇ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。